何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか

ブログ表示に何か不具合があった場合、リロード、またはここをクリックしてください

 

いつものことですが、ここでいう「基督教(キドクキョウ)」とは、韓国のキリスト教・新教(プロテスタント)のほうです。

さて、今日はまた雑談ということで、なんで韓国のキリスト教だけがこんなに民族主義が強いのか、について綴ってみます。

もともと、基督教は民族主義とは相性が悪い宗教です。もともとイエスが2000年前のユダヤの指導者たちに嫌われた理由が、『ユダヤ人って、自慢するようなものではありません。神様は、小石をアブラハムの子孫(ユダヤ人)にすることも出来ます』と話すなど、神の救援はユダヤ以外の他民族でも手に入れることが出来るという趣旨を教えていたからです。

だから、ユダヤ教では今でもイエスをキリスト(救世主)だと認めていません。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

にもかかわらず、世界で唯一、キリスト教が「うちは民族主義宗教だ」と自慢する国があります。韓国です。この視点に対しては、韓国内でも「キリスト教的に危ない考え方だ」とする声が上がっていますが、流れは変わっていません。

中には、「韓国人こそが、ユダヤ民族に出来なかった使命を果たす真の選ばれし民族だ」という話をする牧師もいます。結構大きな教会でした。

キリスト教が良いか悪いか、民族主義が良いか悪いか(キリスト教も民族主義も、韓国のものはどこか歪められていますけど)を別にして考えてみても、これは矛盾です。「キリスト教的に見ておかしい」ことをここまで積極的にやっている理由は何でしょうか。それは、「日本が悪い」のおかげです。

 

基督教神学者でもある白石(ペクソク)大学のイ・サンギュ教授は、2019年の「教会と国家」というセミナーで、このように話しました。

「韓国の基督教は、日本帝国主義と戦うために、神様によって韓国(以下、朝鮮)に来た」、「当時の朝鮮は、民族の魂を守りながら欧米の文化を受け入れようとした。そのために朝鮮に来たのが基督教だ」、「基督教は抗日闘争のための力を必要とする朝鮮の民族主義に必要だったし、基督教は朝鮮に欧米の文化を与えた」・・

 

似たような話を、他にもよく耳にします。確か、ソウルではなく別の都市にある純福音教会で聞いた教会演説では、この現象を「キリスト教的民族主義」(Christian nationalism)と呼んでいたし、米国でも活動している韓国の神学者キム・セユン教授は「韓国では、キリスト教が民族主義と結婚した」としています。

キム教授が書いた「基督教と韓国文化」という論文、「基督教と民族主義」章には、こんな内容があります。

「基督教と民族主義の結合は、1910年から1945年に至る、日本の残酷な植民地占領期間にさらに加速された。クリスチャンは独立運動に主導的に参加し、全国の教会とキリスト教の学校を独立闘争の拠点として活用した。彼らに強要されている、日本の神道崇拝と戦いながら、私たちの国のクリスチャンは偶像を崇拝する異邦勢力との聖戦をしていると考えた。彼らは韓国と聖書の中のイスラエルを同一のものと見て、自分の民に信頼できる姿を見せた神様の姿を記録した聖書、 出エジプトとバビロン捕虜帰還、ダニエルとヨハネの黙示録 から、慰労と力を得た。

このように韓国と聖書のイスラエルを同一視する大多数韓国クリスチャンの大衆神学は、共産主義の迫害を受けていた期間を経て、今日も受け継がれている。そして国の福祉のために熱心に祈り、国家の利益を侵害する外勢に対抗して戦う。1960年代、韓日国交正常化に反対したり、日本不買運動が広範囲に起きたり、不公正に見える米国の貿易政策に反対する運動が起こっていることが、その良い例である」

 

面白いのは(面白くないけど)、北朝鮮もまた、普通なら相性が悪い「社会主義」と「民族主義」が一つになっています。これは何故か?私は、こう思っています。

韓国(朝鮮半島)の民族主義は、ただの「根拠のない選民思想」です。自分が一番偉いとするものにすぎません。その選民思想が、適当に名分に出来るもの(キリスト教、社会主義)を飲み込んだのではないでしょうか。その結果が、『ウリスト教』と『主体思想』である、と。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が2020年3月1日発売です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・新刊「文在寅政権の末路」が、2019年12月27日から発売中です(アマゾン発売日基準)!文在寅政権の現状は何なのか、どこへ向かっているのか、あくまで「私」という微力な一人の観点ではあるものの、日本の皆さんに紹介したいと思っている文在寅政権関連の話を、自分自身に率直に書きました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (136)

“何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか” への100件の返信

  1. 少しモルモン教を思わせますね。あれってアメリカ側のヨーロッパへのコンプレックスが生んだものだと思ってます。どうしても覆せないヨーロッパへの劣等感(ルサンチマン)をはらすため、新たな予言者を創造し主と直接つながろうと言う荒技ですね。韓国の場合は、イスラエルと直接つながることで韓国を下に見る、ないがしろにする諸大国を見返し恨を晴らすという。モルモン教に比較すると小技ですが。

  2. 世界で初めてキリスト教を国教にしたアルメニアは民族主義が強いようですよ。
    すぐに韓国(朝鮮)に特有!と考えるのも一種の選民思想ですよ。

    >もともと、基督教は民族主義とは相性が悪い宗教です。

    そもそも、宗教は民族主義と非常に相性が良く、互いに利用し合う関係です。
    民族主義は「我々は他者とは違う」という自己認識なのだから、容易に「我々は他者より優れている」という選民思想になります。「我々」という一体感を得るために宗教は非常に相性が良い。

    欧米の民族主義だってそうでしょう。
    ただし、欧米先進国は少しばかり賢くなって共倒れにならないために民族主義を抑制しようとしていますが、韓国は愚かなままというだけです。韓国は無責任だから愚かでいられるだけです。

    韓国が本物の民族(=国民)になれば、すなわち国民に対して責任を持つようになれば、少しは民族主義を抑制しようとすると思いますよ。中共が反日をコントロールしようとする程度には。

    1. ちょっとだけ反対意見。
      >本物の民族(=国民)
      はないでしょう。

      1. 近代の国民国家成立以前に(今日で言う)民族が存在した、というのはフェイクだと思っています。
        日本でも緩やかなまとまりとしての「日本人」という概念はあったのでしょうが、他藩の人々を同胞としては見ていなかったかと思います。
        近代になり、特に総力戦を遂行する過程で「国民(nation)」が創生され、その統合のために「以前から民族が存在していたことになった」と考えています。

        国民の実体がある欧米や日本では特に問題ありません。
        しかし、韓国のように国民が創生される過程をすっ飛ばしていると、例えば韓国系アメリカ人が韓国のためにアメリカを裏切ることを愛国者でありそれが当たり前だというようなものが民族主義になっています。その一方で、国内ではナムを同胞だとは見なしません。北の住人を同胞と言いながら、その奴隷的境遇には無関心です。国民(nation)の概念を含む民族が存在しないのです。

        1. >近代の国民国家成立以前に(今日で言う)民族が存在した、というのはフェイクだと思っています。
          日本でも緩やかなまとまりとしての「日本人」という概念はあったのでしょうが、他藩の人々を同胞としては見ていなかったかと思います。

          これが本当に間違いなんですよねぇ。パヨクが日本を解体するため、信じようと教科書に書き加えている。

    2. 日本人が優れていると言ったら、mottonの中では民族主義で悪なんだ。

      mottonが間違っているのは、そういうところだよ。

  3. これはみんなわかっていると思いますよ。

    >何故韓国のキリスト教は民族主義が強いのか

    ではなく、

    韓国は血筋へのこだわりが強いので、
    どんな宗教が入ってきても、
    民族主義に教理が書き換えられてしまう。

    例え民族主義を否定するキリスト教についても例外はない。

    1. そうですね。血筋にこだわるとろくなことがない。
      まあ、老人の趣味としては楽しいのではありますが(私のこと)。

  4. 呉善花『スカートの風』に韓国のキリスト教の話が出てきますが、とくにプロテスタントは現世利益を説き、反日を利用して韓国人の「民族的自尊心」を鼓舞する説教が行われるようです。プロテスタントは本来、聖書に則り神の愛を説き、憎しみを排除して清く正しく美しく生きることを説くのですが、韓国の場合はどうやら土俗信仰と結びついて極めて異端なようですね。だから日本はサタンの国で韓国は神の国であり、われわれはサタンを滅ぼす任務を帯びているみたいな極端なものもあるわけです。韓国人の民族的自尊心(=対日劣等感)に見事に訴えかけるのですね。

    1. 呉善花さん、懐かしいですね。シンさんの言説とも通底しています。

  5. いつでもマウントのネタを鵜の目鷹の目で探しているのが朝鮮人。
    文化なんて高尚なモノでは無かろうに。

  6. 日本ではイマイチ普及しなかったキリスト教も、韓国とフィリピンでは普及しました。
    ザビエルに対して、当時の日本人が「信じる者だけではなく、なぜ全員救わないのか」と尋ねたところ、応えに屈したと聞きました。
    一神教の二元法は、西洋人が白人(人間)とそれ以外と分けたように、ウリとナムという考え方けに合っているからでしょう。

    誰かが書いていましたが、「宗教は貧者の阿片」というのは言い得て妙ですね。

    1. 宗教がアヘンでなく、癒しとなることを祈るばかりです。
      宗教は今後とも、どんな形態であれ人類に必要なものだと思いますので、、、

  7. 虐げられた民族ほど選民思想が強烈ですね。けれども、それをバネにできる民族もあれば、憎悪をたぎらせる燃料にしかできない民族もある。

    どこで分かれたものやら。

  8. 選民思想しか救いがなかったのでしょう。
    いつも、「世界一の韓国」「また、世界が韓国を欲している」といった、なにを根拠に書いてるか分からない記事が掲載されます。
    もしかしたら、韓国ではYouTubeの様にワイドショーやワールドニュースで「世界で最も優れた民族」などと垂れ流す事で、「そうなんだ」と自己暗示にかかるのでしょう。
    まぁ、最も朝鮮人と相性の悪い宗教は仏教なんでしょうな、なんせ、一人残らず地獄行き。逆に最も相性の良いのが「エホバの証人」でしのうか。

    1. いやいや、善人なおもて往生する、、、ですから真宗をおすすめします。

  9. 韓国の問題は、その選民思想であり民族優越主義、つまるところ韓国人は指導民族であり、日本人は従属民族であるというナチズムだ。

    韓国人が、社長をやって、日本人が労働者をすれば、世界に通用するとずっと在日は主張し続けている。

    これは中国の中華も、シナチズムも同様。
    中華民主主義を国名にする国が隣にあって、この2国が、毎年、日本の教科書を書き換えようとしている。

    そして現に毎年、日本の歴史を卑しく賤しく、貧しいものに書き換え続けている。
    結局これは永遠に続いて、日本の歴史は書き換えられるだろう。

    1. 韓国の問題というより、日本側がちゃんと駄目なものはダメと主張するべきなんですよ。

      これはシステムの問題。
      公平を期す為に査定する者と評価する者が別になっている。

      これではクライアントである国民の要求が途中で歪められてしまう。
      結果、韓国側の主張を正しく拒めなくなってしまっている。

    2. 日本が弱いからダメなんですね。
      毎年毎年、歴史が卑しく書き換えられてるなんて、CMではありませんが「嘆かわしー!」の一言ですね。
      韓国が悪いなんて他人のせいにせず、日本は頑張らないとダメですね。
      悪いのは日本だ!ですね。

      1. コマ猫さん

        資本主義のシステムのジレンマなんです。
        公平さを優先して第三者に評価を委ねれば本筋から歪んでいき本来の趣旨や目的から離れていく。
        趣旨や目的を優先して直接統治を選べば独裁に近付いてしまう。

        国家の真社会性と個人の権利は二律背反しているんです。

    3. どうも、意味のわからないところがありますが、それほど悲観的になることもないかと思います。

コメントは受け付けていません。