恐怖

今日のエントリーにもありましたが、安倍総理は「非核化を前提にしての」北朝鮮との対話を評価すると話しました。

しかし、韓国では『非核化を前提』という部分は全然クローズアップされず、「恐れをなした安倍が頭を下げた」というふうに報道されています。

一つ記事を紹介しますと、これでも保守とされる中央日報すら、この有様です。

「日本パッシングの恐怖に突変した安倍」

http://v.media.daum.net/v/20180313180113550

“恐怖” の続きを読む

「誰のための韓米同盟だ」など、反米記事がチラホラーん

「THAAD報復」の時には、マスコミの論調は(記事の内容そのものというより、その論調が)「早く中国に合わせろ」、すなわち中国との関係改善のためにTHAADをなんとかしろ、というものでした。

ですが、最近の米国の「通商圧力(いわゆる『関税爆弾』など)」については、韓米同盟」を揺さぶる論調の記事が目立ちます。

1年位前から「韓国で世論を作っているのは、もはやマスコミというより市民団体だ」という趣旨を書いてきましたが、もうマスコミは記事の論調を市民団体の主張に合わせる形にしているのでしょうか。

韓国の市民団体は、左派、言い換えれば親北メインです。

“「誰のための韓米同盟だ」など、反米記事がチラホラーん” の続きを読む

なぜかいまになって「光州民主化運動」再調査報告書

根拠は無く邪推レベルですが、私は「全斗煥氏の再逮捕」もありえるのではないか、と見ています。

すでに韓国では「新しい罪が見つかれば再逮捕できる」という論拠のもと、全斗煥氏、特に518(光州民主化運動)関連で調査が進んでいます。

一時は「遺体を埋めた」としながら証言を頼りにいろんなところを掘りまくったみたいですが、何も出てきませんでした。

しかし、今日、「ヘリからの射撃があった」「戦闘機が爆撃の準備をして待機していた」など、いままで軍が「いくらなんでもそれはない」と否定していたことが、「事実」として発表されました。

“なぜかいまになって「光州民主化運動」再調査報告書” の続きを読む

教科書から「朝鮮戦争で北朝鮮が『南侵』」削除?・・教育部「確定したことではない」

教科書(2020年から使用)にて、「南侵」と「自由民主主義」が消えることになった・・という報道がありました。

朝鮮日報が初めてこの件が報道してから1日近く経ちますが・・政府から何か「反論」が来るだろうと思って待ってみたものの、教育部が「確定したことじゃねーし」と言っただけです。

もうすこし待ってみたい気もしますが、「明日には明日のネタが昇る」ということで、更新しちゃいます。

“教科書から「朝鮮戦争で北朝鮮が『南侵』」削除?・・教育部「確定したことではない」” の続きを読む

浦項地震のヒビ割れマンション、建設3年目・耐震1等級だった

ちょうど、本ブログの過去エントリー「韓国のビルの耐震設計は?」で写真を紹介したあのマンション(アパート)のことです。

あのアパート、築3年目で、耐震1等級判定だったことがわかりました。

“浦項地震のヒビ割れマンション、建設3年目・耐震1等級だった” の続きを読む

韓国、子どもたちに溢れる「嫌」の感情

本ブログで今まで書いてきた韓国関連の様々な考察の中でも、「嫌悪」は重要なキーワードではないでしょうか。

「韓国人は礼儀正しい」「韓国人は情に溢れる」そんな黒魔術の教義みたいな話ばかり繰り返している韓国マスコミですが、やっと、実に「やっと」、一部の記者、記事で「韓国人の情緒って、ひょっとして憎しみじゃないの?」と問題視されるようになりました。

“韓国、子どもたちに溢れる「嫌」の感情” の続きを読む