韓国、子どもたちに溢れる「嫌」の感情

本ブログで今まで書いてきた韓国関連の様々な考察の中でも、「嫌悪」は重要なキーワードではないでしょうか。

「韓国人は礼儀正しい」「韓国人は情に溢れる」そんな黒魔術の教義みたいな話ばかり繰り返している韓国マスコミですが、やっと、実に「やっと」、一部の記者、記事で「韓国人の情緒って、ひょっとして憎しみじゃないの?」と問題視されるようになりました。

“韓国、子どもたちに溢れる「嫌」の感情” の続きを読む

賃金未払い、悪化するばかり

ソル(旧暦1月1日)とチュソク(秋夕、旧暦8月15日)、年2回はほぼ間違いなくクローズアップされるニュースがあります。賃金未払いです。

秋夕やソルには、プレゼントをいっぱい持って故郷に帰る・・そんなイメージがあるからです。賃金未払いだと秋夕になっても故郷にも親の家にも帰れない、そんなシチュエーションを扱うニュースです。

“賃金未払い、悪化するばかり” の続きを読む

「日本が悪い」から「米国が悪い」になる日も近い?

北朝鮮問題でなぜか「日本が悪い」「日本が韓米を離間させようとしている」などの報道が増えている韓国。しかし、「反日が迂回的な反米になる」パターンは、今回も健在です。

日本が韓米を離間させようとしている!と騒ぐ一方で、左派系列のマスコミを中心に、「米国が悪い」という主張も盛り上がっています。もちろん、「日本が悪い」パターンに比べると勢いは弱いですが、反米の動きは明らかに存在しています。

“「日本が悪い」から「米国が悪い」になる日も近い?” の続きを読む

日本語と韓国語の「バリバリ」

韓国人でも知らない人が多いとは思いますが、韓国語にも「バリバリ(BariBari、바리바리)」があります。日本語に訳したのではなく、発音も同じです。

私はこの言葉も、多分、併合時代に入ってきたものではないだろうか、と思っています。

あ、カタカタにした時の表記は似ていますが、「早く早く」を意味する「パリパリ(Pal‐li Pal‐li、빨리빨리)」とは違う言葉です。

“日本語と韓国語の「バリバリ」” の続きを読む

じゃぱんらいふ・日本在留日記2017年9月30日

韓国は秋夕(チュソク、旧暦8月15日)連休に入るそうです。今年は連休が長く、最長で10日間休めるとか。

韓国にいた時には秋夕連休にはほぼ毎年日本に来てました。そう考えると、感慨深い(?)ことです。

姉と姪(姉の娘)を呼んで3~4日間一緒にいたかったのですが、姉の足首が悪化しているとのことで、キャンセルとなりました。誠に残念です。

姉と姪と言えば・・二人は「何故日本のご飯は美味しいのか~韓国人による」にも登場していました。余談ですが、「何故日本のご飯は(略)」はもうすぐ新しい発表も控えていますので、そちらも期待していてください。

“じゃぱんらいふ・日本在留日記2017年9月30日” の続きを読む

慰安婦捏造映画「鬼郷」に出演した朝鮮民族学校生のインタビュー

慰安婦捏造映画「鬼郷」に母親と二人で出演した朝鮮学校の学生(東大阪朝鮮中級学校)のインタビューが、韓国の大手スポーす新聞「日刊スポーツ」に大々的に載りました。

ソース記事を読むとすぐ分かる内容ではありますが、本ブログでは学生の名前などは伏せておきます。ただ、気になった部分をいくつかピックアップしたいと思います。

“慰安婦捏造映画「鬼郷」に出演した朝鮮民族学校生のインタビュー” の続きを読む

「ジャパンリスク」・・韓国紙、北朝鮮問題で露骨に日本を敵視

韓国が日本を「あらゆる分野で」敵視しているというのは「恥韓論」から書いてきたことですが、それは今回の北朝鮮問題でも例外ではありません。

ただ、保守派の時の「日本が悪い」と、左派が言う「日本が悪い」には、一つ、差があります。左派が言う「日本が悪い」には、「米国が悪い」が部分的に含まれています。これは、「反日こそ迂回的な反米である」とする北朝鮮の指令に沿ったものでありましょう。

“「ジャパンリスク」・・韓国紙、北朝鮮問題で露骨に日本を敵視” の続きを読む

韓国大手紙「安倍も小池も前原も小沢も全員右翼だもう終わりだ」

民進党が事実上の解体の道を歩んでいる、というニュースを耳にしました。

安倍総理の目標が改憲(自衛隊明記など)にあるなら、いわゆる護憲派を潰すという意味においては、衆議院解散のタイミングは私が思っていたよりずっと効果的だったわけですね。もちろん、選挙は結果を見るまでわからないものですからまだ言い切ることはできませんが、いまのところはそう思っています。シンシアリーのブログは日本の改憲を支持していますので、今回の選挙で日本が改憲にまた近づけることを願っております。

“韓国大手紙「安倍も小池も前原も小沢も全員右翼だもう終わりだ」” の続きを読む