議論エントリーその7

その6はこちらになります。議論エントリーは、ぜひ議論などに使ってください。長くなりそうだな~とか、そんなときのためです。よく使われる方はお気に入りの登録をお忘れなく!

「インフォメーション」、「議論エントリー」、「雑談エントリー」は、投稿してから3週後には自動でコメントできなくなる本ブログの仕様を回避するために、不定期にURLが少しずつ変わります。「お気に入り」から本ブログの該当ページがちゃんと表示されなかった場合、「シンシアリーのブログ」扉ページから直接リンクをクリックしてみてください。また、コメントできなくなっている(コメントを書く欄が消えてる)などの現象があったら、「インフォメーション」にてお知らせください。

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (48)

“議論エントリーその7” への1,028件の返信

  1. ずっと前から思ったことを、やっと週刊誌が書いた。

    『トランプも引っ掛かった「発生源論争」 “新型コロナ流出疑惑”は習近平が仕掛けた罠だった!』
    ttps://news.yahoo.co.jp/articles/5dd0687a6265072e8315ae2b78ba91ca28c773fc

    『だが、武漢病毒研究所に焦点を当てたことで米側は、習近平が仕掛けたプロパガンダ戦の「罠」に引っかかったといえる。発生源論争を始めた結果、初動の遅れや情報の隠蔽といった習近平自身の失策から目をそらされてしまったのだ。実は、武漢病毒研究所を巡る「発生源論争」は、崖っぷちに立たされた習近平が反転攻勢のために仕掛けた「3段階の戦略」の第一歩だった。』

    発生源や流出説や人工ウイルス説は最大の論点じゃない。
    最大の論点は、独裁制と不可分な遮蔽体質そのものであり、それがある限り、同じことが何度も繰り替えされるということ。SARS の反省が全く生かされなかったのがその証拠。
    再発防止には中共を滅ぼすしかない。それは中国人民にとっても同じ。中共(習近平)にとっての最大の問題はそこに焦点が集まること。

    1. うーん、いいところで記事が終わってしまっている……。
      第三段階が全人代、れいの香港のやつでしょうか。
      まあそれはいいとして、記事だけでは習近平が罠を仕掛けて武漢病毒研究所に焦点を当てさせたのか、アメリカ側(トランプ)が勝手に茨の道を選択したのかが判然としませんね。
      また、習近平が自国の反対派に罠を仕掛けたとも考えられるように思いました。習のプロパガンダ戦はアメリカのみならず、自国の反対派にも向けられていたのではないかと。
      習をアメリカに差し出して中共の独裁体制は維持しようとする勢力は中国国内にかなり存在するように思われます。
      いずれにしても、われわれは独裁から必然的に発生する弊害(隠蔽体質など)をまず最初に問題視すべきというのはわかります。
      さらに習近平一人の問題で終わらせるのではなく、中共そのものが問題なんだというスタンスを護持しなくてはいけないと思います。
      習近平の罠だけでなく、反習近平の仕掛ける「習近平だけが悪いのだ」という罠にも警戒が必要でしょう。
      習近平=中共 と単純に言い切れないように思います。
      ※他のトピックでコメントしたのですが、SARS発生当時のSAPIOが家にあったので読み返してみたら、中共が当時やっていたことが今とまったく同じなので驚きました。隠蔽の仕方までがそっくりなのです。

      1. そうですね。
        アメリカ側としては、独裁と隠蔽体質が不可分だと認識できる人々は少ないかもしれないので、「恐ろしいものを作ってばらまいた悪い奴ら」という単純な構図でイメージ操作しているのかもしれません。
        その場合、アメリカの目的は中共を滅ぼすことなので「習をアメリカに差し出して中共の独裁体制は維持」は難しいでしょう。地政学上の問題が本質なので、台湾の独立、香港の事実上の独立、南シナ海での覇権放棄まで差し出さないといけません。これに中共だけではなく中国人民も耐えられません。(単純に中共を滅ぼすことを中国人民は望みません。)

        だから、独裁体制維持に必要な隠蔽体質や非人道性を攻撃して、独裁体制の弱体化を図るべきです。
        それらが自分たちの命を奪う悪いものであることは、中国人民も理解していますから彼らは潜在的な味方になります。
        中共が独裁体制を維持できなくなれば、地政学上の問題も解決に向かうでしょう。(中国人民が気づいても遅い。)

        1. 丁寧な御返信をありがとうございます。

          mottonさんとは理由は少し異なるかもしれませんが、自分もトランプが研究所のことばかり言い立てるのは違和感がありました。アメリカは武漢研究所については、隠蔽の動機として使うと思っていました。
          「怖ろしいものを作ってばらまいていた」ことを責めるよりも、隠蔽して世界に大被害をもたらしたことを主軸にして、隠蔽した動機は悪いものを作っていたからだと責めた方が戦術として柔軟性に富み、効果的なように思えたからです。仰るとおり『独裁と隠蔽体質が不可分だと認識できる人々』は多くはないと思います。

          >>台湾の独立、香港の事実上の独立、南シナ海での覇権放棄まで差し出さないといけません。これに中共だけではなく中国人民も耐えられません。
          アメリカの本気について、自分は少し甘く考えていたようです。中共(反習近平派)も習を生贄にすればどうにかなると甘く考えているような気がします。
          今までに3人の中国人と政治の話をしたことがありますが、彼らに共通していたのは、中共は嫌いだが、台湾、チベット、ウイグルは中国のものだと考えているということでした。

          >>独裁体制維持に必要な隠蔽体質や非人道性を攻撃して、独裁体制の弱体化を図るべきです。
          そうですね。弱体化、さらに内部分裂を誘うのがあの国にはもっとも効果的だと思います。

    2. >>再発防止には中共を滅ぼすしかない。それは中国人民にとっても同じ。

      現段階で、中共が倒れた後吹き出す諸問題に対処できる、体力と覚悟のある国はないですね。なくなってしまったと言うべきでしょうか。
      コロナの前は、トランプが再選したら潰しに行くだろうと踏んでいたんですけど、厳しくなりました。
      コロナ禍は、中共に利したと言わざるを得ません。
      ただ、各国はチャイナリスクを、( かなり深い傷として ) 共有する事にはなったと思います。

      「発生源論争」に持って行ったのが、「時」ではないと見たアメリカの思惑だと考えるのは、ちょっと穿ち過ぎでしょうか?

      韓国を切って、台湾をパートナーにするのは決まっていると思うのです。
      台湾は、中共のやり方を嫌と言う程知っています。
      香港を見て、明日は我が身と肌身で感じています。
      最大の論点が、独裁制と不可分な遮蔽体質だと、分かってはいるとは思うのですが…。( 思いたいだけか? )

      1. >>コロナの前は、トランプが再選したら潰しに行くだろうと踏んでいたんですけど、厳しくなりました。
        体力的には厳しくなりましたが、人心はその方向に向かっています。まだわかりません。トランプが再選されるかどうかが最大の鍵ではないかと思います。アメリカが失業率をどのくらい戻すことができるかが重要でしょう。

        >>「発生源論争」に持って行ったのが、「時」ではないと見たアメリカの思惑だと考えるのは、ちょっと穿ち過ぎでしょうか?
        自分はアメリカは本気になっていると思います。たんに戦術を間違えたのだと考えています。これが習の罠だったのかどうか、そこはまだわかりません。

        >>香港を見て、明日は我が身と肌身で感じています。
        とにかく日本は蝙蝠組から足抜けすべき。今後の情勢を思うに蝙蝠は危険だと思います。また、日本の行動にフィリピン、ベトナムあたりはかなり影響を受けると思います。
        韓国については、あからさまに敵対はしないけど、まともに相手もしない。変なことをしたら猛烈に抗議すると、こういうスタンスで適当に接していればいいと思います。

    3. 「中京を滅ぼすしかない」と変換されてしまった。
      名古屋あたりのみなさん、ご安心ください。滅ぼしません。

      「中共を滅ぼす」というより「中華文明を滅ぼす」べきですけどね。
      「滅ぼす」と言うと、剣呑なので、
      「現代文明のライトサイドによって、中華文明的価値観のダークサイドが上書きされる事」と言い換えましょう。

      とりあえず「滅ぼすべきもの」を。重要性を「★」で。
      「独裁者の恣意的な政策」★★
      「隠蔽主義」★★★
      (:派生的に「プロパガンダによる問題点の撹乱」)
      「富の独占と文化の破壊」★★
      「あからさまな暴力」★★★★
      「それらを国際社会に及ぼそうとする事」★★★★★

      根本的に改革すべき価値観としては、
      「世界は『我々』と『敵』から成っている」1+2
      「敵は、間違っている」1+2
      「世界とは『我々』が支配すべきものである」1+2+3
      「富とは、我々が独占すべきものである」3
      「我々の王は、聖人であって、誤謬を犯さない」1+2
      (:派生的に「支配のためには、何をしても良い」)

      「1中華帝国主義」と「2共産主義」と「3ハゲタカ資本主義」がミックスされて、そういう風になっています。
      これは、中国人の基本的思考形式なので、変えようがないか?と考えてみると、
      そこまで悲観しなくてもいいと思います。
      台湾と言う成功例が有りますから。

      ところが、そこに「規模」という現実的大問題が。
      10億人以上の「下層階級」が「先進国並みの生活」を求めたら、誰も「それを食わせて行く事」はできません。
      ですから、「中国全体が霊的に生まれ変わる」のは、無理。

      なので、具体的目的は、
      「中国が、いくつかの国家に分裂して、それぞれが『改革』を進めるように仕向ける」ぐらいでしょうか。
      中国人自身が幸せになる道は、とても遠いですね。
      発展途上国の抱える矛盾と同じ構造なので、改革が難しいから、です。
      中国人は、自分の国が「文明として、また文化的に、後進地域」だと「根本的価値観のレベル」で認めなければならないのですが、中国人のプライドは、それを許さないでしょう。

      それでも、今の中国のような「邪悪の巨大帝国」であるより、分裂してくれた方が、国際社会にとっては、ずっとマシ。
      中国人にとっても「帰属先の選択肢」が増えるから、良い事だと思います。

      1. 「中華帝国主義」は中国人の一般的思考形態というよりも、統治のための伝統的思想かと思っています。過去の征服王朝もこれを利用しましたし。
        「共産主義」は「中華帝国主義」を体制とするための便利なツールだったという側面があります(いや、それが全てかもしれない)。
        鶏と卵の関係に近い?
        中国人個々の価値観として華夷主義のようなものもあるかもしれません。ただ、その場合中国人って何?との疑問が生じます。
        華夷主義を持っているのが中国人だ、と言ってしまえばトートロジーに陥るのでまずいですね。
        広域国家の宿命として、構成者全員を十分に食わせることができない。だから階層的、地域的な搾取-被搾取の関係が生じざるを得ません。それが限界を超えると易姓革命あるいは分断国家となるようです。
        ソ連の場合でも継承国が肥大化したロマノフ王朝であったため、1世紀を経ずして自壊しました。
        広域+多民族+一国社会主義は無理があります。

  2. 5/26人口動態調査が発表されて3月死亡者数は前年同月比で168人の減少でした。NY市の3/11-5/2の超過死亡数は24000人で、日本の1-3月の超過死亡数はマイナス10000人でした。超過どころか新型コロナ発生で死者数が大きく減少しています。日本は感染者数だけでなく死者数も隠蔽していると韓国や外国から誹謗中傷されています。原因は日本の反日マスコミとそれを外国に伝える、在日外国人特派員たちの仕業です。1、2月で大きく減少している事実を日本のマスコミは報道しない。中旬から感染者が急増した3月の速報値は5月下旬発表と告知されていたので毎日厚労省HPをチェックしていました。
    人口動態調査で検索するか、厚労省HPトップにある最新記者発表資料をご覧ください。

  3. 5/12に西浦教授が公表したグラフを元に、3/27が感染者数のピークであり、「緊急事態宣言は空振りだった」と言う議論がある様なのだが、何故、あの様なグラフになったのか?
    私は、ここ議論エントリーでの5/14の匿名さんのコメントにも有る様に、4/17がポイントではなかろうかと思う。つまり現実的には、その10日前、まさに緊急事態宣言発出の日辺りだ。
    その根拠としては、東洋経済オンラインが公表しているクラブだ。検査陽性者数の移動平均線を見ると、4/13から4/17まで平らに転じ、4/17以降は下降線となっている。実効再生産数のクラブを見ても、4/19時点で0.99となっている。やはり、宣言が発出されるうんぬんの4/7辺りが、国民の緊張感が高まり、現実的に感染のピークだったのではなかろうか。その後の検査陽性者数の持続的下降トレンドを見ても、緊急事態宣言の効果は十分にあったのではないか。
    以下余談であが、マスクは感染拡大抑制に、かなりの効果を発揮しているのではないか。唾液でPCR検査が出来るくらいであるし、現実的に3月末から実効再生産数が2ちょっと辺りから減少に転じている様である。ひょっとして、欧米とアジアの差は、単純に、マスクの着用率の差ではないのかと、考えたりもする、、

    1. 移動平均とか実効再生産数とかの操作した数値ではなく日々の新規感染者数データと陽性判定の2週間前に感染したという専門会議の想定という2つで議論すれば誰でも理解できるのではないでしょうか?
      4/7宣言
      4/11 720人 ピーク
      4/21 420人 宣言から2週間後

      1)感染のピークは3/29で2週間後の4/11に新規感染者がピークになった。
      2)4/7-4/21の間に、720人でピークをうって減少に転じたのも、約半減したもの宣言とは無関係で、宣言をしなくてもピーアウトし半減していた。
      3)宣言の効果は4/22からの減少に関係しているが何もせずに半減したのだから宣言をしなくてもさらに半減した可能性がある。
      4)安倍首相は延長記者会見で「宣言によって感染爆発を防げた」と言ったが正しくない。「宣言がなくてもピークアウトして半減したが、宣言によって4/22から再度増加に転じて感染爆発することを防いだ」とは言える。

      1. >774さん

        まず、「2週間」の意味だ。
        ほんと、ざっくり考えるなら、「2週間」を使えば良いのであろうが、多少なりとも細かく考えるのであれば、新規感染者数(新規検査陽性者数)の中には、追跡による検査陽性者数も含まれるのであろうから、現実的には、2週間より短い日数を使用するべきではなかろうか。
        また、私が移動平均線を見る理由は、公表される新規感染者数には、曜日の制約による偏りが存在するからである。本来、こういったグラフは滑らかな曲線を描くべきであろう。参考に、東京単独の新規感染者のグラフと見比べてみると、東京の棒グラフでは4/17がピークであり、移動平均線で見比べてみると、全国のグラフとほぼ一致する様になる事からも、移動平均線の活用は有益ではなかろうか。
        私は、東洋経済の公表する移動平均線などのグラフを見て、4/17から4/18への下降トレンドに転じる様が、4/7の緊急事態宣言日とその翌日に相応しているのではないかと考えている。
        知らんけど、、(笑

        またまた余談であるが、マスクの着用は、言わば、完全とは言えないが「ちょっとした自主隔離」ではないか。3月下旬から実効再生産数が下がり始めたのも、この頃には、ほとんどの人がマスクをしていたおかげか、、

  4. >武漢では5日間で延べ121万人にPCR検査を行いました。中国メディアによりますと、武漢の一日の検査能力は最大10万件で、その2倍以上のペースで実施されたことになります。59人の陽性が確認されてそのうち1人が発症していますが・・

    121万人のPCR検査、陽性59人、発症1人。
    このデータをどの様に読んだら良いのでしょうか?
    中国政府はこれで武漢は無菌で、これからは全て外部からだと必死に宣言したいのでしょうけど。

    1. 【延】121万人ですね。これは検査件数で検査人数ではないのでしょう。陽性入院者は隔日検査するので5日間で延べ人数は3倍になります。この3回の陽性判定は新規感染者ではないので59人の陽性者が【見つかった】にカウントされません。とっくに見つかっていた人だからです。東京都は確か入院感染者のPCR検査は検査数から除外しています。嘘ではないが、印象操作で市民を騙す修辞法はとても便利です。それだけ言葉をしっかり確認する必要があります。数学で言えば「何々をエックスと定義する」の定義が大事、科学では条件や前提が大事です。

  5. 新型コロナによる被害の欧米と東・東南アジアの桁違いの差には、人間の活動によらない何か決定的な要素があると思っています。

    自然免疫(BCG)、遺伝子(HLA、ACE2)、類似コロナ感染による免疫、などの仮説がありますが、抗体検査で IgM が弱く IgG が出る結果が出てきたのが興味深いです。
    ttps://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200520-00179344/

    1. デニソワ人由来の形質、かも知れませんね。
      そうだったら、面白い。

      山葡萄原人由来だったりして…

      1. 「デニソワ人 免疫」でググるとなんやかや出てきますが、ネアンデルタール人と交雑したヨーロッパ系と、デニソワ人と交雑したアジア系の違いってことですが。
        滅ぼしてしまったご先祖様が助けてくれたのなら何か複雑ですね。

        1. >欧米と東・東南アジアの桁違いの差には

          じゃ、K防疫は何をやった成果なのだ?
          韓国人はヨーロッパ人なのか?

    2. 感染症研究所のクルーズ船調査では人種についての有意差は無かったが、感染しない人は夫婦の間でも感染していない人が在ったりして、仮説もして無かったような気がします(レポート見た)
      感染する人しない人は自然免疫の強弱であろうとかがしっくりと考えられるが、自然免疫が定義されない幽霊みたいなものだから、悪魔ツキとか疫病神説でも同じになってしまう。
      クルーズ船のレポートを探せばも少し、方向が狭まるかもしれません。

    3. >>人間の活動によらない何か決定的な要素があると思っています。
      自分もそう思います。民度重視派だった自分ですが、もはや対策や民度だけでは説明がつかないように思います。
      仮説の中では自然免疫(BCG)、類似コロナ感染の二つが有力ではないかと思います。日本の場合はこの二つがかみ合った幸運な例なのではないかと憶測しております。
      遺伝子説については、アメリカ在住の日系人、日本人、アジア系住民などの罹患率、重症化率はどのようになっているのでしょうか。
      さらに彼らが母国にいた期間(どこで生まれ、どこで育ったのか)も併せて調査すれば、いろいろなことがわかってきそうな気がします。そんなことはとっくにやっているかもしれませんが。
      また、個人的には少し前にmottonさんが言及されていた川崎病も関連あるような気がしてなりません。

      1. でもやっぱり角度の高い抗体検査で罹患率調査するのが先かな…
        欧米なんかと極端な差が出た場合、そもそも獲得免疫自体が少ないなら、接触機会が少なかっただけってことになりそうな気がする。

        逆に獲得免疫で罹患率に差がないことがわかれば、ファクターX探しに本腰が入れられます。

  6. >あ、感度の議論はすごくアホらしいので要らないです。そんなこと皆が知ってて、それでもPCR検査をしているのは何故か考えてみればわかる事だし。

    数字のプロ()が、「感度、特異度の議論はアホらしい」と言い切るご都合主義w

    計算できなかったしなw(数字を間違えてるしw、、だからやり直して数字に対して誠意を示せ、って言ったのにw)

    このダブスタw

    いい加減、なんとか言うべきだろうw

    (グーの根もでないのか??あ?)

    いいか?
    PCR検査は有効だ。問題は「その運用方法」なのだ。
    当然、感度、特異度に注意(注目)して、いかに有効性をあげるか?が問題(キモ)なのだ。

    「あ、感度の議論はすごくアホらしいので要らない」
    と言い切るアホさ、なのだw

    1. 受験生さん

      ストーカー行為はもうおやめになったほうがよろしいかと…。
      名こそ惜しけれ、悲しむ者としてのお願いです。

      1. だから、「匿名」さんのいい分は聞かない。

        実は、さっき、これに書き加えるべく下書きしたものを、あえて書かなかったものがある。(要約)

        なぜストーカーするか。。

        ノブスケ氏は私に
        ①「何度でも恥をかかせてやる」発言
        ②感染研の暫定報告発表時(ノブスケの意見を否定された時)、
        勝負あり、なので
        私が「いろいろ言ってすまんかったの一言でもあれば(水に流したものを)」と書いたら、
        奴は「おちょぼ口なもので」と茶化して書いてきた。
        ③学歴マウンティング
        ④私の同意見者への侮辱、、、など。

        枚挙にいとまがない。
        これらはまだ撤回されていない。

        これでキレないほど私は人間ができていないのだ。

        1. ちょっと不正確だなw

          >私が「いろいろ言ってすまんかったの一言でもあれば(水に流したものを)」と書いたら、
          奴は「おちょぼ口なもので」と茶化して書いてきた。

          「勝負あり」の時(勝負に私は乗ったわけではなかったが)、
          受「ビッグマウスを回収したらどうだ?」
          ノ「おちょぼ口なもので」
          受「いろいろ言ってすまんかった、の一言でもあれば(水に流したものを)」

          という経緯だったな。(細かくは違うと思うが、ザックリこんな流れだ)

        2. (本人は気にしてないだろうけどw)

          仲間(同意見の人)を侮辱されて、そのままにしておくことはできん。

          あと、議論の場での恫喝な。

          「お前は黙ってろ!」
          「素人が偉そうにすんな!」

          などと言われたけど、放っておけるか?

          だーれも、ノビスケに反論できなくなるぞ?

        1. さくらさん、
          たとえ2日後であっても、あなたは名乗り出た。

          それくらいの誠実さがヤツにもあれば、、と思うよw

          1. お前さんはとっくに負けてるの。
            ゾンビみたいな状態なのに、議論する価値はないね。

            私のこれまでの主張のいくつかは現実の方向性として試行錯誤の末、採用されてきている。
            そりゃ初めから妥当な事を書いてきたからだ。

            で、君の主張はどうなった?
            全部、現実でコロナに対処するための改善の中では却下されてないか?

            勝負はあった。
            君が負けてないというなら、負けてないで良いじゃないか。
            でも、負けてないと思うなら、間違った意見に固執するだろうからずっと成長はしない。
            自分を正せる人間だけ賢くなっていけばいい。

            バカがバカなままなのは社会にとっては残念だが、そのままでいたいのだから知った事ではない。

  7. >商品名は「ハンドクリーンジェル」。消費者庁によると、同社は4月4~14日、この商品のラベルに「アルコール71%配合」などと表示したが、消費者の苦情を受けて同社が第三者機関で分析したところ、実際はアルコール濃度が30%~5%だった。商品は韓国製で、300ミリリットル入りが1500~4千円で売られていたという

    これって、日本のコロナ感染を広げる一因になるのですよね。
    まん延国のPCR検査キットがもし韓国製であれば、韓国の婿州知事が韓国製キットを大量に買い込んでいた事実。
    NYとかイタリア、スペインの悲劇の原因と、と考えても不自然では無いな。

  8. PCR検査は時間がかかる。
    だから、PCR検査が必要だとされる人(=感染の可能性が高い人)は「隔離してから検査」にしないと、PCR検査の結果を待っている間に他人に感染させてしまう。

    抗原検査(または CT など)で陽性と診断された場合 → 隔離・治療
    陰性の場合で疑われる場合 → 隔離 → PCR検査
    PCR検査で陽性 → 隔離・治療(PCR検査で陰性 → 隔離解除)

    PCR検査は、院内感染防止のための来院者(特に急患)の検査には使えない。陽性だと仮定して感染防止策を採らなければならない。(院内感染するのはコロナだけじゃないから、当然やっていると思うが。)その上で、病院関係者や入院患者を必要に応じて PCR 検査するのは有効。

    一般人で PCR検査を望む人は、自己診断で暫定的に陽性なわけだから、防疫上は自己隔離すべきでそれでいい。症状があれば診断を受ければ良い。(医師が望んだのにしてくれなかったケースは、個別に事例を追わないと一般論にはできない。)

    要するに、陽性だと仮定して対応すべき・対応できるものは PCR検査の優先順位は低い。
    クラスタ潰しは無症状の人でも陽性・陰性の判別が重要だから優先順位が高い。

    検査の目的を整理して、その目的に合っているかやより良い代替手段は無いか考えて、システムを構築してみると良いと思うよ。定量的でコストまで考慮するとさらに良い。

    ま、抗原検査が本格的に立ち上がったら、PCR検査の話は無くなるよ。(他の病気では、ほとんど聞いたこと無いでしょ。2009新型インフルも初期は PCR検査だったけれど覚えていない。)

    1. >一般人で PCR検査を望む人は、

      ある相談センターでは
      ・掛ってくる電話_約2500件/日
      ・対応できる電話_約500件/日
      ・詳しく症状を聞く必要があると判断_約10件/日
      ・実際にPCR検査を勧めた_平均3件/日 
      大半の相談は極軽い微熱がほとんどで症状がない、検査が必要ないといっても納得してもらえない「あんたに検査を受けられない人の気持ちがわかるか」とか言うらしい。
      こんな人が病院へ行ってPCR検査をしてくれと行ったら、ほんとに症状のある人が医者にかかれていない情況は充分にある。(ref,日経5.14)

      日本でのコロナ感染者のスクリーニングというのは「コロナ脳のスクリーニング」を言うのであって、これはPCR検査能力をどんなに増やしても解決できる問題ではない。 

  9. 私は、「ハンマーとダンス理論」「十分な検査体制の整備」「人接触アプリの導入」この三つを口にする西村大臣に期待したい。
    以前にもコメントしたが、とにかく、再生産数を1以下で持続しないと、感染爆発が起こる訳だ。その為には理論上、人接触6割減を持続せねばならない。ただ、人接触6割減持続なんぞ、経済や国民の心が耐えられない。せいぜい耐えれても、私の感覚だと、人接触3割減持続ぐらいであろう。そこで、6割に足らない分の人接触3割減を補うのは、「検査による感染者の早期発見、その感染者にまつわる無症状感染者の早期追跡、早期隔離」これしかなかろう。
    感染の疑いのある人には、お願いをしてでも、検査を受けて頂く、いざ陽性となれば、隔離に協力して頂くのだから。
    「検査をしたら医療崩壊」なんてのは、本末転倒であって、「検査を必要とする人に迅速に検査をせず、市中で泳がせて、感染が拡大し、医療崩壊」これが、ついこの前、我々が目前にした事態だ。
    日本には、感染状況で先を行く諸外国の見本があるのだから、「再度、緊急事態宣言」などという無能な事は避けたい

    1. >「検査による感染者の早期発見、その感染者にまつわる無症状感染者の早期追跡、早期隔離」

      そもそもこの一般的、教条的お題目を今回のコロナの特徴を見間違えて相手をしてはならないのだと思う。
      感染者はどの様な時に他に感染するのか?感染者は必ず他に感染するのか?、自覚も発症もしない感染者が90%も居るらしい、感染者の実体、免疫も働くのかも解っていない。
      陰性になってもまた陽性になる例も多い、しかもPCR検査もは確実でもない。

      そんな状態で、総PCR攻撃で差別して隔離してしまえと言うのは過激と言うか情熱的と言うか、これは韓国の防疫の基本になっているのだろうけど、この激しさは現代の日本人には向かない。

  10. 東京の医師会が独自にPCR検査施設を続々と設置していますが、
    それでもPC検査を推進する意見を間違いだと言うのは、
    私の意見に向けて述べられていても、
    医師会の見立てに対して述べられていても、
    どっちであっても、
    同じ根拠でなくてはいけません。

    どういう根拠か聞きたいですね。
    あ、感度の議論はすごくアホらしいので要らないです。そんなこと皆が知ってて、それでもPCR検査をしているのは何故か考えてみればわかる事だし。何度説明しても理解できない人が突っかかってくるみたいなのでwwww

    1. >東京都医師会は4月17日、都内に最大47の「地域PCRセンター」を設置すると発表した。患者はかかりつけ医に電話で連絡。診察が必要な場合は、医療機関を受診する。診察の結果、新型コロナが否定できない場合は、地域のPCRセンターに紹介し、検査を受ける。都医の尾﨑治夫会長はこの日の緊急会見で、「PCR検査を帰国者・接触者相談センターにお願いしてもやってもらえない。病院にお願いしても病床が満杯で対応できない。こうした患者を交通整理しないと感染予防ができないと判断した」と述べ、かかりつけ医が協力してPCRセンターを作ろうということになった経緯を説明した。

      ttps://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=69132

      >診察の結果、新型コロナが否定できない場合は、地域のPCRセンターに紹介し、検査を受ける。

      ことを否定してないが??

      あんたは、「ガンガン検査、ガンガン(アビガン)投与」、すなわち「スクリーニング検査としてのPCR検査」なんじゃねーのか?w

      まったく、「人の主張を理解できないお人」ですなぁw

      それに
      感度40%でのアンタの計算では、「36%で真性感染者を見逃す」、つまり3人に1人強の感染者を見逃しても「それしか方法がないから仕方がない」程度の見識だしw

      前にも書いたが、
      アホが「もっとPCR検査しろー!」と騒ぐから、政府なり、医師会が対応せざるをえなくたった、とも言える。

      1. >それに
        感度40%でのアンタの計算では、「36%で真性感染者を見逃す」、つまり3人に1人強の感染者を見逃しても「それしか方法がないから仕方がない」程度の見識だしw

        前に(h外さず)リンク貼った、仲田医師の「感度・特異度グラフ」の意味、全く読み取れてねぇんだよなw
        (「見る価値もない」そーでw)

        「診察で、事前確率を上げる」ってことを、理解できていないw

    2. >ノブスケさん

      医師が必要と認める人にさえ、速やかにPCR検査が実施されていなかった新型コロナ初期段階、
      そんな時に、
      「むやみに検査をするな」と叫ぶのって、どうかと思うよね。
      「ガンガン検査せよ」と叫んでいたノブスケさんは、ま、どちらかと言うと、正解だったと、私は思うよ

      1. 軽症患者にPCR検査し、アビガン投与で重症化を未然に防ぐ。

        だったと思うけど。

    3. PCR検査を頼んでもして貰えない人の気持ちを解ってあげたんでしょ?。
      外来センターに電話してくる人の殆どが、頼んでもしてくれないシテシテ病らしいので、その対応です。

    4. さぁ、もう16時間くらいたったんだから、ナンとか言ったらどーなんだ?

      「感度特異度については(誰かを除いて)皆んな知ってること」
      かもわからんが、

      ワタシ的には「PCRが『入り口』に使えない理由」の際たるものが、「感度特異度」の問題だw
      mottonさんの主張する理由も正しいと思う。

      東京医師会のハナシの見出しだけ見て、「お、わかってるな!」と勘違いしたのかな?
      「東京医師会は、ガンガン検査やんけ!!」
      ってw

      東京医師会の今回のハナシは、多分、「ケンサーズ」対応の目眩しという側面もあるw
      「こうしてちゃんと、検査の窓口を広げてますよw(でも希望したからって誰でも検査できるわけじゃないよ)」
      っていう、言い訳さねw

      確かに、「医師の判断による、迅速な検査」は良いと思うよ。
      もちろん反対はしない。

      アタマ良い()のに、まんまと引っかかっちゃいましたねー(棒

      ちなみに、
      前の設問での正解について
      【(事前確率50%で)感度40、特異度90(%)における正しい対応】
      は、
      「各種診察で事前確率を上げて、新型肺炎を否定できなければPCR検査をする」
      だw

      アンタの計算にも疑義があるが、「36%で真性感染者を見逃す」なんて、「PCRは使えない」と言ってるのと同義w
      噴飯ものであり、主張が矛盾してるw

      「三人の感染者のうち1人強を見逃す確率」とは、「三人連続で感染者を見逃す事象」も普通に起こりうるw

      「数字のプロ(自称)」なんだろ?(大笑い)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。