民主労総デモ隊、国会へ・・警察と衝突

「文在寅政府は『所得主導の成長』を掲げたではないか。なぜこのようなことを」・・と、民主労総デモ隊が国会に行進し、警察と激しく衝突したとのことです。

ご存知の通り、最低賃金を急に上げすぎで韓国の経済が大きな打撃を受けてしまいました。そこで、最低賃金の範囲を変える法案が今日、国会で決まります。

複雑に書く気はありませんが、今回の法案は、「いままで最低賃金の範囲に含めなかった分(特定条件下での福利厚生金など)」を最低賃金に含めることにする法案です。事実上、最低賃金が下がることになります。それに、分析にもよりますが、「弱者」に厳しい結果になるとかなんとか。じゃ最初からなんで最低賃金を上げたのか、ですって?なぜでしょうね。

“民主労総デモ隊、国会へ・・警察と衝突” の続きを読む

韓国、2023年から人口減少か・・今年は「1.0」崩壊?

本ブログではあまり取り上げないテーマですが、韓国の低出産問題関連です。

韓国の合計出産率(合計出生率)が「1.0」を下回るのではないか、という分析が出ています。出生率そのものよりも、驚くべきはその減少スピードです。韓国の統計庁は、もともとは「2032年から」でしたが、「最悪の場合、2028年から人口減少になるかも」としていました。しかし、今年1~3月のデータから分析してみると、「このまま改善しないと2023年からは人口減少」とのことです。

聯合ニュースの記事から部分引用してみます。

“韓国、2023年から人口減少か・・今年は「1.0」崩壊?” の続きを読む

各韓国紙「南北平和モード再開に安倍が慌てている」

韓国語には「タグップ(다급)」というのがあります。「後先を考える余裕が無いほど慌てている」、すなわち激しく焦っている、という意味です。基本的にはよくないニュアンスになります。

漢字は不明ですが、同じ意味でテグップ(太急)という言葉が残っている(あまり使わない)ことを考えると、多分「多急(ダグップ)」ではないでしょうか。急ぐべきことが多いから、「どうすればいいのかわからないほど慌てている」、と。

韓国語講座はともかく・・韓国の各紙が、「安倍がダグップ!」という記事を乱発しています。

“各韓国紙「南北平和モード再開に安倍が慌てている」” の続きを読む

「朴槿恵が最高裁判所に日帝強制徴用賠償判決を破棄しろと圧力をかけた」

いろんな話題の中であまり目立たずにいますが、実は今年(多分、今年)には「日帝徴用被害者損害賠償請求」の最高裁判所判決という大きなイベントが予定されています。

韓国側としては「日本の戦後処理」そのものを破壊できるとされる事案で、日本企業に対して無差別な賠償請求を続ける根拠ともされると期待されている判決ですが、しばらく続報がありません。

続報と言っていいかどうかはわかりませんが、ハンギョレ新聞に「朴槿恵政権が最高裁判所に圧力をかけた」とする報道がありました。国民感情が支配する韓国社会と、朴槿恵氏のいまのイメージからして、判決に影響を及ぼす可能性は大いにあると見ていいでしょう。引用してみます。

“「朴槿恵が最高裁判所に日帝強制徴用賠償判決を破棄しろと圧力をかけた」” の続きを読む

「文在寅保有国」

文在寅氏の今回のいきなりステーk・・いきなり首脳会談の件で、ネットでは「核保有国より強いのが文在寅保有国」という言葉が流行っているとのことです。

ニューシースの記事から、部分引用します。

<25日2回目の南北首脳会談が電撃的に行われ、決裂されるように見えた6・12北米(米朝)首脳会談が予定通り開かれる可能性が高まると、オンライン上で「文在寅(ムン・ジェイン)保有国」という言葉が改めて話題になっている・・

“「文在寅保有国」” の続きを読む

「いきなり首脳会談」の結果、文在寅大統領の発表内容

実は、内容の多くが北側のメディアから先に報じられてしまったようですか(笑)、とりあえず昨日の「いきなり首脳会談」の結果です。10時から文在寅大統領が発表しました。

・「北朝鮮が先に会おうと言った」

・「南北首脳はこのように友だちみたいにいつでも会える、疎通できる。板門店宣言のおかげだ」

・「『トランプ大統領は、北朝鮮との敵対関係を終えることや経済協力を行うことに確実な意志を持っている』と金正恩委員長に説明した」

“「いきなり首脳会談」の結果、文在寅大統領の発表内容” の続きを読む

(簡易更新)文在寅・金正恩氏、板門店で「いきなり」首脳会談

日本でも報道されていますが、板門店で文在寅氏と金正恩氏が首脳会談を開きました。秘密裏に行った、とのことです。

どういう内容だったのか、明日の10時に文在寅大統領が発表予定です。

明日の10時の発表を見て、また更新します。

簡易更新には「続きを読む」はありません。

核実験場の爆破を見た外国記者団「見たのは入り口の方の爆発だけ。これで閉鎖できたかは専門家でないのでわからない」

北朝鮮のプンゲリ(豊渓里)にある核実験場の爆破を見た記者団が北朝鮮から出て中国に到着しました。

その取材団のCNN、CBSの記者らが「見たのは入り口の方の爆発だけ。本当に(核実験場が)使えなくなったかどうかは専門家にしかわからない。私は言論の人で、専門家じゃない」と話しました。北朝鮮は核実験場の閉鎖に専門家は一人も呼んでいません。

聯合ニュースの記事から、該当部分を引用してみます。

“核実験場の爆破を見た外国記者団「見たのは入り口の方の爆発だけ。これで閉鎖できたかは専門家でないのでわからない」” の続きを読む