相星大使も韓国大統領・外交部長官に会えず・・このまま「固着」か

カン・チャンイル氏が就任1ヶ月近く菅総理や茂木外相に会えず、韓国に就任した相星日本大使も一昨日信任状写本を提出しましたが、相手は外交部次官で、外交部長官や文在寅大統領とは会えませんでした。日韓外相(韓国では外交部長官)は電話通話の日程すら決められずにいる、とも。日韓関係の悪化というフレーズをよく見ますが、もはやこのままの「固着」、これが普通の関係になるのではないか、と思われます(これは記事からの引用ではなく私見です)。

信任状には写本と正本(原本)があって、韓国の場合、外国の大使が就任すると、まず外交部長官に写本を提出します。その後、外交部長官と面談し、大統領と会って正本を提出するのが一般的だそうです(ソース記事より)。ただ、写本を提出した時点から大使としての仕事はできるので、大統領に正本を提出できなくても大使としての業務を始めることはできます。以下、ニュース1の記事から部分引用してみます

 

<<・・アイボ大使は26日、外交部庁舎を訪れ、チェ・ジョンゴン外交部第1次官に信任状のコピーを提出した。信任状とは、派遣国の国家元首が接受国(※この場合、韓国)の国家元首に送る、大使を保証するという内容を盛り込んだ外交文書である。今回の場合、菅義偉日本総理がムン・ジェイン大統領に相星大使の「身分証明書」を送ったのだ・・

・・一般的に、派遣国大使は信任状の写本の提出手続きを終え、外交部長官(※外相)と面談をして、大統領に信任状正本を提出する。しかし、相星大使はこの日、チェ次官とだけ会って写本を提出した。チョン・ウィヨン外交部長官と文大統領との面談は、日程すら無い状況である。

 

チェ次官は相星大使に「両国関係が困難になるほど外交当局間のコミュニケーションが重要だと言い、今後緊密にコミュニケーションしたい」と強調した。相星大使は「在任中コロナが安定して、日韓間の人的交流協力復元などに貢献できるように努めていきたい」と述べた。

双方は、過去の問題については、強制徴用と慰安婦問題について、両国政府の原則的な従来の立場を繰り返したとみられる。外交部は面談プレスリリースには、これといった内容を載せなかった。

 

外交部内外の情報筋は、相星大使がチョン長官はなくチェ次官に会ったことで、事実上「相互主義」次元の対処という分析を出す。カン・チャンイル駐日大使は先月22日、赴任後一ヶ月以上、茂木外相と会っていない。チョン・ウィヨン長官が9日に就任したが、韓日外交部長官の間の通話がまだ行われていないという点もある。外交部によると、韓日外交部長官通話は、日程も決められないでいる状況だ。カン・ギョンファ前長官が就任後初の通話相手が日本で、ユン・ビョンセ元長官も就任3日目に日本と通話したことを考えると、対照的だという指摘だ。

一方、チョン長官は18日、韓日関係の改善のために、米国の仲裁を受けることもあると述べている。これにより、一部では「韓米日3角共助」を重視し、バイデン政権が韓日関係の改善に本格的に「介入」する可能性があるという観測を出したりもする>>

 

 

こういうのもコンピューターシミュレーションでやればどうでしょうか(美少女ゲームみたいに立ち絵が2枚出たりして)・・かどうかはともかく、

もちろん、米国としては今の日韓関係が気になるでしょう。韓国内でもこの点については意見が分かれており、『トランプとは違うから積極的に介入してくれる』という人も、『米国とてこれといって出来ることがないし、あったとしても大して韓国に有利な展開にはならないだろう』という人もいます。日米韓3角協力というのも、結局は『安保』面がメインの話です。その点からして、最近の韓国のスタンスが、果たして米国に『3角』を理由に何かを要請できるものなのかどうか。『インド太平洋』から韓国を完全に排除しているバイデン政府の動きもあるし、個人的に、『何かの形で介入はあるだろうけど、韓国が喜ぶ展開にはならないだろう』と思っています。多少の願望が入っている点も否定はしませんが。

余談ですが、相星大使はチェ次官と会った際、韓国で言う強制徴用や慰安婦賠償判決などで『日本の立場を説明した』としています。

 

今日は、拙著『恥韓の根源』の発売日です。さっそく書店めぐりに出かけますので、次の更新は少し遅れると思われます

ありがとうございます。ついに発売です!(地域によって少し差があります)

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+98

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5