日本大使館前の違法デモ、与党議員などが支持表明し警察は何もできず

韓国で反日デモといえば旧日本大使館周辺(慰安婦像があるところ)ですが、この件は現在の日本大使館のことです。処理水放流のことで、日本大使館の前で座り込みデモが発生しました。事前申告もしていない違法デモで、いまも進行中です。さすがに韓国警察からしても放置できないと判断、デモ隊を遮断して「最小限の電気と食糧」以外は搬入を遮断する作戦で解散を試みましたが、国会議員など、いわゆる「大物」たちが次々とデモ隊を訪問、支持を表明し、警察の解散作戦は失敗しました。以下、朝鮮日報の記事から部分引用します。

 

<<・・18日、警察によると、親北・反米性向の「韓国大学生進歩連合」が主導する「日本放射能汚染水放流阻止大学生緊急籠城団」所属の5人が、16日午後から在韓日本大使館が入居したソウル鍾路区ツインツリータワーの前で3日間「不法座り込み」を続けている。 「日本政府の福島汚染水 海洋放流決定を糾弾する」というのが彼らの主張だ。警察関係者は「どのような申告もなかった、明白な不法集会」とした。

これらは去る16日、日本大使館の前で記者会見を終えた直後、奇襲的に座り込みデモに突入した。また、「抗議書簡を日本大使に伝える」という名分で、持続して大使館への進入を試みたが、警察に阻止された。日本大使館の建物の前は、集会およびデモに関する法律(集示法)と外交慣例などを考慮して、警察が集会を許可しないところである。このような事情で、これまでの日本政府の糾弾する性格の集会は、主に大使館から100mほど離れた少女像(※慰安婦像)が位置する旧日本大使館近くで開かれてきた。

 

警察は、違法な座り込みが長期化する兆しを見せると、自主解散を誘導して規模が大きくなることを防ぐために、解散命令を下した後、座込み場内に追加参加者の進入を遮断するポリスラインを設置した。最小限の生活必需品のほか、座込み場への各種物品と電気供給も遮断した。デモ隊は警察に座り込み人員追加投入を要求したが、警察はこれを拒否した。この過程で、一部の参加者が警察との物理的な衝突を起こした。

 

警察の「孤立させる」作戦は、与党議員が座り込み現場を訪問し、失敗した。共に民主党チン・ソンジュン、ヤン・ウォンヨン・チョン・ヨンギ議員は17日午後、順番に現場を訪れ、座り込みを奨励し、支持発言をした。議員らはデモ隊を取り囲んで座込み場への進入を防ぐ警察に直接抗議した。ヤン議員は、デモ隊が徹夜座り込みを継続することができるように追加の防寒用品などの搬入を許可することを警察に直接要求した。

17日夜には、開かれた民主党カン・ミンジョン議員も座り込み現場を訪問し、デモ隊を激励した。与党・親与党議員4人が相次い不法座り込みを激励・支援し、集会解散を誘導する警察を間接的に圧迫したわけだ。

 

議員が訪れた後、進歩連合の座り込み隊は「親日警察」「警察の根拠のない違法公務執行」などを主張し、徹夜座り込みを続けていくという意味を明らかにした。現場を訪問した議員たちは、自分のFacebookに現場写真と一緒に「代わりに戦ってくれる学生がありがたい」とし「意見を表出できるように助ける」という内容の文を載せて、オンライン上でも支援に乗り出した。

現場の警察の間では不満が出てきた。警察は、「明白な集示法違反である未申告集会を徹夜で制御したのに、与党議員が訪問し、すべての苦労が水の泡になった」、「日本大使館の正門不法座り込みは前例のないことだが、与党議員が訪問して、一瞬で合法のようにしてしまった」と話した。他の警察は「日本がいくら憎くても、外交公館は絶対保護をしなければならない。相互主義的な観点から、私たちも保護される。国会議員が外国の韓国外交官たちを危機に追い込むようなものではないか」とした。

与党関係者の不法座り込み集会への支持は、ずっと続く見通しだ。進歩連合によると、イ・ジェジョン共に民主党議員、キム・ウォンウン光復会長、民族問題研究所など与党・親与党関係者が追加で訪問する予定であると伝えられた>>

 

韓国にとって「法」というのがどんなものなのか、よく分かる案件でもあります。

 

ありがとうございます。新刊が発売中です!

拙著のご紹介♨・・以下、拙著のご紹介となります。本の題の部分はアマゾンリンク(アソシエイト)になります。リンクされたページで電子書籍版もお選びいただけます。

新刊<恥韓の根源>、発売中(2021年2月28日)です。ありがとうございます!100年前の併合時代、1965年基本条約締結を前後しての時期など、古い記事を考察し、それらから今の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。アマゾンで試し読みもできますので、ぜひお読みください。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)>も発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。高文脈文化 日本の行間>は、私が日本で暮らしながら感じた、日本、特に『日本語』の不思議な魅力に関する本です。

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してください。サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

+111

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5