駐米韓国大使、国政監査で『米国は、日韓関係の責任が日本にあると思っている』『韓国が対中牽制で完全に足並みを揃える必要は無いと見ている人も多い』『米国は終戦宣言に真剣に取り組んでくれている。断言できる』

今日、日韓首脳通話があるのではないかという報道もあります(昨日まで「選挙を意識して韓国と通話しない~」としていた韓国側の無数の記事は、なんだったのでしょうか)。ですが、つい昨日の参議院本会議でも岸田総理は「韓国が解決策を用意すべき」と話したばかりであり、『結婚してください』などの通話は期待できないのでは、と思われます。

そんな中、駐米韓国大使イ・スヒョク氏が、「米国は、日韓関係の責任が日本にあると思っている。完璧に韓国を理解している」と主張しました。国会が各機関の監査を行う『国政監査』でのことです。以下、ソウル経済の記事から引用してみます。ちなみに、本件、ほとんどのメディアは『日韓関係は日本の責任』の部分だけ取り上げていますが、ソウル経済など一部はそれ以外の案件についても書いています。<<>>が引用部分となります。

 

<<・・梗塞された韓日関係と関連しては「(※米国側に、日韓関係が)難しい原因が韓国にあると見る認識は、断言していいが、無い」とし「米国は、日本の立場が強硬すぎるのが、韓日関係問題の原因だという立場だ」と述べた。それとともに「米国高官が日本に行って話もしており、国務省高官も、韓日両国の高位層を呼んで話を続けている」とし「日本は、米国があまりにも積極的に介入していること不快に思っている」と説明した。現在、日本では菅義偉内閣に続き、岸田文雄新首相も葛藤の原因である徴用問題(※旧朝鮮半島出身労働者問題)がすでに解決されたと強硬な立場を続けている・・>>

 

さぁ。『その可能性もゼロではないだろう』を前提にする必要があるでしょうけど、他に大使の発言には、『文大統領が望んでいる内容』という共通点があります。クアッドに関しては『韓国の加入を望んでいない(※加入を悩む必要が無いという意味になります)』と、野党側が主張する戦術核配置は『ありえない』と、朝鮮戦争終戦宣言については『米国側は真剣に取り組んでくれている』、対中牽制(インド太平洋戦略)については『韓国が完全に足並みを揃える必要は無いと思っている人も多い』、北朝鮮問題では『対話の可能性が見えてきたとの分析が多い』としています。もう少し引用してみます。

 

<<・・ムン・ジェイン大統領が提案した「終戦宣言」に対する米国の反応は、「真剣に検討している」と明らかにした。彼は「米国は、終戦宣言のことでちゃんと取り組んでくれないでいる」とするキム・ホンゴル無所属議員の質疑に「米国が取り組んでくれないでいるなんて同意するわけにはいかない」とし「米国は真剣に取り組んでくれているし、合目的性を理解している」と述べた。それとともに終戦宣言の目的と方法、過程、影響力などを、韓米高位層が緊密に協議していると言及した。

キム・ジョンウン北朝鮮国務委員長などの名義で出てきた北朝鮮側の談話などについては、「(※米国側は)最近、北朝鮮の一連の発表文の解釈において、南北と米朝対話が多少前進できる要素があるという分析も多い」とし「北朝鮮の立場を見守るだろうけど、状況になれば、適切な打開策が用意されるだろうと期待しているのだ」と主張した。続いて「北朝鮮との対話のための友好的な雰囲気を造成するため、人道支援をはじめとする様々な信頼関係を構築案を、米国と協議している」と説明した・・>>

 

別ソースですが『完璧に韓国を理解している』『韓国の立場を非常に理解してくれており~』などなど、それはもう完全に『月光』モード・・心が曇った私にはそう見えました。さぁ。『その可能性もゼロではないだろう(先よりさらに冷めた語調で)』を前提にする必要があるならあるでしょうけど・・なんというか、言わば『文大統領ファンクラブ』みたいな話ではないのか、そんな気もします。少なくとも表面的に見えてくる関係では、日本のほうは、特に『自由で開かれたインド太平洋』戦略において中心に立っています。韓国は米国の中心政策に入れないでおり、また、韓国はその状態に安心している、『韓国が偉いから特権を認められた(中国と衝突せずに済んだ)』と喜んでいるようにしか見えませんので。タイミング的に、サンフランシスコ領事が『なんで慰安婦像関連イベントに参加しないのか』と叩かれた直後になりまが、それとも関係があるような、無いような。

 

拙著『日本語の行間~韓国人による日韓比較論~ (扶桑社新書)』の一部が、また『プレジデント・オンライン』で記事になりました。今回は新書判の新章の一部ですので、よろしければぜひお読みください(・∀・)ノ

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、「題の部分」はアマゾンリンク(アソシエイト)になりますのでご注意ください。

日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が2021年9月2日から発売です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。言語の、街の、日本の、日本人の行間。そして、日本で見つけた「会話の中の『ありがとう』」。「ありがとう」たる行間の中に、また一つ隠れていた素晴らしい行間。それらについてに考察した本になります。

「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>が発売中(2021年4月29日発売)です。日本滞在4年目になって、日本で手に入れた日常、そして、ラムザイヤー教授の論文にまつわる話、それらから見えてきた、日韓比較論です。・新刊<恥韓の根源>が発売中(2021年2月28日)です。併合時代の朝鮮半島のハングル記事、1965年基本条約締結を前後しての記事など、古い記事を考察し、『今』の韓国の反日思想の矛盾を浮き彫りにしてみました。他の拙著についてはここにまとめてあります

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2021 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5