イ・ヨンス、「これからも挺対協(正義連)と一緒。再び水曜集会に出ます」

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

あれだけ大騒ぎを起こしておいて、イ・ヨンスが正義記憶連帯(挺対協)と再び組むことにしました。直ちに廃止せよ、としていた水曜集会にも、また参加するとのことです。

前から「慰安婦団体の不正問題として認識されているだけで、慰安婦問題そのものは変わらない。正義記憶連帯がダメでも、他の組織が後を継ぐだけ」とは思っていたし、同じ趣旨をブログに書いたりもしましたが・・まさか、正義記憶連帯に戻るとは思いませんでした。あれだけ敵視しておいて、いまさらよく戻れるものですね。多分、「条件(?)」がいちばん良かったのでしょう。

以下、マネートゥデーの記事から部分引用します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<正義記憶連帯の後援金不正疑惑を提起し、水曜集会不参加を宣言したイ・ヨンスさんが、水曜集会に戻ることにした。「慰安婦」歴史教育観設立、韓日学生交流などイ・ヨンスさんの要件を、正義記憶連帯が受け入れ、推進する方法ことにしたからだ。双方は来月中に具体的な計画を発表する計画である・・

・・今後、両方の立場発表まで行われた場合、イ・ヨンスさんと正義記憶連帯の対立は解消局面に入るものと予想される。イさんは、先に二度の記者会見で正義記憶連帯のこれまでの活動を強力に批判してきた。イさんの立場の変化は、イ・ナヨン理事長など正義記憶連帯側がイさんとの出会いを重ね要請し、行われたと伝えられた・・>

https://news.v.daum.net/v/20200628141653837

 

やはり、予想通りのツマラナイエンディングです。ユン・ミヒャン氏関連の捜査も、これで有耶無耶にされるでしょう。与党側としても、これで一安心のはずです。ただひとつ、前と変わったものがあるなら、一部の強い与党支持者たち(ムンパなど)にとって、イ・ヨンスはすでに『ナム』になっている点です。今回の件も、ソース記事のコメント欄には「いまさら何だ」「顔の皮があつすぎる」などのコメントが目立っています。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

0

© 2020 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5