「完全な」ってどういう意味ですか→「とても色んな意味が含まれています」

更新が遅くなってもうしわけありません。「アベンジャーズ」を見てきました。

相変わらず北朝鮮は何も言ってないのに、韓国大統領府が「完全な非核化」の意味を評価するために必死になっています。

ついに「完全な」とは「とても色んな意味が含まれている(いろんな要素を含めている)」という返事まで出てきました。

・・・これ、「これ以上聞かないでくれ」または「ちゃんと答える気ないよ」という意味にも聞こえますが、どうでしょうか。記事を引用してみます。

“「完全な」ってどういう意味ですか→「とても色んな意味が含まれています」” の続きを読む

文在寅大統領「金正恩体制を守るためにも日朝関係正常化が必要だ」

文在寅大統領が「金正恩体制を守るためにも日朝関係正常化が必要だ」と話しました。これが何を意味するのか、気になるところです。

<・・文在寅大統領は8日、「北朝鮮と日本の対話が再開されなければならない」とし「日朝関係が正常化すると、朝鮮半島を越えて北東アジアの平和と安定に寄与することになるだろう」と述べた。

文大統領はこの日、日本の読売新聞との書面インタビューで、「日本は朝鮮半島の平和と繁栄のために重要な役割をすることができる。完全な非核化を達成するための韓・米・日の共助、北朝鮮の体制安全保障のための日朝関係の正常化など、様々な側面からそうだ」と明らかにした・・>

http://v.media.daum.net/v/20180508065358980?rcmd=rn

“文在寅大統領「金正恩体制を守るためにも日朝関係正常化が必要だ」” の続きを読む

韓国紙「日本がまた危機を煽っている」

「日本は蚊帳の外」を主張していた韓国ですが、それは「日本が北朝鮮の制裁を解除するだろう」という目標のためのものです。

「偉大なる朝鮮半島の新しい歴史に私たちも仲間に入れてください」と泣きつく日本が見たかった、という心理もあるでしょうけど(笑

でも、日本は変わりませんでした。対話の可能性も開けておきながら、米国と歩調を合わせています。

すると、韓国マスコミの論調がまた変わりつつあります。「日本がまた朝鮮半島の危機を煽っている」というのです。

“韓国紙「日本がまた危機を煽っている」” の続きを読む

米国「北朝鮮は日本を射程に置くミサイルも破棄すべき」

ニュース1が、「北朝鮮が日本を目の敵にしている」というニュアンスの記事を載せました。

「日本に対して特に攻撃的になりつつある北朝鮮の反応は、日本政府が、北米の交渉の問題とされている北朝鮮の人権問題をテーブルに置くため全力を尽くしていることと無関係ではない」、

「米国は、米国本土を脅かすICBMのほか、日本を射程距離に置く北朝鮮の中・短距離ミサイルまで廃棄対象であることを明らかにした」と記事は書いています。

“米国「北朝鮮は日本を射程に置くミサイルも破棄すべき」” の続きを読む

韓国「日中は、板門店宣言を支持さえすればいい。声明にCVID表記は必要ない」

9日に日本で開かれる日中韓首脳会議で採択を推進している3カ国の特別声明に「CVID(完全で検証可能で不可逆的な非核化)」という表現が入らないという発表がありました。発表をしたのは韓国大統領府で、首脳会談の二日前となる今日(7日)です。

入らないというか、「入れさせない」という意思表明に見えます。ここまでする理由はなんでしょうか。韓国は「北朝鮮との平和(笑)路線」を続けるためだと言い張るかもしれませんが、韓国側は、北朝鮮がやろうとしている非核化(金正恩曰く『完全な朝鮮半島の非核化』)がCVIDに準ずるものだと話してきました。

もしそうなら、明記してもいいはずなのに、おかしいですね(前からずっとおかしかったけど)。

“韓国「日中は、板門店宣言を支持さえすればいい。声明にCVID表記は必要ない」” の続きを読む

米国「不信こそが非核化の動力になる」

米朝首脳会談関連のニュースを一つ紹介します。

先、北朝鮮が日本に対して「日本との対話は一億年無い」とか言ったというニュースを見ましたが・・米国に対しても「原点に戻りたいのか?」とか妙な発言をしたとのことです。制裁がかなり効いている、という意味でもありましょう。

SBSによりますと、「・・(北朝鮮は)板門店宣言が制裁と圧迫の結果であるかのように世論を誤導しており、北朝鮮が核を放棄するまでは、制裁と圧力を緩めないといい戦略資産を韓半島に引き込んでいると主張しました。北朝鮮を意図的に刺激する米国の行為は、せっかく用意された会話の雰囲気に水を差し情勢を原点に戻すことになるだろうとも脅威しました」、と。

http://v.media.daum.net/v/20180506203905109?d=y

 

“米国「不信こそが非核化の動力になる」” の続きを読む

「死者の名誉毀損」で全斗煥氏の刑事裁判が始まる

「死者の名誉毀損」ということで、全斗煥氏の公判が始まります。

これは、実は518(光州民主化運動)と関わっている事案でもあります。どういうことなのか、説明してみます。

全元大統領は、去年出版した回顧録で、故チョ・ビオ神父を「悪質な嘘つき」、「仮面をかぶったサタン(悪魔)」と書きました。チョ神父は、1980年5月21日、光州で「ヘリコプター射撃」を目撃したと主張した人ですが、全斗煥氏側はこれを否定していました。この件が、「死者の名誉毀損」になったわけです。

“「死者の名誉毀損」で全斗煥氏の刑事裁判が始まる” の続きを読む

米国で英語で文在寅を批判する本を出した人に「法的責任を問うべし」

米国で「Gwangju Uprising Overthrown by Moon Jae-in’s 5.18 Tear」という本を出版したKImDaeryeong(筆名)という人に対し、韓国で「法的責任を問うべきだ」という主張が相次いでいます。

本を書いただけなのに、本件を紹介している記事が最初から最後まで「法的責任を問うべきだ」という内容に終始しているから、驚きです。

聯合ニュースの記事を部分引用します。

“米国で英語で文在寅を批判する本を出した人に「法的責任を問うべし」” の続きを読む