誰かが南北首脳が会った場で「発狂しやがって」と話した?声がそのまま放送された模様

放送禁止用語ですのでちょっと書きづらいですが・・韓国にはジ◯ルという言葉があります。喧嘩の時ならともかく、普通の会話で出てくる言葉ではありません。もともとは「てんかん」のことだったと言われていますが、もはやそんな語源は関係なく、「狂ったと言ってもいいほど、大いに間違った言動」という意味の、ものすごく攻撃的な表現として使います。普通は、「◯ラルするな」「ジラ◯しやがって」と言います。

「ジ◯ルするな」は、日本語に訳する時には「ふざけるな」にすることが多いようですが、それより数段はずっと攻撃的なニュアンスであるため、私なら、これまた俗なものではありますが、「発狂しやがって」をチョイスするでしょう。

・・で、南北首脳が迎賓館でラブラブな姿を演じていた頃、それを撮影していた誰かが「◯ラルするな」と話し、それがそのままKBSから放送されたことが話題になっています。

“誰かが南北首脳が会った場で「発狂しやがって」と話した?声がそのまま放送された模様” の続きを読む

松茸

金正恩氏が文在寅氏にプレゼントしたのは、松茸でした。

その松茸(多分、その一部でしょうけど)を、文在寅大統領が慰安婦に贈った、とのことです。

<日本軍慰安婦被害者ギル・ウォンオクおばあさんが、金正恩北朝鮮国務委員長がムン・ジェイン大統領にプレゼントした北朝鮮産松茸を青瓦台から贈られたと、「日本軍性奴隷制問題を解決するための正義を記憶する連帯」が21日、フェイスブックを通じて明らかにした。ギル氏は平壌が故郷だ>

https://news.v.daum.net/v/20180922153251983

“松茸” の続きを読む

韓国人は、不安なのだろうか

ある記事に、こんな内容が書いてありました。

<・・英国ケント大学の研究チームは、男女246人(平均年齢34歳)を対象に、陰謀論をどれだけ信じるのかと、「不安愛着」のほどを調べました。 「地球を支配する秘密結社の組織がある」、「911テロの背後は米国政府だ」など15個の質問にどのように同意するのか(5点満点)を調べたものです。続いて「配偶者の愛を失うことが怖い」などの質問(7点満点)を投げ、不安愛着度を調べました。不安愛着は、愛されるという自信が低く、拒絶される恐れが大きい症状を言います。

その結果、不安愛着が大きい人ほど陰謀論をよく信じることがわかった。不安愛着が子供の頃、親との不安関係によって作られるだけあって、子供の頃に両親としっかりとした愛着関係を形成していない人ほど、陰謀論に簡単に陥るというのです。今回の研究結果は、今年2月に心理学の学術誌である「性格と個人差(Personality and Individual Differences)」に紹介されました・・>

https://news.v.daum.net/v/20180922090428910?d=y

“韓国人は、不安なのだろうか” の続きを読む

ソンプル(善コメント)平和賞

韓国では、悪性コメントを「悪プル(アクプル)」といいます。悪とリプライ(返事)を合わせた造語です。それからしばらくして、その反対概念として「善プル(ソンプル)」という言葉も出てきました。韓国ではアクプルで有名人が自殺する事件なども多く、ソンプルの必要性が注目されたきっかけのも、某芸能人の自殺だったと記憶しています。

悪とか善とか、韓国らしいネーミングだな、と思っています。でも、ちょっとわからないのが、「ソンプル」ってなんだろう、な点です。

悪性コメント」ならわかります。人身攻撃、デマの流布、などなど、ほどの差はあれどいろんな国で問題になっている事案でありましょう。でも、ソンプルってなんでしょう。

ちょっと調べてみたら、何かの美談みたいなものをソンプルだとする人もいるし、激励のコメントなどをそう言う場合もあるようです。

“ソンプル(善コメント)平和賞” の続きを読む

研究するだけで「親日」か

自由韓国党のナ・ギョンウォンという国会議員が、「日本自民党の政権復帰と安倍総理中心の自民党優位体制の構築」という題の公開懇談会を開きました。

ご存知、韓国は保守勢力が没落しているため、左派とされる民主党から政権を取り返し、高い支持率をマークしている日本の保守政党自民党をベンチマークするのは大いに意味があることだ、という趣旨の懇談会だそうです。

韓国基準での保守であり、日本の自民党と韓国の自由韓国党は違うと思いませけどね。なにせ、「なにかあればすぐ政党名を変える」自由韓国党ですから。そんな心構えで「保守」なんかムリでしょう。これは左派もそうですけど。

とにかく、そういう懇談会がありましたが・・なんと、「親日行為だ」として苦情が殺到し、ナ・ギョンウォン議員が「親日行為ではない」と声明を出す騒ぎになりました。

“研究するだけで「親日」か” の続きを読む

文大統領、「相応措置」を語る

首脳会談にあった「相応措置」の件ですが、文在寅大統領が自ら答えましたので、紹介します。

「相応措置とはどのようなものですか」という質問に、「北朝鮮が非核化のための措置を取っていくと、それに合わせて、米国側も敵対関係を終息し、また、北朝鮮の安全を確保しながら、新しい北米関係を作っていく措置をとった場合、北朝鮮もよりさらに非核化措置を迅速にとっていく用意がある」と答えた・・とのことでして。

https://news.v.daum.net/v/20180920201557052

“文大統領、「相応措置」を語る” の続きを読む

安倍総理、三選

安倍総理の三選が決まりました。この件で韓国側の情報を一つ書こうとしたのですが・・

目につく記事はどれも今までと同じ、「改憲」「周辺国と衝突」「日本はどこへいく」そんな内容ばかりで、しかも内容はおろか書き方も似たようなものが多く、これといって特徴のあるものがありませんでした。

そのワンパターンな記事のオンパレードの中から、今朝のエントリー繋がり(これを繋がりと言っていいかどうか微妙ですが)で、「北風」関連のものを一つ紹介します。国民日報の記事です。

“安倍総理、三選” の続きを読む

韓国紙「白頭山が晴れた!天も平和を助けた!」

更新が遅くなりました。

今回は金とか文とかじゃなく、マスコミの報道態度ですが・・ニュース1が、白頭山(長白山のこと)に文在寅・金正恩氏が一緒に登ったことで、このような記事がありました。

「事前の予報(曇り)とは違い、天気は晴れていた」、「天も平和を助けた」、「白頭山が晴れるには、登る人の3代が徳を積み上げないと見ることができない」などなど。

https://news.v.daum.net/v/20180920143721761?d=y

「天が平和を助けた」は「そういう冗談っぽい話もあった」としているものの、どうしてこうも「あと一歩でオカルト」な話を記事にしているのでしょうか。

ふっと、朴槿恵政権のときのある記事を思い出しました。

“韓国紙「白頭山が晴れた!天も平和を助けた!」” の続きを読む