文在寅大統領、『任期末』支持率で歴代最高を記録

文大統領が、任期末時点で歴代最高支持率を維持しています。「左派が支持していると言えばそれだけ」ではありますし、否定(支持しない)のほうが高いのも事実です。しかし、「なんだかんだで、今までの大統領の中で、韓国に向いている大統領だった」という見方もできるでしょう。あくまで韓国内での評判ではありますが。以下、マネートゥデーの記事から引用します。<<>>が引用部分となります。

 

<<文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、退任を4カ月控えた任期末にも40%台の国政遂行支持率を記録した。民主化以後(※再び大統領を全国民投票で選ぶようになった盧泰愚大統領から)、歴代大統領の中で最も高い水準だ。去る14日、韓国ギャラップの1月第2週定例調査で、文大統領の職務遂行肯定率は42%を記録した。否定率は53%。

政党支持率では共に民主党が33%で国民の力34%で1%p差だが、大統領の国政に対する肯定評価は40%を超える。イ・ジェミョン共に民主党大統領候補支持率(37%)をも上回る。先立って13日、エンブレインパブリック・ケーススタリサーチ・コリアリサーチ・韓国リサーチなど4社の1月2週目全国指標調査(NBS)でも、文大統領の国政運営は肯定評価44%、不定評価50%だった。肯定は「非常に良い」と「概ね良い」の合計、否定は「非常に悪い」と「概ね悪い」をそれぞれ合わせた数値だ。

文大統領は、任期5年目の6ヶ月目~9ヶ月目となる去年10月~12月でも、平均支持率も37%を確認した。ギャラップによると、これは国民投票制復活の後、歴代大統領の中で最も高い。第13代盧泰宇(ノテウ)大統領は、同じ時期の5年目だった1992年5月に支持率12%、金泳三(キムヨンサム)大統領は8%(1997年8月)にとどまった。金大中大統領は28%(2002年9月)を守り、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領27%(2007年9月)、李明博(イ・ミョンバク)大統領23%(2012年7~9月平均)だった。第18代朴槿恵大統領は2016年12月、弾劾可決で職務が停止され、5年目の評価数値がない。

文大統領は就任初年第1四半期の平均支持率も81%で、前任者6人の同時期より高かった。前任者の弾劾直後、国民的期待が最高潮だったという特殊性はある。文大統領に近い数値は、就任後の3ヶ月間のデータでそれぞれ71%を得た金泳三、金大中大統領だ・・>>

 

金泳三氏は久しぶりの「軍人出身でない大統領」、金大中氏はいわゆる「IMF期」に大統領になりました。文大統領も朴槿恵氏の弾劾の後に大統領になったから、就任直後に支持率が高いのは分かります。でも、海外ではレームダックと見られている今、支持率が40%とは、本当に異例のことです。ソース記事も『これは実話なのか』としています(笑)、右派左派ではなく、韓国という国全体で見ると、彼は『韓国に向いている』大統領だったのでしょうか。

 

 

拙著著のご紹介&お知らせなど♨  以下、本の題の部分はアマゾン・アソシエイトになりますのでご注意ください。

新刊<文在寅政権最後の暴走>が発売中です。文政権で日韓関係がどう変わったのか、文政権の考える『まともな国』とはどんなもので、それは南北、対日、対米、対中関係をどう考えていたのか。そして、どう失敗したのか。次期大統領選挙や日韓関係はどうなっていくのか。そんな内容となります。

准新刊<日本語の行間~韓国人による日韓比較論 (扶桑社新書) >が発売中です。日本語たる不思議、その圧倒的な行間。「ありがとう」たる行間の存在。それらについて考察した本になります。既刊として、日本滞在4年目の日常と、ラムザイヤー教授の論文騒ぎから見えてきた日韓の差を考察した<「自由な国」日本から見えた「不自由な国」韓国 韓国人による日韓比較論>、併合時代や1965年(基本条約締結)の韓国語記事などから当時と現状を考察した<恥韓の根源>も発売中です。他の拙著については別ページにまとめました

サブブログに議論エントリー(1~3)と雑談エントリーを用意しました。長くなりそうな話にはサブを利用してください。シンシアリーはツイッターを利用しています。99%更新告知ですが、たまに旅行先の写真とか載せますので、よかったら覗いてみてください。

本ブログのプライバシーポリシーはこちらになります

© 2022 シンシアリーのブログ Powered by AFFINGER5