賃金未払い、悪化するばかり

ソル(旧暦1月1日)とチュソク(秋夕、旧暦8月15日)、年2回はほぼ間違いなくクローズアップされるニュースがあります。賃金未払いです。

秋夕やソルには、プレゼントをいっぱい持って故郷に帰る・・そんなイメージがあるからです。賃金未払いだと秋夕になっても故郷にも親の家にも帰れない、そんなシチュエーションを扱うニュースです。

 

(↓ここから「続きを読む」の後です)

アメブロ版シンシアリーのブログにも何度かエントリーしたことがありますが、必要な部分だけここにまとめます。

約1年前の報道(2016年9月4日のMBC、9月5日の東亜日報)によると、韓国の賃金未払い労働者は、1月~8月集計で21万4千人(去年同期間より2万人増)、未払い金額は9471億ウォン(同11%増)。東亜日報の記事によると、2016年の賃金未払い予想値は1兆4千億ウォンを超えると見られており、その金額は「日本の10倍(日本は2014年基準で約1440億ウォン)」である、とのことです。しかも、記事で言う21万4千人は「正式に申告できた数」であり、実際にはもっと多いと見るべきでしょう。

http://media.daum.net/society/all/newsview?newsid=20160904202508574

http://media.daum.net/society/others/newsview?newsid=20160905030541470

 

今年も同じ趣旨の記事がありました。2016年のデータは、上の記事の予想通り、賃金未払い労働者は32万5,430人(3年間で22.1%増加)、未払い額は1兆4,286億ウォン(3年間で19.7%増加)。今年2017年も、8月末基準で21万8,538人とのことです。記事は、「毎年被害が拡大しつつある」としています。

http://v.media.daum.net/v/20170927162655884

 

なにより、「引っかかったら運がない(걸리면 재수 없다)」という考え方が社会全般に根を下ろしているのが問題です。「私だけでなく誰もが同じ不正をやっている。だから、引っかかる(=警察などにバレる、通報される)と、それは運がないだけだ」という意味です。雇用主は、なにかあれば、とにかく賃金を払わないことから始めます。そして、バレたら「運がなかった」とし、罰金を払い、また同じことを始めます。雇用側に対する罰金も少なく、実際にはあまり効果がないとのことで、いつもの「法はあるけど、機能していない」パターンです。

雇用主側がこういう「引っかかったら運がない」考えを持っているかぎり、なにをどうしようが根本的な改善は難しいでしょうし、なにせ、1年に2回だけ形式的にニュースになるだけじゃ、ただの「風物詩」みたいになってしまう恐れもありますね。

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。本項の書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンクになっていますので、内容紹介などを参考にしてください。本項のリンクは、アフィではありません。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

 

149+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5