「誇らしい迷惑遺伝子」と言われても・・

韓国の某大学で運営する動物病院長が、「韓国人は犬のような民族、日本人は猫のような民族」という長い寄稿文を書き、ニュース1という韓国のニュース通信社がそれを載せました。

<・・犬は集団主義的社会性と群集性が強い。集まるが好きで序列を重視している。家庭でも同じだ。しかし、人には無条件で忠誠する。だから韓国人は犬を好む。情が多いからだ。だから、韓国人は情が多い(情に厚い)。あまりにも多い。犬ほど人間に優しい動物はない。ありがたいことだ。

韓国人は他人のことによく干渉する。関心が多いからだ。その干渉を関心の表現だとで信じる。それチョンとも考えている。ので、非常に積極的で社交的である。韓国人は外国に行っても、簡単に友達を作る。今のようにグローバルな社会では、多くの点で有利な遺伝子を持っている。しかし、現代社会では、お互いに被害を与えることが多い。それでも似たもの同士集まらなければ難しい。これを私は "韓国人の血には誇らしい迷惑遺伝子がある」と表現することもある・・・>

<・・・猫は徹底的に個人主義者である。群れを嫌っている。完全独立である。いつも偉そうにするので、猫を育てる人のほうが執事だともいう。(そんな相手と仲良くなるには)あふれる情をすぐに表現してはならない。一緒に偉そうにしなければならない。そうしながら押し引きができなければ仲良く離れない。猫は社会性より領域性が強く、自分だけの領域に固執する。自分の家で十分なである・・・>

http://v.media.daum.net/v/20170926094321571

昔、某アニメで主人公の女の子が驚いた時に「ほえ」と叫んでいたのを思い出しました。「吠え」な話ですね。

犬が好きな人は犬が好きでいいし、猫が好きな人は猫が好きでいいだけですし、犬も猫も関係なく、大事にすれば「情」も増すものでしょう。それだけの話ではありますが、せっかくだからもう少し書きますと・・

韓国人が言う「情(ジョン)」は、韓国人が自分の仲間、「ウリ」と思っている人たちの間で作用します。社会全体の規則より、自分たちだけの規則が優先すべきだと信じています。

もう一つの民族情緒(と呼ばれる)恨(ハン)は、ウリでないものすなわち「ナム」に作用します。社会の規則を破ってでも、その相手を破壊すべきだと信じています。

関心を持って接するのは社会生活で必要だと思いますが、韓国人の「干渉」は、殆どの場合において「命令」にすぎません。相手が自分の言うとおりにしないと、怒ります。

実際、寄稿文にはさっそく矛盾する内容があります。「外国でもすぐ友達ができる」といいつつ、「情は似た者同士でないと難しい」としています。韓国人は外国でも自分たちのコミュニティーだけを重視します。「ここは〇国だ」より「私は韓国人だ」を優先するため、所属意識などは強くありません。「私が◯国のウリになるには私が◯国に合わせないといけない」ではなく、「◯国が私のウリになるには◯国が私に合わせないといけない」と思っているからです。

情と恨は、同じ根源を持つ感情にすぎません。それを「誇らしい迷惑遺伝子」と言われても、お断りです。

余談ですが、私がいま住んでいるところ(物件)を含めていくつか日本の家をしらべていた頃、「韓国人が多い街」は出来る限り避けたつもりです。私は、日本に来たわけですから。

つか、この寄稿文で何よりおかしいのは、自分で「誇らしい迷惑」と言いだすところですね。

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

 

 

 

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5