韓国大手紙「韓国にヤンセン100万回分くれた米国、台湾にはモルデナ250万回分を送った」

別に意図してつなげているわけでもありませんが、1つ前のエントリーとそのまま繋がる内容の記事がありました。「韓国にヤンセン100万回分くれた米国、台湾にはモルデナ250万回分を送った」という、情けない題の記事です。以下、中央日報の記事から部分引用します。<<>>が引用部分となります。

 

<<ジョー・バイデン米政府は19日(現地時間)、台湾にモデルナ ワクチン250万回分を送った。これは当初、米国が台湾に支援を約束した新型コロナウイルス感染症(コロナ19)ワクチン75万回分の3倍を超える。最近、中国から政治的、軍事的圧迫を受ける台湾を支援しようとする意図と解釈されるとロイター通信は伝えた。

台湾に支援したワクチンは、バイデン大統領が先月、全世界に無償供与すると発表したワクチン8000万回分の一部だ。米国が今月初めに韓国に送ったヤンセンワクチン100万回分と同じだ。ただし、韓国は1回接種する「ウイルス伝達体」方式のヤンセンワクチンを、台湾には2回接種するmRNA方式のモデルナワクチンを提供した点が違う。

米国が台湾に送ったワクチンは、125万人分で、台湾の全人口2300万人の約5%が接種することができる。先に米国が韓米首脳会談後、韓国にワクチンを寄付すると発表したとき、韓米外交関係者たちはファイザーまたはモデルナ ワクチンをくれるだろうと期待していたが、米国は韓国にはヤンセンワクチンを提供した。米国は最近、メキシコにもヤンセンワクチン130万回分を送った。国によって支援するワクチンの種類が異なる理由を、米国は説明しなかった・・>>

 

『まずは有り難いと言うべきでしょうが』は前のエントリーで書きましたので、また書くこともないでしょう。でも、題もそうですが、本文から漂う『韓国が台湾よりもっと多く、もっと良いものをもらうべきだ』とするこのニュアンスは、本当に見苦しいかぎりです。

文政府が「外交成果」とする内容は、どれもおかしなことばかりです。でも、保守勢力がその文政府を責めるためには、支援してくれた国への感謝すらも邪魔になるということでしょうか。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5