韓国首都圏、954人が入院できず・・相当数が高齢者・基礎疾患持ち

またコロナ関連です。約14,944人が在宅治療中の韓国ですが、首都圏(ソウル、仁川、京畿道)だけで954人が入院できず(入院待機)、その中の相当数が高齢者(70歳以上)や基底疾患(基礎疾患)持ちであることが分かりました。

ウィズコロナで新規感染者が増えるのは、ある程度は仕方がありません。しかし、ここまで人の命に関わる案件になると、もう本当にK防疫ってなんだったのか、と思わずにはいられません。数ヶ月前の「k防疫を賛美する記事」をいくつか読んでみると、もう本当に呆れてしまうほど、心が曇ります。以下、韓国の新型コロナ事情、入院待機のデータをメインにソウル新聞から引用してみます。です。<<>>が引用部分となります。

 

<<新種コロナウイルス感染症(コロナ19) 危重症患者が、連続で700人以上を記録している。新規確定診者も連日5000人前後で、首都圏の重症患者用病床が、もう限界に達したのはもちろん、首都圏以外でも病床待機(※入院できず、待機)が本格化している。5日、中央事故収拾本部によると、前日午後5時基準、ソウルの重症患者治療用病床の稼働率は91.1%だ。349個の病床のうち、318個が使用中だ。仁川も91.1%(79個のうち72病床使用中)を記録し、京畿道はこれより少し低い79.0%(366個のうち289個)と集計された。

首都圏全体では稼働率が85.5%を記録しているが、ソウルと仁川の場合90%を突破した状況だ。残った重症患者用の病床は、合計115個と集計されたが、そのすべてをすぐに使用できるわけではない。重症患者用の病床は、入院・退院の手続きと余裕病床の確保などの問題で、もともと100%稼働できるものではない。また、患者の世話をする人員も病院別に限定的で、病床が残っていても、患者を追加で受けることはできない場合もある。

対策本部は、首都圏内の病状の割り当てが困難なときは患者を非水道圏に移送している。だが、全国の集重症患者用治療病床の稼働率も79.1%と高い状況だ。慶北、江原、忠北、忠南地域には病床が1つずつしか残っていない。この日の0時基準で、首都圏で病床の割り当てを1日以上待つ待機者数は954人で、このうち4日以上待機した人が299人に達する。1日以上の場合は418人、2日以上は164人、3日以上は73人である。病床待機者の56.7%である541人は70歳以上の高齢患者だ。残りの待機者も、高血圧・糖尿など基底疾患を持つ人が相当数だ・・・・在宅治療をする患者は全国的に1万4944人だ・・>>

 

あくまでデータの流れを推測したものに過ぎませんが、水曜日あたりには6千人を超えるのではないか、という話も出ています。繰り返して書いてきた内容ですが、単にワクチン接種率だけでは、その国の新型コロナの危険性を論ずることはできません。韓国がウィズコロナになってから、済州島あたりの観光客が急増しましたが、それは「海外旅行したいけどまだ思いのままにできないから済州島に来た」という人が、相当な数いました。

いまはオミクロンのことで再び国家間移動が制限されていますが、いまのところオミクロンは重症の危険性が低い(可能性がある)とされており、いずれ、日本など各国は入国制限を緩和する日が来るでしょう。その際に、単なる接種率では論ずることができないこと。理由は詳しく分からないにせよ、『結果』という現実があること。当局は、くれぐれもそれを忘れないでほしいと願います。その事例の代表格の一つが、韓国になるでしょう。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5