韓国与党、文大統領訪日霧散で「日本政府に強い遺憾」「私たちは最後まで努力したのに日本が拒否した」

予定通りの展開ですが、韓国与党が「私たちは最後まで努力したのに、日本が拒否した」「日本は反省しない態度から改めるべきだ」などと負け惜しみを言いました。ファイナンシャルニュースから引用します。<<>>が引用部分となります。

 

<<文在寅大統領が東京オリンピックに合わせて訪日しなくなったことで、与党である共にともに民主党は19日、日本政府に対し「未来志向な韓日関係にしたいなら反省しない態度から改めろ」と批判した。ゴ・ヨンジン 共に民主党首席スポークスマンはこの日のブリーフィングで「最後まで両国の発展的関係形成のために頑張った私たちの政府の努力を事実上拒否した日本政府に、強い遺憾を表する」と述べ指摘した。

ゴ スポークスマンは、「韓日両国が直面懸案問題を解決し、未来志向の協力関係をもたらすための対話の場が設けられることを願ってきた」とし「大統領府は、両国間の協議で、かなりの理解接近があったが、首脳会談の成果という面では不十分だと発表した」と説明した。

続いて「日本政府は、軽率な言論プレイ(※マスコミ利用)、総括公使の妄言、独島(※竹島のこと)表記まで、韓日関係改善のための何の努力も見せなかった」、「日本政府が本気で両国の善隣友好と未来志向の協力関係を望んでいるなら、今すぐにそのような態度から変えることを望む」と促した。その一方でゴ スポークスマンは、「コロナパンデミックの中で行われる東京オリンピックが世界人の祭りとして成功的に開催することを願う」と話した>>

 

「成功的な開催を願う」にここまで説得力が無いのも珍しい気がします。いや、誰もいないところで、壁に自分で自分の頭をぶつけまくるのも努力と言えば努力です。ものすごいエネルギーを必要とする努力ではあります。でも、それに何の意味があるのか、と。

あと、例の「外交王 ナオナニナー」発言の相馬公使ですが、日本政府は「懲戒」までは考えていないという記事がありました。こちらは聯合ニュースです

<<日本政府は、文在寅大統領と関連した不適切な発言で物議をかもした相馬弘尙 日本大使館総括公使を交替することを検討しているものの、それに対する懲戒には否定的な立場だと、日本のマスコミが報道した。19日共同通信によると、日本政府は、相馬総括公使をすぐにでも人事異動させる方向で検討中であると、日本政府関係者が明らかにしたという。これは相馬総括公使の発言が韓国で起こした反発を考慮した、事実上の「更迭」ではあるが、日本政府は国家公務員法に基づく懲戒処分を下すことには否定的な立場だと、通信は伝えた・・>>

 

次の更新は、14時~15時の間になります

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。

新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。「反日」異常事態(2020年9月2日発売)が発売中です。いわゆるK防疫として表出された、韓国の反日思想の本性である『卑日(日本を見下す)』とその虚しさについて主に考察しました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5