処世術

 

北朝鮮のことで「社会主義国家にしては変じゃね?」な意見をよく目にします。最近はあまり見なくなりましたが、特に海外の掲示板などで「なんなのかはわからないけど、絶対に社会主義国家ではない」という意見が結構ありました。

韓国のことで「民主主義国家にしては変じゃね?」な意見をよく目にします。ネットでシンシアリーという名を使うようになってから、何度も同じ意見を見てきました。

事案によって、見方によって、それぞれ違うでしょうけど、自分なりにその違和感の正体はこれではないだろうか、と思っています。

“処世術” の続きを読む

129+

文大統領「もう一度言うけど、終戦宣言、年内にやりますからね」

7月8日、北朝鮮は「早く終戦宣言からしてくれ」としていて、米国が「様子を見てからにするよ」としている中、韓国が「終戦宣言なら年内にやる」と強調して、事実上、北朝鮮の味方をしている・・という内容を、エントリーしました

早くも、その続報が来ました。

文在寅大統領が、「年内に終戦宣言やります」と再び発言しました。この流れで困るのは、明らかに米国側になるでしょう。しかし、本当に北朝鮮に有利なタイミングで支援しますね、文大統領・・・

「デイリアン」の記事から引用します。

“文大統領「もう一度言うけど、終戦宣言、年内にやりますからね」” の続きを読む

120+

韓国、機務司(保安司令部、防諜組織)を事実上の無力化

機務司(機務司令部)・・といってもパッとしない名称ですが、元は「保安司令部」と呼ばれていた軍内部の組織です。

その名の通り保安担当で、保安と言ってもほとんどは北朝鮮のスパイ関連の業務をしていました。スパイというのは民間に入り込む場合が多いですから、どうしても民間人関連で査察(調査)を行うことが多く、良いか悪いかの評判を別にし、必要悪とされてきた組織です。

この前、この機務司が「ろうそくデモの時に戒厳令を検討するようにと文書を作成した(実際に戒厳令が発令されたわけではありません)」ことで、大統領自ら国防部長官に調査を指示した、ということをお伝えしましたが・・どうやら、事実上の「無力化」の方向でことが進みそうです。

“韓国、機務司(保安司令部、防諜組織)を事実上の無力化” の続きを読む

99+

「極左」正義党、政党支持率10%で自由韓国党に追いつく

正義党という政党、本ブログで何度か取り上げたことがありますが、ご存知でしょうか。いわゆる、「極左」政党です。

大統領選挙の時、正義党候補(代表)の支持率が10%近くまで上がったことがあります。「末韓論」だったと記憶していますが、私は「文在寅大統領が(大統領という立場上)出来ない、言えないことを正義党がかわりにやってくれるだろう」という趣旨を書いたことがあります。

その正義党が、政党支持率ではじめて10%を記録しました。保守右派である自由韓国党も10%までまさに「没落」し、同率です。

“「極左」正義党、政党支持率10%で自由韓国党に追いつく” の続きを読む

89+

「反憲法行為者」名簿が製作中・・歴代大統領5人が含まれる

前の左派政権の時、「親日派名簿」が作られたことをご存知でしょうか。作る団体によってリストと呼び方に少しずつ差がありましたが、後でソウル市など一部自治体の学校に常備されるようになるなど、社会的に大きな影響を及ぼしました。

ところが、いま、「反憲法行為者」名簿が製作中だそうです。2020~2021年に完成するとか。

去年、405人の反憲法行為者が(一次リスト)発表されましたが、その中には5人の歴代大統領が含まれていました。李承晩、朴正煕、全斗煥、盧泰愚、朴槿恵氏です。

“「反憲法行為者」名簿が製作中・・歴代大統領5人が含まれる” の続きを読む

102+

北朝鮮、米軍遺骸送還協議に現れず。スネた?

愛と根性で3回更新です。

トランプ大統領が何度も強調した米軍の遺体送還に関して、続報がありました。一時は大統領が「北朝鮮が遺体を送還した」と話したこともありますが、どうやら早とちりだったみたいで、実は北朝鮮はまだ米軍側に渡していません。

今日(12日)、その協議のために米朝が会う予定でしたが、米国側はちゃんと約束した場所に現れたけど、北朝鮮側が現れず、協議も無かったことになった、とのことです。

ニュース1の記事から、部分引用してみます。

“北朝鮮、米軍遺骸送還協議に現れず。スネた?” の続きを読む

111+

文忠公

昨日、安重根ドラマのことを書いてから、月間朝鮮2016年10月号に乗っている、この内容が気になりました。

<1907年、純宗が即位したとき、実権はすでに伊藤博文のものだった。安重根義士が伊藤博文を射殺したとき、純宗は側近に「伊藤公爵がいたからこそ、韓国(大韓帝国)が存続することができた。今公爵を失ったことで、国運がついに尽きてしまった」と嘆いたという>。

ソースは月間朝鮮2016年10月号

韓国側が絶対に認めない、「伊藤博文は穏健派で、彼が暗殺されたことで韓国が完全に併合される流れが加速した」という主張とも妙に一致するニュアンスとなります。

“文忠公” の続きを読む

102+

一貫性

「一貫性が無い」こと。手のひらを返すことが賢いこととされること。韓国社会が持つ大きな問題の一つです。

「嘘が親戚より役に立つ」という諺があると前にも書いたことがありますが、単に嘘をつくだけでなく、所属集団に合わせて持論を変えることが「求められている」のもまた韓国社会の特徴の一つです。

しかし、面白いことに、韓国人は誰かが「裏切り」の兆しを見せると、例えば「私たちが間違っているのではないか。いままで敵対していた勢力の意見が実は正しいのではないか」との意見を出すと、決まって他の全員からこう言われます。

「お前にはプライドが無いのか?」と。

“一貫性” の続きを読む

125+