「日本人に神棚を捨てさせろ」

基督教(韓国のキリスト教・新教の方)は、仏像も先祖への祭祀も、すべて偶像崇拝だと信徒たちに教えています。一例として、最近は、大統領府に仏像があってはならないとし、「その仏像は日本人が慶州(キョンジュ)から移させたものでちゅよ」ということで、慶州にまた移すことを強く主張しています。仏教は「詳しくどこだったか知らないから移してはダメでちゅ」として喧嘩になっています。

ウリスト対ナム(南無)・・というかなんというか、宗教でもウリとナムの意識が強い、というべきですね。

 

以下、私の知識が及ぶのはキリスト教全体ではなく「韓国のキリスト教」だけですので、「基督教」と書きます。また、以下のエピソードは、協会など団体ごとに違うかもしれません。

 

すでに20年前のことです。

シンシアリーは基督教徒だったので知っていますが、韓国の基督教が「日本人に仏壇や神棚を捨てさせる」ことを宣教の目標にしていることをご存知でしょうか。

教会で見せられた、日本での宣教結果報告というビデオテープ(当時はVHSがメインでした)の内容は、いまでも忘れることができません。

いくつかの韓国系キリスト教教会が連合した宣教チームの人たちが、日本人に宣教した結果だといいながらビデオを上映しました。彼らは、日本で、ひとり暮らしの日本人お婆さんに宣教し、基督教徒にしました。そして、「お婆さんが主イエスを迎えた証拠」と言いながら、お婆さん自ら、数十年間大事にしてきた神棚(仏壇?)を焚き火に入れるようにし、それを燃やす姿を撮影したものでした。彼らは、「目標達成に近づいた」と言ってました。

私はドン引きして、その教会には顔を出さなくなりました。思えば、あの時、基督教をやめるべきでした(完全に信仰を捨てたのはもっと後、他にもいろいろあった後のことです)。

 

昨日、それを夢でまた見ました。

 

最近、韓国にいた時、キリスト教関連で会った人たちの夢をよく見ます。日本に来てから、近くの神社関連で「ちょっとだけ不思議体験」を、2回しました(1回目はブログにも書いたことがありますが、夢のことです。2回目はレナ関連でもあります。それはまた次の機会に・・)。そのおかげで、神とか仏とか、そんな存在についてまた考えるようになりましたが、それと関係があるのか無いのかはわかりません。

「とりあえず、ブログに書こう」と思った私は、正常なのか非正常なのか・・・

 

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

+217

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5