POSCO会長、日本で神社(?)に参拝したと国会で叩かれる

本ブログとしては珍しく、日本語記事(ヤフー)があったのでそのまま紹介します。中央日報です。POSCOの会長が、日本で「参拝」した写真のせいで、国会で「こんなことをしていいと思っているのか」と叩かれました。最後にちょっとオチもありますのでぜひお読みください。

 

<<22日、韓国国会で開かれた環境労働委員会産業災害聴聞会に証人として出席した企業代表に対する与野党議員の叱責が殺到した(※「役員の息子を特例採用する」という疑惑が主な案件だったと聞きました)。この過程で、案件とは関係がない「神社参拝したかどうか」を尋ねる質問まで登場した。

与党「共に民主党」の盧雄來(ノ・ウンレ)議員はこの日の聴聞会で、鉄鋼最大手ポスコの崔正友(チェ・ジョンウ)会長の訪日写真を公開して「東京で神社参拝に行きましたね、このようにしてもかまわないということなのですか」と叱責した。写真には、日本のある宗教施設で合掌している崔会長の後ろ姿が含まれている。

 

チェ会長は「神社ではない」と否定した。ところが盧議員は、続けて説明しようとする崔会長の言葉を遮りながら「行ったことは認めるか」と再度尋ねた。これに対して崔会長は「2018年10月に世界鉄鋼協会総会中、休憩時間に韓国観光客が多く訪れる寺を訪問した」と答えた。続いて「(写真の)上段を見れば『寺』という字がある」とし「神社ではなくて寺」と強調した。

 

崔会長の言葉のように、盧議員が公開した写真の右側上段には「寺」という漢字が見える。また、聴聞会以降にポスコ側が公開した原本写真には崔会長の前に置かれた祭壇に「南無阿弥陀仏」と書かれた紙が貼ってあるところも鮮明に見える。当時、崔会長が訪問した寺は東京タワー付近の増上寺で、1393年に創建された古刹だ>>

 

 

日本の「寺」は神様を祀ることもありますから微妙ではありますが(参拝された場所は違いますが確か増上寺の境内に神社もありました)、国会でこんなこと言われる不思議さに比べると誤差の範囲な気もします。

で、ここからは日本語版(ヤフー版にも中央日報にも)には載ってない部分ですが、写真がちょっと妙です。

↑この写真が、ノ議員が証拠(?)として持ち出した写真です。上下が圧縮されたような、比率がおかしくなっているのが分かります。

 

そして、この写真が、POSCO側が出した写真です。よく見ると、ノ議員が出した写真は、寺紋が見えなくなっているのが分かります。増上寺は有名な寺ですから、この写真だけで分かる人も多いでしょう。2枚共に韓国語版(ネイバー)からのキャプチャーとなります。

 

ノ議員、最初から「増上寺」だと分かっていて、それでも神社参拝したということにしたいからわざと写真を加工して、こんな騒ぎを起こしたのではないでしょうか。邪推ではありますが、そんな気がしてなりません。一部ではありますが、韓国では、日韓問題に関する事案(賠償判決)に対し、請求権協定で大きな得をしたPOSCOがお金を出すべきだという意見も出ています。

一行だけの追記・・朝鮮日報は、ちゃんと「わざと写真を加工したのではないか」と疑惑を提起しています

 

 

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、予約受付中です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+104

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5