ラオス・ダムの設計変更、SK建設の内部文書で確認される

ラオスダム崩壊、結構大きな進展がありました。

ネトウヨ(笑)のハンギョレ新聞が、SK建設の内部文書の内容を公開しました。

<7月に崩れたラオスのダムの施工会社であるSK建設が、ダムの形式など設計変更により過剰な利益を得ようとした内部文書が14日、確認された。実際、今回崩れたダムを含めSK建設が担当した補助ダムの高さは文書に含まれている基本的な設計図面より平均6.5mずつ低くなっていた。

政府資金も投入された「政府開発援助」(ODA)事業であるのに、当時の国会予算審議も経ずに支援され、政府がSK建設の収益の面倒を見てやった格好になったという指摘が出ている・・>

https://news.v.daum.net/v/20181015072602277?rcmd=rn

“ラオス・ダムの設計変更、SK建設の内部文書で確認される” の続きを読む

143+

ブログ構成のリニューアルについて

リニュアールと言うほどでもありませんが、ブログの構成を少し変えてみました。

これからは「皆様へ」「雑談ルーム」「議論ルーム」「新刊の紹介」をすべて固定表示しましたが、それらをインフォメーション」と「新刊紹介」の二つにまとめました。雑談エントリーと議論エントリーは固定表示ではなくなります。扉ページのリンクですぐ飛べるようにはしてありますが、議論・雑談をよく使われる方々は「お気に入り」などに登録しておいてください。

いままでの「お知らせ」は、最新エントリーに必要に応じて書くとします。

あまりやることないとも思いますが、重要なお知らせまたはアンケートがあった場合は、固定表示のエントリーとして新規追加します。

いろいろ書きましたが、いま、10月14日(日)夜10時時点での最新エントリーは「韓国語ゴンチャとは」になります。

それでは、これにて(・∀・)ノ

 

 

59+

韓国語「ゴンチャ」とは

牛脂のことを書いたエントリーで、「サービスと無料の差」に関するコメントがいろいろあって、面白かったことを覚えています。

確かに、韓国人は、サービスを「ドムとエヌリ」という浅い概念としか認識していません。ドムはおまけ、エヌリは値引きのことです。だから、どうしてもサービスと無料の区別がハッキリしません。

なにより、誰がなにをやろうと、それは誰かが貴重な「時間」を使ったものであり、それには相応の価値がつくべきだという点を、理解できないでいます。

併合時代に生まれた韓国の作家イ・ギュテ氏(1933~2006)は、著書「捨てたい韓国人の癖」にて、韓国人が物の価値を判断する基準は、ドム(おまけ)とエヌリ(値引き)である、と主張します。

“韓国語「ゴンチャ」とは” の続きを読む

111+

赦免の裏に何があった

2009年、本ブログに李◯博大統領が様々なネタを提供、ほぼレギュラー出演(?)していた頃の話です。

2009年、対象者152万7000人という、特に大規模な赦免(罪を無かったことにすること)が行われました。韓国では、赦免は大統領の権限です。

ここでいう赦免には、ほとんどが、交通違反の罰点を取り消す、運転免許取り消しの人に再発給を許可するなどです。152万人が牢屋からぞろぞろ出てくるシーンは考えないでください。

でも、数は少ないけど、財閥、高位公職者なども含まれ、いつも問題視されます。152万人赦免のときではなく、もっと後のことになりますが、サムスンのイ・コンヒ会長1人のためにわざわざ赦免を行ったこともあります。

“赦免の裏に何があった” の続きを読む

106+

お金を返すな?

日本はバブル崩壊の後に政府の借金を増やして民を守り、韓国はIMF(IMF管理期間のこと)の後に国民の借金を増やして国を守った、と私は見ています。政府の借金と国家の借金は範囲が違うものでもありますが、韓国の場合「民」の借金はそのまま家計負債になっています。

2003年、クレジットカード乱発政策が失敗し、いわゆる「カード大乱」が起きていた頃(クレジットカードでお金使いすぎで破産続出)。韓国でそこそこ話題になった「借りた金は返すな」という本があります。土日の更新だからって何の冗談だ?と思われるかもしれませんが、本当にありました。タイトルの強烈さもあって、そこそこ売れたと聞いています。

“お金を返すな?” の続きを読む

158+

韓国政府、新しい雇用政策「簡単な仕事を増やす」を発表

韓国政府が、「書類のコピー」「荷物運び」など極めて単純で就業期間も短い雇用を政府主導で増やす政策を明らかにしました。

政府主導で「~するだけの簡単なお仕事(本当に簡単です)」を増やすわけです。

韓国の就業問題に関して特に多くの記事を描いている「アジア経済」からです。

<「雇用の崖」が8ヶ月近く続いている中、働き口が減る冬期が近づいてくると、政府が体験型インターンなど公共機関の短期雇用を増やして対応することにした。しかし、ほとんどが5ヶ月未満の不安定な雇用で、専門家は財政の無駄遣いなだけで、根本的な対策にはなれないと指摘する。不振の雇用指標を乱す「雇用統計の粉飾」をしているという批判も出ている・・

“韓国政府、新しい雇用政策「簡単な仕事を増やす」を発表” の続きを読む

106+

文「北朝鮮がNLL認めた」/軍「北朝鮮はNLL認めていない」

文在寅大統領が、西海(朝鮮半島の西側の海のこと)の北方限界線(NLL)について、なにげに凄いことを言いました。

「北朝鮮がNLLを認めた。首脳会談で会うたびに金正恩氏が認めていた(※記録は無し)。これからNLLを基準にして海にも平和区域を作り、平和漁労(共同漁業区域)を作る」、「今まで血で守ってきたNLL、これからは血を流さずに守れる」と。

西海といえば、いろいろ問題がありました。海戦もあったし、天安艦爆沈も西海でしたし、延坪島、白翎島などの砲撃された島も、西海にあります。

NLLだけがそれらの問題の原因だとは思えませんが、北朝鮮が韓国側のNLLを認めなかったことで、衝突が多かったこと。それが「原因の1つ」なのは間違いありません。

“文「北朝鮮がNLL認めた」/軍「北朝鮮はNLL認めていない」” の続きを読む

115+

大きな流れ

1993年10月12日東亜日報には、当時の東亜日報の東京特派員が書いた記事が載っています。

「日本人にとってのお金とは何なのか」な内容ですが・・

・日本人は、お金の話をする人は「浅薄な人」とする。高そうな着物を着ている貴婦人に「高そうですね」「いくらですか」そんな話をする人はそういない

・日本人は貧しさを恥とする。侍時代から続くプライドの問題もあるが、ちゃんと働かなかったという意味にもなるからだ

・お金そのものは大事にしつつも、節約を美徳とする

・日本人の家は貧しい。木造住宅3つのうちの1つは雨が漏れるという

・大金持ちの息子から宝石をもらって、それを質屋で売る女の子が多かった。女の子にプレゼントするために質屋から宝石を安く買う男も多かった。でも最近は大変化が起きて、そんな女の子たちもフランス料理のかわりにモツ鍋しか食えない

“大きな流れ” の続きを読む

147+