韓国総理「ついに北朝鮮にも百姓(人民)の生活をもっと大事にする指導者が現れた」

一時、日本の一部のマスコミが韓国のイ・ナクヨン総理を「知日派」と持ち上げたことがあります。本ブログでは「いやいやいや違います」と書いたりもしましたが・・

そのイ・ナクヨン総理が、「ついに北朝鮮にも百姓(韓国では「民」という意味でよく使います)の生活をもっと大事にする指導者が現れた」と話しました。

北朝鮮でクーデターでも起きたのか?と思ったけど、どうやら金正恩氏のことのようです。

“韓国総理「ついに北朝鮮にも百姓(人民)の生活をもっと大事にする指導者が現れた」” の続きを読む

101+

(簡易更新)アンケート結果発表

1週間が過ぎたので、前のアンケートの結果を発表致します。画像ファイルです。前のアンケート・エントリーも画像ファイルだけにして、投票は終了しました。協力してくださった方々、ありがとうございました!

91+

2020年、韓国に「閉店大乱」が来る?

2020年、韓国で「閉店大乱」が来るのではないか、という噂が出回っている、とのことです。

理由は簡単で、コンビニの場合、閉業に伴う違約金を支払う必要が無くなるからです。朝鮮日報の記事から、ちょっと引用してみます。

<・・コンビニ店主はすでに廃業しないといけなくなっているが、肝心の廃業ができないでいる。コンビニは通常、5年契約をする。 5年が経過する前に廃業すると、数千万ウォンの違約金と各種施設・インテリア料等「廃業費爆弾」が爆発する・・>

http://v.media.daum.net/v/20180721140033458?rcmd=rn

“2020年、韓国に「閉店大乱」が来る?” の続きを読む

117+

ウルトラマンなエントリー

今朝、適当にテレビをつけたら「ウルトラマンルーブ」という番組をやっていました。

本にもブログにも何度か書きましたが、シンシアリーの父は家電好きで、ソニーのビデオデッキ(ベータ)を持っていました。当時、日本でTV番組を録画して、それを韓国で売る店がいくつかあって、その中でもロボットアニメや特撮番組は正しく憧れの的でした。「太陽戦隊サンバルカン」「鉄人28号(太陽の使者版)」など、あの時に見たものは、後で日本からの通販でDVDで揃えるなどして、いまでも格別な思い出のある作品です。その中に「ウルトラマンタロウ」もありました。

今朝見たウルトラマンルーブで驚いたのが、ルーブは兄弟でそれぞれ別のウルトラマンに変身しますが、兄のほうがタロウの力を使って変身する設定でした。弟のほうは、私にはよくわからない(多分、新しい方の)ウルトラマンでした。調べてみたら、「ギンガ」という名前だそうです。

“ウルトラマンなエントリー” の続きを読む

110+

今度はシンドラー社が韓国政府を提訴・・相次ぐISD

FTAのときから散々指摘されていた問題ですが、ISD(投資家・国家間の訴訟)制度。

今回はエレベーター大手のシンドラー社が、韓国政府を提訴しました。

<外国投資家が投資した国の誤った政策で損失を被った場合、その国の政府を相手に損害賠償を提起することができる制度がISD、韓国語にすると、投資家 – 国家間訴訟制度です。米国のヘッジファンド・エリオットに続いて、今回は、スイスの会社シンドラーが韓国政府を相手にISD手続きに入りました。今年に入ってすでに4回目で、この訴訟で負けたら莫大なお金を国民の税金で支払わないといけません・・>、とのことでして。

http://v.media.daum.net/v/20180720212703656?d=y

“今度はシンドラー社が韓国政府を提訴・・相次ぐISD” の続きを読む

116+

「外信は朝鮮半島関連報道をどう扱っているのか」

外国のマスコミは朝鮮半島関連のニュースをどう扱っているのか、というテーマでシンポジウムがありました。

「メディア・今日」の報道によると、ニューヨーク・タイムズソウル支局長チェ・サンフン氏、日本の毎日新聞のソウル支局長ホリヤマアキコ氏が参加し、次のように述べた、となっています。

チェ氏によると、米国側のマスコミは、韓国よりも開戦をずっと「現実」の問題として認識しているそうです。他にも、トランプ大統領をあまり信用していないこと(NYT支局長ということもありますし)、北朝鮮をバカにしたり悪党として扱うことが多い、などの内容です。他にも、韓国が中国の影響圏に入ることを凄く気にしていて、政権が変わっても韓米同盟や日韓関係などが「うまくいく」ことを願っている、とも。

“「外信は朝鮮半島関連報道をどう扱っているのか」” の続きを読む

113+

北朝鮮、文大統領に「身の程を知れ」

13日、文大統領が「国際社会の前で米朝首脳が直接交わした約束を守らなければ、国際社会から厳しい批判を受けることになるだろう」と話したことがあります。

韓国では「さすがは運転者(※運転台論、または運転者論。韓国が主導していくという意味)」と褒め称える記事がそこそこありましたが・・

北朝鮮の労働新聞(労働党の機関紙)がその件で、「身の程知らずに欲心と偏見にとらわれると、物事をダメにしてしまうものだ」というタイトルの論評で、文在寅大統領を強く非難しました。

“北朝鮮、文大統領に「身の程を知れ」” の続きを読む

121+