韓国、子どもたちに溢れる「嫌」の感情

本ブログで今まで書いてきた韓国関連の様々な考察の中でも、「嫌悪」は重要なキーワードではないでしょうか。

「韓国人は礼儀正しい」「韓国人は情に溢れる」そんな黒魔術の教義みたいな話ばかり繰り返している韓国マスコミですが、やっと、実に「やっと」、一部の記者、記事で「韓国人の情緒って、ひょっとして憎しみじゃないの?」と問題視されるようになりました。

 

↓ここから「続きを読む」の後になります

随分前からマスコミで指摘されてきた「遵法精神が欠けている」「配慮の無い社会」「集団利己主義(自分の集団だけを大事にしすぎる)」なども、すべては同じ側面を持っていたわけでして。

嫌悪が無いと、とにかく誰かを嫌わないと、気に入らない現実を誰かのせいにする恨(ハン)も成立しないし、ウリとナムも弱くなるし、被害者面もできません。

言い換えれば、韓国人は、嫌悪が無いと上下関係が成立しません。韓国人の嫌悪は、上下作りの手段です。韓国人の嫌悪には、「下のものを思いっきり馬鹿にする」側面があり、逆に「思いっきり馬鹿にすることで誰かを下にできる」側面もあります。そうすることで自分が「上」に人間であると確信が持てるわけです。

書いていて、本当に嫌なシステムだな・・と思わずにはいられません。

 

京郷新聞の報道です。

<・・韓国社会が分裂と葛藤を拡散させる嫌悪に正しく対応できないでいる間に、未来を担う世代が育つ学校が、あらゆる嫌悪の培地となっている・・子供たちは、嫌悪を「クールなもの」とし、同年代の文化を共有している。インターネットコミュニティで始まった嫌悪文化が10代の教室を侵食したものである・・>。

いわゆるイジメとかそんな問題か?というと、ちょっと違います。別に「いじめられっ子」だけがターゲットになるわけでもなく、教師、他の子の親まで、嫌悪の対象の範囲は広いです。

例えば、ある子に悪口を言う時、その子の母親の悪口を言ったり、クラスで序列が低い子には名前を呼ばず、その子の母の名前で呼ぶこともあるそうです。犬ヤロウとかそんなものより、「その子の母の名前」そのものがもっとひどいヨク(辱、低俗な言葉)だという意味です。

言わば、ここでいう「嫌悪」は、クラスの序列化の一部なんです。韓国人の憎しみの典型的なパターン、「相手を思いっきり嫌悪する。だから私が上だ」です。

なぜ母まで持ってくるのか?それは、母が大事だと分かっているからです。相手が「それだけはやめてほしい」と思っていることを敢えて狙い撃ちして踏み潰すことで、さらに上下関係を確実にしているのです。

前から子どもたちが着ている服の値段で階級を決めているとかそんなエントリーを書いてきましたが、そういうのも、ある意味では「親の力」を比べていたとも言えます。今回の件は、その進化形でありましょう。

思えば、「スプーン階級論」なども、結局は親の財産のことを言っているものですから・・・子どもたちだけではありません。

相手を引きずり下ろすことと、自分の格が上がることを同一とする・・・共産主義を望む人に、そんな単細胞・・無細胞な人が多いと聞きます。ある意味、韓国に左派政権が再誕したのは、必然だったかもしれませんね。

 

韓国人のこの「他人を貶めることで私の格が上がる」という歪みを教え込むようになったのは、「日本を憎むことで韓国が善になれる」構造である、反日思想そのものではないでしょうか。国家そのものが、その理屈から生まれたわけですから。

 

 

著書関連のお知らせ◉

シンシアリー+扶桑社の9冊目、韓国人による末韓論(扶桑社新書)が発売中です!

韓国の反日思想に対する考察を書いたシリーズですが、それぞれ、重点を置いた部分が違います。書籍名と画像は各書籍のAMAZONリンク(アフィではありません)になっていますので、内容紹介などを参考にしてください。

韓国人による恥韓論 (扶桑社新書)

韓国人による沈韓論 (扶桑社新書)

韓国人が暴く黒韓史 (扶桑社新書)

韓国人による震韓論 (扶桑社新書)

韓国人による嘘韓論 (扶桑社新書)

なぜ日本の「ご飯」は美味しいのか ~韓国人による日韓比較論~

朴槿恵と亡国の民

韓国人による北韓論 (扶桑社新書)

 

 

157+

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5