韓国、新規感染者3928人・重症患者647人・死亡者56人、、、労働組合は2万人規模の違法デモを敢行

とりあえず1時間ぐらい前に各紙に載った数字をお伝えします。韓国の新型コロナ、新規感染者3928人・重症患者647人・死亡者56人で、特に重症患者・死亡者の指標が大いに悪化しつつあります。人口比で考えると、日本で言う新規感染者 約9400人、重症患者 約1550人、死亡者 約130人規模になります。

こんな状況下で、民主労総が2万人規模の『違法』デモを敢行しました。もともとは「人員制限」で禁止処分を受けていました。デモが始まる1時間前まで、開催敢行を秘密にしていた、とも。以下、各紙(局)、<<>>が引用部分となります。

 

<<中央防疫対策本部は28日0時基準の新型コロナ新規確診者(※新規感染者)が3928人だと明らかにした(ソウル1668人、京畿1083人、仁川276人で首都圏が3027人 約77.8%)。重症患者は647人で、歴代最多記録を更新中だ。死亡者も56人が追加され、前日に続いて2日連続で一日最多記録を塗り替えた。コロナ19による死者は36人増えた。前日(52人)に続き2番目に多い記録だ。入院中の重症患者は647人で、前日より13人増えた。 関連統計を集計した後、最も多い。

前日午後5時基準のコロナ19集中治療病床稼働率は75.0%だ。 保有病床1154個のうち入院可能病床は288個だ。首都圏の集中治療病状だけだと、85.4%が稼働中だ・・(京郷新聞、感染者数・重症患者数・死亡者数・首都圏比率・病床の部分だけ抜粋)>>

 

こんな中、主催側発表で2万人規模の『違法』集会が行われました。ここからはMBCですが、動画の自動再生にご注意ください。<<・・そんな中、今日ソウル汝矣島では民主労総傘下の公共運輸労組が、2万人が集まる集会を開きました。彼らはコロナ19で崖っぷちに追い込まれた労働者の権利を拡大してくれることを要求しました。警察は、違法集会として見て捜査に入りました・・・・主催側推算2万人が集まりました。「11月27日総決起で世界を変えよう、世界を変えよう、闘え!」。コロナ19が長期化する中、政府が社会公共性と労働基本権の拡大に乗り出さなければならないと主張しました。【ヒョン・ジョンヒ/公共運輸労組委員長:「国らしい国を、私たちが作りましょう。公共性と労働権はコロナ19以後、韓国社会が進むべき時代精神です」】・・

・・貨物連帯など民主労総公共運輸労組傘下の3つの労組は、事前大会を行いました。昼からソウル都心のあちこちで集会を行った労組員たちは、ここ汝矣島に集まって大規模な集会を開きました。これに先立ち、民主労総は最大集会可能人員を超えたことで、ソウル市と警察から集会禁止通知を受けました。しかし、1時間前に集会場所を奇襲告知して集会を強行しました。

午前から警察が光化門と汝矣島などに臨時検問所16ヶ所と安全フェンスを設置、警察8千人余りを動員したものの、遮断できませんでした。大きな物理的な衝突はありませんでしたが、汝矣島駅交差点一帯では3時間以上交通渋滞が発生しました・・・・ソウル市は感染病予防法違反の疑いで参加者全員を警察に告発することにし、警察も捜査に着手しました・・>>

 

いまは保守系のオ・セフン市長だから、ある程度は強い措置を取るかもしれませんが・・大統領選挙を前にしているのに、韓国の警察が「文政府支持ではなくても、なんだかんだで左派支持」基盤である民主労総相手に、ちゃんとした捜査ができるのでしょうか。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5