米国、「慰安婦は親の借金を返すため体を売った女性です」とする大学教材が登場

米国で、慰安婦は親のために売春した女性たちである、とする内容の大学教材が出版されました。日本系米国人教授が書いた本です。まだ新しい教材だそうで、影響力については未知数です(韓国史というのがもともとマイナーなこともありますが)。しかし、ラムザイヤー教授の件といい、『どうみても性奴隷ではない』という認識が少しずつでも拡散していくのは、実に望ましい流れでありましょう。「The new Korea(日本語版 THE NEW KOREA 朝鮮が劇的に豊かになった時代)」の紹介としてスタートした本ブログなだけに、特にそう思います。以下、聯合ニュースの記事です。

 

<<日本軍慰安婦は、親の借金を返済するために先給金(※前金)契約をして、自分の体を差し出した女性だという内容を盛り込んだ韓国史の大学教科書が米国で出版された事実が、一歩遅れて確認された。イ・ジンヒ イースタンイリノイ州大学史学科教授は2日(現地時間)、米国の教材専門出版社である「Cognella academic publishing」が、日本の右翼の歪曲された歴史観を盛り込んだ教材「東アジアで韓国の形成:韓国史」(The Making of Korea in East Asia:A Korean History)を出版し広報してきたと明らかにした。

 

日系アメリカの学者であるチズコ・アレン ハワイ大博士が執筆し、昨年12月1日出版したこの本には、古朝鮮から21世紀まで韓国の歴史を通史的に扱った。この本には、朝鮮が日本の植民地になった後の状況について、「1930年代の朝鮮人売春仲介業者は、より多くの利益を得るために朝鮮人売春婦を満州と日本、中国に送った」という内容が記述された。特に「一部の女性は、朝鮮人仲介者に騙さえたり拉致されたりもしたが、それ以外の女性は自分の体を売ったり、家父長制度において家長の借金を返済するために、前金を受けて、2〜3年間売春をするという契約書に署名した」という主張が載っている。続いて日本軍慰安婦にも、このような朝鮮人の売春婦募集方式がそのまま適用されたという論理を展開した。

 

アレン博士は韓国史教科書で「日本軍が1930年代末から1945年まで、中国と東南アジア、太平洋の戦争地帯で必要な慰安婦を募集する時も、仲介業者が、貧しい朝鮮人家族から女性を斡旋する方式が用いられた」と断言した。慰安婦問題を「売春業者」と「予備売春婦」の間の契約行為と規定したマークラムザイヤー ハーバード大学ロースクール教授の論文「太平洋戦争の性契約」と同じ主張が、米国で教材の形で出版されたのだ。また、アラン博士は、日本の植民地支配にも「1931年から1936年までの宇垣一成 朝鮮総督時代の朝鮮人は、文化的成長と楽観主義の時代を続けて享受した」と記述するなど、日本の右翼の視点を反映したことも確認された。

 

現在、カリフォルニア州をはじめとする米国の一部の地域の高校の教材には、日本軍慰安婦被害が記述されているが、日本の右翼の主張を盛り込んだ大学歴史教材出版により、歪曲された歴史認識が米国内で拡散することもありえるという憂慮も提起されている。「アジア歴史シリーズ」で企画されたこの教材は、現在アマゾンをはじめ、バーンズ・アンド・ノーブルなど米国の有名書店で販売されている。ただし、市場に出てきた期間が短く、どれだけ多くの大学で使用されているのかは確認できない状況である。出版社側は歴史歪曲を盛り込んだ教材出版の経緯を尋ねるイ教授の質問に「この本は同じ分野の専門家が審査するピアレビューを経ていない可能性があるように見える」、「もっと調べてみる」という反応を見せたと伝えられた。アラン博士は、最近、日本の右翼学界と連携して積極的な活動を広げてきた学者だ・・>>

 

ラムザイヤー教授の件から考えると、この教材の内容は誰か一人が書いたのではなく大勢の学者たちの研究によるものであり、教材を出す出版社が『やはり事前審査しなかった』と出版停止する可能性はそう高くないと思われます。とはいえ、米国で韓国系の攻撃は実に執拗なものなので、推移に注目したいと思います。今の所、韓国マスコミではラムザイヤー教授のときのような『超特大炎上』は見られていません。

記事によると、アレン教授は、韓国側の学者(反日種族主義の著者陣など)と連帯したり、3月にも米国で開かれたアジア学会で、個人発表者の資格で「日本の強制動員は無かった」との論文を発表したこともある、とのことです。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

本ブログのコメント投稿、VPN・PROXYからはうまくいかない場合があります。リンクはhttpの「h」を消してくださいサブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。サブブログは、コメントに返信可能な仕様です。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

+130

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5