何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いつものことですが、ここでいう「基督教(キドクキョウ)」とは、韓国のキリスト教・新教(プロテスタント)のほうです。

さて、今日はまた雑談ということで、なんで韓国のキリスト教だけがこんなに民族主義が強いのか、について綴ってみます。

もともと、基督教は民族主義とは相性が悪い宗教です。もともとイエスが2000年前のユダヤの指導者たちに嫌われた理由が、『ユダヤ人って、自慢するようなものではありません。神様は、小石をアブラハムの子孫(ユダヤ人)にすることも出来ます』と話すなど、神の救援はユダヤ以外の他民族でも手に入れることが出来るという趣旨を教えていたからです。

だから、ユダヤ教では今でもイエスをキリスト(救世主)だと認めていません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

にもかかわらず、世界で唯一、キリスト教が「うちは民族主義宗教だ」と自慢する国があります。韓国です。この視点に対しては、韓国内でも「キリスト教的に危ない考え方だ」とする声が上がっていますが、流れは変わっていません。

中には、「韓国人こそが、ユダヤ民族に出来なかった使命を果たす真の選ばれし民族だ」という話をする牧師もいます。結構大きな教会でした。

キリスト教が良いか悪いか、民族主義が良いか悪いか(キリスト教も民族主義も、韓国のものはどこか歪められていますけど)を別にして考えてみても、これは矛盾です。「キリスト教的に見ておかしい」ことをここまで積極的にやっている理由は何でしょうか。それは、「日本が悪い」のおかげです。

 

基督教神学者でもある白石(ペクソク)大学のイ・サンギュ教授は、2019年の「教会と国家」というセミナーで、このように話しました。

「韓国の基督教は、日本帝国主義と戦うために、神様によって韓国(以下、朝鮮)に来た」、「当時の朝鮮は、民族の魂を守りながら欧米の文化を受け入れようとした。そのために朝鮮に来たのが基督教だ」、「基督教は抗日闘争のための力を必要とする朝鮮の民族主義に必要だったし、基督教は朝鮮に欧米の文化を与えた」・・

 

似たような話を、他にもよく耳にします。確か、ソウルではなく別の都市にある純福音教会で聞いた教会演説では、この現象を「キリスト教的民族主義」(Christian nationalism)と呼んでいたし、米国でも活動している韓国の神学者キム・セユン教授は「韓国では、キリスト教が民族主義と結婚した」としています。

キム教授が書いた「基督教と韓国文化」という論文、「基督教と民族主義」章には、こんな内容があります。

「基督教と民族主義の結合は、1910年から1945年に至る、日本の残酷な植民地占領期間にさらに加速された。クリスチャンは独立運動に主導的に参加し、全国の教会とキリスト教の学校を独立闘争の拠点として活用した。彼らに強要されている、日本の神道崇拝と戦いながら、私たちの国のクリスチャンは偶像を崇拝する異邦勢力との聖戦をしていると考えた。彼らは韓国と聖書の中のイスラエルを同一のものと見て、自分の民に信頼できる姿を見せた神様の姿を記録した聖書、 出エジプトとバビロン捕虜帰還、ダニエルとヨハネの黙示録 から、慰労と力を得た。

このように韓国と聖書のイスラエルを同一視する大多数韓国クリスチャンの大衆神学は、共産主義の迫害を受けていた期間を経て、今日も受け継がれている。そして国の福祉のために熱心に祈り、国家の利益を侵害する外勢に対抗して戦う。1960年代、韓日国交正常化に反対したり、日本不買運動が広範囲に起きたり、不公正に見える米国の貿易政策に反対する運動が起こっていることが、その良い例である」

 

面白いのは(面白くないけど)、北朝鮮もまた、普通なら相性が悪い「社会主義」と「民族主義」が一つになっています。これは何故か?私は、こう思っています。

韓国(朝鮮半島)の民族主義は、ただの「根拠のない選民思想」です。自分が一番偉いとするものにすぎません。その選民思想が、適当に名分に出来るもの(キリスト教、社会主義)を飲み込んだのではないでしょうか。その結果が、『ウリスト教』と『主体思想』である、と。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (136)

“何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか” への100件の返信

  1. 日本の新興宗教は神道系、仏教系が多いですが、韓国は基督教系だったのですね。元になった伝統宗教に似て非なるものであるところは共通?

  2. どれも都合よく利用して言ってるようにしか思えませんが。
    中身なんてなんにもないのに飾ること飾ること。

    イスラエルの重ね合わせるなら、遊牧文化から農耕文化にならないと。韓国のヒステリーは古代へつまり遊牧の時代へと戻っていませんかと。

    よく言われることで、神と人との関係は人と人の関係に通じる、なんて言われますが、韓国人の場合は神なんて利用されてるだけだし、人も利用されてるだけだし。
    人と人だけでなく人と物、あらゆる事象にも通じているかもしれません。
    道具の使い方ひとつにも日本人と韓国人(いや、まあ他の外国人でも)では違うよね。

    ユダヤの精神・思想は、人間においては絶対的な無謬は存在し得ない、ということです。どうしても誤謬が含まれてしまう。完全な真の義は神のみにある。
    神以上の振る舞いをされてる韓国人(牧師)がイスラエル云々を語るのですか? 神への冒涜ですよね?

  3. 一言で言えば「我田引水」ですかね。
    中国の共産主義に対しても同じ事を思います。

  4. キリスト教がユダヤ教から脱却したのは、ローマに布教するようになってからだろう。
    当時のキリスト教は、独善主義・排他主義が強く
    複数の宗教を認めたローマの人たちから毛嫌いされている。
    そもそも宗教に関しては寛容で、多数の宗教を受け入れて来たローマ帝国が、キリスト教だけ弾圧したのは
    それだけキリスト教を危険視する理由があったからだ

    それはともかく、現在の国家主義は民族の枠を超えたものでないとならない
    日本はほぼ単一の民族で構成された国家であるが
    多民族国家の方が遥かに多いのだ
    民族を超えて国家の枠で国を捉えないとナショナリズムは成り立たない
    韓国にはナショナリズムは存在せず、民族主義のみが存在するってことだな
    日本の左派はナショナリズムを否定し国際主義を主張するが、
    これとは韓国や北朝鮮ほど仲が悪い連中は存在しないはずだがね
    ところが彼らのそれを絶賛しているのだから、笑える話だ

    1. ユダヤ教からのキリスト教の独立は、キリスト教徒になるには「割礼不要」と定められてからのことだと思います。元々、イスラエルの民を含めて中東各地では、男子は神との契約の証として「割礼」を行うのが当然でした(創世記)。しかるに一方、ギリシャ・ローマ文明では、彫刻作品を見ても分かる通り、体に不自然な細工を施す「割礼」は、野蛮な風習として蔑まれていたのです。
      そのため、中東地域への征服者となったローマ人からは、ユダヤ教は徹底的に嫌われます。
      ところが、イエスが処刑され、その弟子たちによるキリスト教の布教が開始されたばかりの頃、キリスト者になるには「割礼不要」と決定されました(使徒言行録15章)。それにより、以前は、「どのように素晴らしい教えであろうと割礼だけは御免こうむる」と拒否していたローマ人にも、キリスト者への道が開かれたのです。
      現代でもその流れは続いていて、ヨーロッパのキリスト教徒白人は割礼をしません。また、戦後のナチス残党組織では、これをユダヤ人スパイの見分け方として利用していたようです(F.フォーサイス:オデッサ・ファイル、ゴルゴ13にも同様のエピソードあり)。
      なおキリスト教国であるのに、北米では小児の割礼手術(包皮除去)が一般的であるのは、おそらく、米国へのユダヤ系移民に学者・医者となる者が多く彼らが推奨したためと推定します。
      韓国人も10代後半に包皮除去手術を受ける者が多いようですが(処置しないと徴兵生活で馬鹿にされるとか)、これは米軍由来キリスト教の影響でしょう。

  5. 福沢諭吉は「和魂洋才」と言いましたが
    朝鮮半島では出発点が違うんでしょうね

    1. 伊藤博文が暗殺された時、暗殺犯の安が教会で祈りを捧げたいと申し込んだが
      牧師はこれを拒否した。
      朝鮮を近代化した伊藤博文を殺すとは何事かって話だ
      それがいまでは反日の先端に韓国キリスト教が立っているのだから
      これが笑える

  6. あちらの人の言葉を借りると「根本のない民」…
    自分たちの持つ思想や文化に自信のあるものが少ないから、大いなる絶対性を他から借りてこないと誰かから見下されると考えているのでしょう。
    そしてそれは、かろうじて残っていた古くからのアイデンティティさえ完全に根絶やしにしてしまうものでした。

    同情します。ただ嫌韓のような単純なものでは決してなく、憐憫に近い。

  7. 「人」は自分の姿に似せて「神」を造るんですよ
    逆は真ならず。 「神」は「人」を造らない、絶対に。

    つまり宗教ごときで人は変わらないということ。

    朝鮮人が儒教を俸じれば朝鮮儒教になるし新約聖書を俸じればウリスト教になる
    たまたま儒教やキリスト教が入ってきたからこうなってるだけで
    入ってきたのがイスラム教やヒンドゥー教、スパモン教だったとしても結果は同じでしょう。

    半島に入った神は必ず朝鮮人好みの奇怪な邪宗…言っちゃ悪いがそういうものになる、必ず。
    繰り返しますが人が神を造るんです。逆じゃない。

    人が気持ちよくなるためのマシーン、それが神です

    1. 最近、教祖らが死刑執行されて話題になったが
      オウム真理教事件は、数万人にも上る日本人を殺傷したオウム真理教に対して、破防法適応が議論された時
      如何なる事があっても、団体結社の自由など基本的人権は守らねばならないと反対したのが
      いま立憲民主党の国会議員をやっている有田芳生や朝日新聞だった
      その連中がいまでは、在特会を始めとする右派団体に対して、ヘイト団体には言論の自由など存在しないと言って
      法律で取り締まれと叫んでいるのだから。
      彼らにとっては、日本人を数万人殺傷する団体の基本的人権は守らなくてはならないが、外国人を罵倒する団体には人権を守る理由はないらしい

      1. わたしも、あの時オウムに破防法を適用しなかったのは、日本政府の痛恨の極みだと思っています。

  8. 統一教会も
    韓国=アダム国家
    日本=エヴァ国家
    という設定でエヴァはアダムに仕えなくてはいけないことになってましたね。
    日本の女性が韓国の農村に合同結婚式で嫁がされてました。

    1. 合同結婚式で結婚して行方不明になったりしている日本女性は多数いる
      それをそ知らぬふりをしている日本のメディアや政府には、許せないものを感じるけどね

  9. 共産主義も基督教も、朝鮮人にとってはマウントをとるための「名分」でしかなかった、ということですね。

コメントは受け付けていません。