韓国の教授「英霊なんか情けない日本人の考え方だ。護国英霊という言葉を使うな!」

今日はヒョンチュンイル(顯忠日)といって、「国のために命を亡くした方々」のための日です。韓国では「殉国先烈」「護国英霊」という言葉を使ったりします。公式に決まっているのかどうかはわかりませんが、「殉国先烈」は独、「護国英霊」は朝鮮戦争で亡くなった兵士の方々に使う言葉になっています。

詳しくは朝鮮戦争に限られる概念ではありませんが、国立墓地には圧倒的に朝鮮戦争で亡くなった兵士が多く、私の世代だと「朝鮮戦争で殉国した方々のための日」というイメージが強いです。この日は決まった時間に黙祷を捧げることになっています。

・・ですが、「護国英霊という言葉を使うな。鬼神(人の霊)に国を守ってもらうなど愚かな日本人の考えだ」という声が上がっているそうです。

“韓国の教授「英霊なんか情けない日本人の考え方だ。護国英霊という言葉を使うな!」” の続きを読む

元統一部長官「統一に天文学的なお金がかかるというのは、日本が流布した嘘だ」

チョン・セヒョン(丁世鉉)という人がいます。長く説明するより、「盧武鉉政府で統一部長官だった人」といえば、どんな思想を持つ人なのか、すぐお分かりいただけるかと。

(金大中と金正日の)首脳会談の諮問でもあったそのチョンセヒョン氏が、二五日に韓国の教育放送に出演して「統一の否定的世論を作った『天文学的な費用がかかる』というのは間違った計算によるもので、それを計算して流布したのは日本だ」と主張したことがわかりました。

“元統一部長官「統一に天文学的なお金がかかるというのは、日本が流布した嘘だ」” の続きを読む

フィリピン、慰安婦像を撤去

更新が遅くなりました。

フィリピン、マニラにあった慰安婦像が撤去されました。撤去と言うか、根こそぎフルボッコされたようです。

いつだったか、ドゥテルテ大統領が日本側の抗議に「私には何かできる権限がない」という趣旨で仕方ないと話したこの像。韓国側の報道によると「繰り返される日本側の抗議で」、撤去され、日本側にも正式に連絡が来たとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20180428141032134?rcmd=rn

“フィリピン、慰安婦像を撤去” の続きを読む

ソウル・鐘路に全琫準の像を設置・・「親日派や日本の資本主義と戦った」

ソウルでも大勢の人が訪れる鐘路(チョンノ、종로)に、チョン・ボンジュン(全琫準)の像が設置されました。

http://v.media.daum.net/v/20180424125110973

タイミングいいな・・と思いました。なぜなら、韓国では彼は「反乱」「反日」の象徴だからです。

1894年あたりから、朝鮮半島の歴史では極めて珍しく、農民反乱を起こした人です。韓国で彼がどう認識されているのかというと、「朝鮮の封建制度は限界だ」「日本から入ってくる資本主義に反対した」「親日派が中心だった開化派と戦った」となっています。

http://100.daum.net/encyclopedia/view/b19j0499b

“ソウル・鐘路に全琫準の像を設置・・「親日派や日本の資本主義と戦った」” の続きを読む

「あなたたちは、自分自身の恥ずかしいことを隠すために私の謝罪を必要としていませんか?」

本題は別になりますが、韓国では相変わらずミートゥー(Metoo)運動が無差別に広がっています。加害者とされた人の中で早くも2人が自殺したにもかかわらず、Metoo運動は止まる気配がありません。朝のエントリー「歪んだ英雄心理」と一緒に読んでみると、特に興味深いことです。

で、作家出身の大学教授H氏は、講義中にそのMetoo運動を「卑下発言(記事本文ママ)」しました。うろ覚えですが、「相手がアン・ヒジョンみたいな有名政治家ではなく庶民だったら、被害者はここまで声高く被害を主張しただろうか?」という内容だったと思います。

その件で生徒たちはH教授の罷免と謝罪を要求し、タイミングよくH教授からセクハラされたというMetooが出てくるなど、いろいろ騒ぎになりました。

今日の本題は、その教授が最後まで謝罪せずに大学を去りながら残した、ある言葉です。 “「あなたたちは、自分自身の恥ずかしいことを隠すために私の謝罪を必要としていませんか?」” の続きを読む

義務

本にもブログにも、似たような内容を何度も書きましたが、韓国人にとって日本は「嫌い」ではなく、「嫌いでなければならない」存在です。

もっともよく見られる事例として、韓国人が日本旅行でいろいろ楽しめた後、「日本も大したことないね」と言いまくり、翌年にはまた日本に遊びに行く、わけわからないパターンがあります。

日本には、韓国人にとってある種の憧れがあるという見方もできましょう。

ただ、「嫌いでなければならない」という義務感があるかぎり、その憧れが反日思想に勝てる日は来ないでしょう。

“義務” の続きを読む

慰安婦合意と米朝会談の共通点?

北朝鮮が急に態度を変えたのは、一言で「時間稼ぎ」です。ただ、時間稼ぎにも上手いのと下手なのがあります。

相手に待ってくれとお願いして時間を稼ぐのは、下手な時間稼ぎです。相手が待つしかない状況を作っての時間稼ぎは、上手い時間稼ぎです。

昨日のエントリーでも扱いましたが、北朝鮮は米国が応じるしかない時間稼ぎを仕掛けることができました。

ただ、昨日のビジネス・インサイダーの記事には、その時間稼ぎは、連邦制統一大好きの文在寅氏率いる韓国の『活躍(思わしくない意味での)』あってこそのものだった点があまり指摘されていません。これは、まさに韓国の、北朝鮮への『忠信(あえてこう書きます)』の結果です。

“慰安婦合意と米朝会談の共通点?” の続きを読む

SBS「朝鮮半島の繁栄のためには私たちの力で日本を正すしかない」

文在寅氏の31節演説を、韓国社会は絶賛しています。

地上波放送SBSは、文氏が日本批判を強めたことに対し、「日本に対する警告」としなら、次のように分析しました。

「韓半島(朝鮮半島)の平和と繁栄たる目標を達成するためには、日本の誤った認識を私たちの力で正さなければならない」。

“SBS「朝鮮半島の繁栄のためには私たちの力で日本を正すしかない」” の続きを読む