北朝鮮「ラムザイヤー教授は学者ではない親日分子だ」

北朝鮮(朝鮮中央TV)が、ラムザイヤー教授を強く非難しました。『学者の仮面をかぶった親日分子(親日派)だ』という、どっかで聞いたような内容です。以下、国民日報の記事から部分引用してみます。

 

<<北朝鮮メディアも、日本軍慰安婦被害者を「自発的な売春婦」と規定した論文を書いたマーク・ラムザイヤー米ハーバード大学ロースクール教授を強く批判した。対外宣伝媒体「朝鮮の今日」は2日、社会科学院歴史研究所室長との対談記事で「過去の罪を隠し通そうとする日本の反動どもの厚かましく破廉恥な妄動を、極力擁護しようとして日本軍性奴隷被害者を自発的な売春婦だと冒涜し卑下した者は、それすなわち学者の仮面をかぶった米国のハーバード大学教授ラムザイヤーだ」と非難した。

 

媒体は、日本政府や朝鮮総督府が売春を強要せず慰安婦被害者がお金をたくさん儲けたというラムザイヤー教授の論文の内容は、事実ではないと説明した。それとともに、これは日本の右翼の主張とも変わらないと付け加えた。また、ラムザイヤー教授の履歴を取り上げ、「親日分子」であることを強調した。彼は日本の戦犯企業 三菱の後援を受けただけでなく、過去にも慰安婦問題を歪曲する記事を発表して旭日勲章を受け、関東大虐殺を美化した。媒体は韓国はもちろん、世界各国の学界と政界関係者もラムザイヤー教授を批判していると指摘した・・>>

 

本エントリーの趣旨は、二つです。一つは、「韓国と北朝鮮が自由民主主義という価値観を共に受け入れる日は来ないだろうけど、反日という価値観ならすでに共に受け入れてある」ということ。もう一つは、北朝鮮側からも証拠の提示は無かったことです。

いつもなら北朝鮮がまっさきに非難して、韓国の国会議員や市民団体がほぼそのままの文章で非難の声をあげるパターンが多いですが(ハリス大使への非難など)、今回は北朝鮮の反応が多少遅い気もします。韓国側から応援要請でもあったのでしょうか。それとも、韓国の40以上の女性団体がなぜか「韓米軍事訓練の取り消し」を要求したことへのご褒美かもしれません。

 

 

ありがとうございます。ついに発売です!(地域によって少し差があります)

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンの目次・説明、ぜひ本ブログの紹介エントリー導入部を事前公開しております)もお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+87

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5