「日本が悪い」から「米国が悪い」になる日も近い?

北朝鮮問題でなぜか「日本が悪い」「日本が韓米を離間させようとしている」などの報道が増えている韓国。しかし、「反日が迂回的な反米になる」パターンは、今回も健在です。

日本が韓米を離間させようとしている!と騒ぐ一方で、左派系列のマスコミを中心に、「米国が悪い」という主張も盛り上がっています。もちろん、「日本が悪い」パターンに比べると勢いは弱いですが、反米の動きは明らかに存在しています。

 

(↓ここから「続きを読む」の後になります)

某宗教とも関係ある世界日報の記事です。

<・・・トランプ米政府発足直後の一連の状況を見守っていた人々は、米国の軍産業複合体が収益を上げるために、北朝鮮の核危機を助長または黙認しているという「陰謀論」を思い浮かべるかもしれない。しかし、陰謀論というより、資本主義社会の原理の一つである「需要と供給」の関係がより適切であろう・・・>

http://v.media.daum.net/v/20170930110300801?rcmd=rn

 

1800を超えるコメントの中でもっとも多くの推薦をもらっているものも、以下のとおりです。

とにかく、「北朝鮮が悪い」という考え方を打ち消すために必死になっている勢力があるのは、疑いようがないでしょう。彼らは、金正恩が悪いと言われることが我慢できないのでしょう。「親(オボイ)首領同志」ですからね。彼らの。

 

 

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

 

+149

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5