韓国が目指す「結果の平等」。その恐ろしさ

ブログ表示に不具合があった場合(ツイッター経由でよく起こります)、リロード、またはここをクリックしてください

 

本ブログでは取り上げませんでしたが、仁川国際空港の正規職採用問題で、韓国では大きな騒ぎがありました。簡単にまとめると、政府(仁川国際空港公社)が、仁川国際空港の保安検査要員(非正規職)1900人を、正規職として直接雇用すると発表したからです。もちろん、待遇も相応の分、よくなります。

この件、普通に就職を準備していた人たちから、大きな不満が噴出されました。『ちゃんとした準備をしても就職できない人がこんなに多いのに、バイトを正規社員として採用するとはどういうことだ』というのです。これを、韓国では「イングックゴン(仁国空)事態」と呼びます。

本ブログで今日この件を取り上げたのは、韓国政府及び与党が、そんな不満を噴出する就業準備者たちを「マスコミのフェイクニュースのせいだ」「『金の匙』たちが愚痴を言っているだけだ」と話しているからです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

大統領府はこの件を、フェイクニュースのせいだとしています。非正規職が大きな得をし、普通に就業準備している人が被害を被ったとする内容のマスコミ記事・報道はフェイクニュースであり、それに騙されているというのです。ちなみに、フェイクでもなんでもありません。与党の重鎮でもあるキムドゥグァン議員はまたこの件で、「数年間就業準備をしても問題無い『金の匙(金スプーン)』たちが、愚痴をこぼしている」と話しました。

 

すでに正規職として雇用すると発表した分は仕方ないとして、「これからはもっと幅広い意見を受け入れる」と言えばいいでしょうに、なんで政府・与党はここまで攻撃的な態度を取るのでしょうか。その理由は、文在寅政府の進む道である「結果の平等」を守るため、「機会の平等」を主張する意見を敵として見なしているからです。以下、「デジタルタイムズ」というネットメディアの、ホン・ソンゴル国民大学行政政治学部教授の寄稿文です。

<・・最近の仁国空事態、保安検査要員の正規職化をめぐる公正性論議を見てみよう。キム・ドゥグァン議員は、激しい競争をくぐって正規職を達成した人こそが不公平であり、彼らは何年も試験の準備をすることができる金スプーンだと主張した。

仁国空事態が悪化すると、大統領府はマスコミの偽ニュースのせいだと言った。大統領府の見方こそが、大統領府が持っている「公正」がどういう概念なのかを自ら吐露したものである。すなわち、文在寅政府は、試験の「機会」が皆に開かれている機会の平等ではなく、非正規職自体をすべて取り除く公正、結果の平等を目指しているのだ・・>

https://news.v.daum.net/v/20200629190343825

 

結果の平等については、2018年の憲法案を説明するエントリーでも少しだけ取り上げたことがあります。文在寅政府が、韓国流に変形された「民衆民主主義(人民民主主義)」を目指しているのは、随分前から明らかです。「政府は、人が生まれて死ぬまで責任を持つ」とか言ってましたから。

大統領選挙の前、「文在寅は共産主義者だ」と話して、まだ裁判を受けているコ・ヨンジュ弁護士は、「共産主義は、昔は、『私も民主主義だ』と主張していた。しかし、文在寅政府の共産主義は、『私こそが真の民主主義だ』と主張している」と話しています。

 

北朝鮮は、「成分」というものを基準にして、人を50以上の階級で分けていると言われています。成分は、生まれと実績によって決まります。よって、貴族(労働党幹部)の子は、貴族として生きることができます。

その階級の中には、「人」に入らない人たちもいます。例えば、強制収容所の人たちは、成分が低過ぎで、「人(人民)」ではありません。言い換えれば、北朝鮮が言う「結果の平等」というものの平等とは、階級に応じて決まるものでしかありません。そういうこともあって、私は、北朝鮮の人民民主主義(韓国では民衆民主主義とも言います)でいう「結果の平等」という言葉を聞くと、「いや、それ、共産主義ですらない」と思ってしまいます。新しい身分制でしかありません。そんなもの。

とはいえ、そういうものでもなければ、韓国社会の「公正」という無茶な要求を満たすことが出来るのだろうか・・・そう思うと、複雑な心境です。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

本ブログの拙書のリンク(基本アマゾンリンクになります)は、アフィではありません。目次など紹介のつもりで載せていますので、よかったらお読みください。

新刊<「高文脈文化」日本の行間 韓国人による日韓比較論>が発売中(2020年5月31日発売)です!今回は、『日本語』本です。ふと感じた、この国の一員になるために自分自身に必要なもの。足りないもの。その「もの」に関する私の試行錯誤の記録でもあります。

・新刊「なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか(新書版)」が発売中(2020年3月1日)です!借りたお金を返さない心理が、今の日韓関係とそっくりである点を考察してみました。

・他のシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

・シンシアリーはツイッターをやっています。他のSNSはいまのところやっていません。ほとんどが更新報告ですが、たまに旅行先の写真をツイートする時もあります。よかったらチェックしてみてください。https://twitter.com/sincereleeblog

↓「いわゆる」いいねボタン↓
  • いいね!(曇るね!) (139)

“韓国が目指す「結果の平等」。その恐ろしさ” への51件の返信

  1. この非正規職の正規職員化が問題なのは、そもそも採用が公平でないからでしょう。

    もちろん採用に運がないわけではないが。

    1. そんなものでは無い 笑
      この仁川空港の(正規職員への採用基準)は知らないけど
      ・1年、非正規を通年で努めれば、正規職員への登用試験を受けられる
      ーーーなので、その前にクビ
      ・日常の勤務状態も評価項目
      ーーー上げる為にはワイロが必須

  2. 蟹は甲羅に似せて穴を掘る。
    では、甲羅に合わない穴に放り込まれた蟹はどうするか?
    穴を甲羅に合わせようとするに一票。
    穴に甲羅を合わせようとはしないだろう。

    「腐ってやがる。早すぎたんだ」

    1. 甲羅に合わない穴に放り込まれた蟹はどうするか?
      外部から接着剤を流し込むしかない!。
      で投票。

  3. まあ社会主義を目指してるムン政権だから、仕方ないんでしょう。
    思えばチェスンシルやナッツ姫、彼ら財閥特権や金の匙の象徴みたいなのに反発してできた政権でもあるし。
    平等にして貧富の差の無い社会にする。

    どうぞご自由にってとこかな。それまでに国家として財政や経済の状況が持つのかどうか。パヨクなんて経済的基盤を考えない机上の空論みたいなもんで、ついでに人のやる気も考えてないし。

    超格差社会から社会主義へ。どの辺で落ち着くのかなーーーー?
    というよりそれまで国がもつかなーーーーって興味。

  4. 実はこの「結果の平等」ってのは組織、ひいては国を腐らせるんですね
    その良い例が、実は今のアメリカです
    民権運動が盛んになった頃、1950年以降ですかね、人種差別撤廃と平等を叫ぶ余り、教育機関や各組織において「有色人種を一定以上採用する枠を作れ」ということになりました
    それ自体はまあ、ある程度理解できるのですが、その採用者の資質とか関係無しで、しかも努力目表ではなく法規制だったのが問題で
    例えば、10人採用するところ、有色人種枠が2人いたら、成績上位者が10人以上とも白人であったとしても成績下位者の有色人を採用せざるを得ない、と
    これ、モチベーションやモラールを著しく阻害することになるわけで
    さらに、単純労働とかならともかく、研究教育関係でこれだと社会全体の知的レベルも下げることになるわけです
    本来であれば「機会の平等」ということで、差が付きにくい年少の時代に平等に教育を行って、その結果として全体が平等になる、ってやるべきでしたのに

    その枠の結果が今のBLMに繋がっている、と私は考えています

  5. NHKを始めとする日本のメディアが、北に関するニュースを伝える際に必ず『北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国』と枕詞のように唱えていた頃を思い出します。
    それを聞くたびに、どこが民主主義やねん!、と突っ込んでましたが、ろうそく革命の頃から、韓国に対してもそう思うようになりました。

  6. ???
    非正規職員を「正規職員」にするってのは、ムン大統領の公約、仁川空港公社での非正規を正規職員にするてってのは、そのシンボルとして実施された事案。
     何故に騒いでる?
    ttp://japan.hani.co.kr/arti/politics/27289.html
    ttps://www.sankei.com/west/news/170517/wst1705170024-n1.html

  7. 「結果の平等」?
    そんな物かってにやればいい。
    「結果の平等」がもたらす「結果」は競争力の劣化だと思うけど。
    難儀なことだが、世の中に競争は必要だ。
    競争力がない=没落だ。
    だから「結果の平等」をやって没落すればいい。
    機会の平等で同じスタートラインに立たせ競争させ、勝った者を
    集めた組織。その組織がさらに他の組織と競争して、初めて強い組織ができる。
    会社だけでなく、学業・スポーツ・芸術にも同じことが言える。
    たとえ公社であってもまともな採用基準に達しない者を正社員
    として採用したら作業効率が落ち、国の負担が重くなる。
    どうせ他国のやる事だ。好きなようにしてください。

    1. そのとおりなんですね。
      機会の平等がなければ(エリート制度)、国は劣化し、競争に負けて没落する。

      結果の平等が、実現されれば、努力に利益はなく、やはり国は没落する。

  8. 他国のことばかり笑えません。日本の労働システムもシステム上は「非正規の正規化」をやるように意図してできており、法律の趣旨通りの運用なら非正規がどんどん正規化しなければいけないんです(そうなってないのは法の抜け穴を使っているから)。
    労働法制は基本的に「常態的(?)に働く人は基本的に正規雇用せよ」という建て付けです。もちろん日本ですよ。
    現実的には、正社員は難しい試験をパスして入った人、非正規は使い捨て的に雇用されているんですが、法律上の区別は「期間を定めての雇用」「期間の定めのない雇用」で、期間の定めがあるのは「一時的な仕事に従事させる目的だから」です。ということは、永続的に存在する業務の場合は本来は非正規ではなく正規雇用を充てなければならない、というのが「日本の法律上の建て付け」です。

    現実的にはそんなことしたら会社がパンクするので誰もやってないのですが、法律上は「脱法行為」で、大衆迎合的な左派政権が誕生すれば今回の空港職員事件と同じような事が起こりかねません。法律を変える必要はなく、「法律通りにやれば」そうせざるを得ないからです。

    諸悪の根源は「終身雇用」です。終身雇用は「正社員の定年までの雇用を守る」ためにあるのではなく、「すべての労働者の雇用を定年まで守る」ように設計されていて、非正規はあくまでも例外措置だからです。当たり前です。「難しい試験を受けて合格した一種の社会的強者」を保護する必要なんか本来ないはずですから。

    ここを読んでいらっしゃる会社員の方。ご自身の雇用を守っている法律が「真っ赤っか」の思想でできていることはご承知いただいておいてもよいと思います。

    1. >諸悪の根源は「終身雇用」です。終身雇用は「正社員の定年までの雇用を守る」ためにあるのではなく、「すべての労働者の雇用を定年まで守る」

      これは、全くの間違いで。日本の労働慣行の善は
      終身雇用に集約されてる。

    2. 諸悪の根源、という書き方はまずかったですね。単なるシステムですからメリットデメリットと割り切って書くべきだったかもしれません。
      ご指摘の通り、終身雇用が日本の発展に寄与した事は確かです。メリットもあります。しかし、デメリットもあります。日本が経済産業成長期だった頃はよく機能したのかと思いますが、ギグエコノミーの時代にはマイナスに働くことが多いです。これは職種や業種によるので「すべての労働」に終身雇用がマイナスだ、という事はないのですが、すべての労働にフィットするわけでもありません。企業が個別に「当社は終身雇用だ」として制度を作るのは勝手なのでいいのですが、向いてない職種や産業にまで強制するのはおかしいと思っています。

      1. >向いてない職種や産業にまで強制するのはおかしいと思っています。

        日本で終身雇用って強制されているのです?
        それはどこの法律ですかね。

        永続的に存在する業務の場合は本来は非正規ではなく正規雇用を充てなければならない、これは終身雇用を意味しません。

        本来は戦前のような、口入(派遣業)による中抜きを防ぐための代物ですよ。会社側が自由に労働者の雇いやめをできるとするなら、労使のバランスは経営者側にひどく有利になります。

        借地借家法でも同じですが、いつでも大家が出て行けと言える契約では、借家人は弱い立場に追い込まれるのです。

        正規雇用でも、会社は解雇をすることが可能ですが、それには余分な期間と賃金が必要です。

        結果的に雇用の安定は、実際には非正規雇用者の利益にもなるのです。(雇用としては格差があるが、正規雇用により、非正規雇用者が少なくなれば、非正規雇用者はむしろ競争率が減って雇われやすくはなる)

      2. まず、法律(制度)上は争う余地なく「強制」ですよ。もちろん日本の話です。労働契約法(16条)で解雇には厳しい縛りをつけると書かれており、その縛りは判例で確立していて、かなり労働者側に有利な判例が積み重なっている。企業側からの「任意での解雇はほぼ無理」です(解雇してもいいが裁判したら負ける)。ただ定年は例外ですから、事実上「定年までの雇用が強制」ですよ。

        >永続的に存在する業務の場合は本来は非正規ではなく正規雇用を充てなければならない、これは終身雇用を意味しません。

        正規にしろ=終身雇用の枠に入れてやれ、です。

        >正規雇用でも、会社は解雇をすることが可能ですが、それには余分な期間と賃金が必要です。

        ん?。希望退職と混同していませんか?。一定のお金を積んで解雇(=金銭解雇)を容認(合法化)するという話は労働団体の頑強な反対で実現していないはずですが。

        まあ確かに「オマエ、明日ら来なくていい!」は理不尽だと思う。30日の解雇予告手当ても少ないと思う。次の仕事を探すまでの合理的な期間分の生活費が支給されるなら、企業側が有利かどうか知らんけど、理不尽ではないでしょ。

        >雇用の安定は、実際には非正規雇用者の利益にもなるのです
        それはないって。企業実務としては非正規は蜥蜴の尻尾。本体を守るためのね。だから本体を守ろうとすればするほど尻尾は切られやすくなるだけ。

  9. イスラム的な発想かと思いきや、まだまだだな。ま、いいんでないの?韓国だし。いろいろ勉強して先に進めば良い。

  10. 「平等という名の不平等」だな。
    今 日本もそうだが欧米で「平等にしろ」や「差別反対」と盛んに叫んで活動している奴らの行きつく先は「不平等で差別しかない世界」。

    あなたの着ている服・持っている物・住んでいる家・あなたが受けているサービス ほとんど全て、発展途上国など あなたより貧しい人が係わっていますよ。
    これでは、生きていること自体が「差別」になる。

    この世は不平等だからこそ上手く回っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿、外国からの投稿はできません。また、コメントにリンクを含む場合は冒頭の「h」を外してください。全てスパム対策です。申し訳ありません。あ、そして、メアドの入力は必要ありません。