日本左派政権の没落、韓国左派政権の復活

韓国が日本を分析する場合、必ずと言ってもいいほど出てくるのが「日本人は上に逆らえない」です。日本人は昔から「剣を持った人たちに支配されたから」がその理由で、その結果が自民党政権の長期化として現れている、というのです。

韓国は日本と違ってロウソク革命などが起きる。世の中に変えられないものが無いと思っている。日本人はこんなことできない。そう主張しています。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

特に、この主張を慰安婦合意にかけて「韓国人に、不可逆的なことなど無い」とする2016年8月2日の朝鮮日報の記事は、とても印象的でした(バカという意味で)。

<韓国人には、日本人にはない活力がある、「不可逆的」なものなど、韓国人にはない>

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2016/04/22/2016042203081.html

 

今日、韓国側のネットにも、自民党の独走が予想されるという記事がいくつも上がっていました。自民党が勝利すると、また間違いなく「日本人は民主主義を知らない」などという記事が出てくることでしょう。

さて、韓国が主張する「支配に逆らうこと」が政権交代だというと、この時点ですでに民主主義としておかしいとしか言えません。「現政権」は誰が選んだのか?結局は同じ国民が選んだだけじゃないですか。それに、本当に前の選挙を失敗したと認識し、現政権に抵抗する意味で政権交代を成し遂げたなら、前の政権と同じ政党、または同じ政治色の政治家は力を失うはずですが、韓国の場合、右→左→右→左と、ただ「両極端な2つが、不定期的に入れ替わる」だけです。

日本でも、2009年から3年間でしたっけ?民主党政権、いわゆる左派(言葉選びに悩みますが、いつもどおりこう書きましょう)政権が誕生しました。ですが、国民はドン引きし、それからも左派政権はおろか、民主党そのものが没落してしまいました。韓国が主張する「抵抗する形での政権交代」なら、日本の民主党政権没落のほうが「事例」として合ってるのではないでしょうか。

与党という存在がどれだけ大きな責任を背負っているのか。失望した国民の心は、戻ってこない。民主党(民進党)の没落は、それを見せてくれる、「民主主義」の手本となる事例ではないでしょうか。

 

今回の選挙でも、韓国が「悪の根源」とする安倍総理への支持は、若い世代で相対的に強いことがわかりました。これは、とても心強いことです。

<・・朝日新聞が12日報道した衆議院選挙関連の世論調査の結果を見ると、安倍政権の5年の肯定的な評価は若年層で最も高かった。有権者全体で計算すれば肯定的評価が43%であるが、30代では49%、18~29歳では53%に達した。

共同通信が今月初めに世論調査で、安倍総理と小池百合子東京都知事の中で誰が総理にふさわしいかを聞いたときも、30代以下では57.4%が安倍総理と答えた。60代以上の高齢層はこれより約20%ポイント少ない39.8%だけが、安倍総理を選んだ・・>

http://v.media.daum.net/v/20171013050401290

これでは、「良心的な日本人勢」の勝利は、しばらくは無理そうですね。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが11月2日発売です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“日本左派政権の没落、韓国左派政権の復活” への68件の返信

  1. ><韓国人には、日本人にはない活力がある、「不可逆的」なものなど、韓国人にはない>

     なにせ、史実すらひっくり返すことができる。戦時売春婦は哀れな聖女になり、一攫千金のために来日した労働者は奴隷になる。韓国が金融危機の時に最後まで下支えしたのは日本なのに、いつの間にか日本のせいで韓国が破綻したことになっている。
     サッカーでは日本人も知らなかったアジアの盟主にいつの間にか韓国がなっている。その前提で昨今の没落が語られている。

     日本にはない活力だと正直に思います。

  2. 民進党の再合流が出ているようでは没落したままでしょうね。
    希望だけ潰して立憲民主党と民進党で再合流して左翼政党を結成する腹だったんでしょうけど。

  3. 「日本人は剣を持った人たちに支配されたから上に逆らえない」って韓国の人たちは良く言いますよね。日本人にとっては「ぽかーん」な解釈ですが。
    文官文化がさぞや誇りなのでしょう。剣を振り回すサムライなんて学もなくて野蛮ですものね。
    色んな事実誤認があると思うのですがそれは置いておいて、それって武人が国を支配したら横暴をするに違いないと思うからであり、自分が剣を持った人に支配されたら逆らえないと思うからですよね。

  4. 政策的な理由なく、反主力側に票を入れる人は一定数いますね。彼らは社会主義が良いなんて全く思ってはいません。
    自民なりの強者の傲慢に感情的に反発しお灸を据えてやれと。

    お灸のつもりが致命傷だったのが、民主党政権。

    今回は、野党第一の小池氏が自民以上に傲慢さを見せたので希望の党にも反感が芽生えて、入れるところに困ってるかも。

  5. 民主主義って言ってもいろいろ。中にはプロレタリア民主主義とか、共産主義や社会主義にも民主主義もありますからね。自由と権利を認めない民主主義なんてのもある。
    もちろん日本も民主主義。韓国のも民主主義。

    違いは、法治主義か人治主義かってことだと思うんだけど。

  6. 韓国とは別の意味で危機意識を持ってるよ、私は。
    何かって言うと、安倍さん以外で政権を任せられる人って、与党野党含めてそうはいない、と私は思うので。
    ちゃんと青写真を見せて、納得の行く説明をできる人っているのかなぁ。少なくも政権運営候補の人はブレーンとのコネクションと理解は得て欲しいと思うようになった。政権とってからやります・・・はダメだなやっぱり。

    民主党は、兎にも角にも無能すぎた。政権をとってからが大事なのに何一つまともにできなかった。右も左もないよ、あれは。経済的にも政治的にもあれはない。空転して時間だけが過ぎてた。色々な意味で反面教師だったねぇ。国体が衰退して、外交がなってなかったおかげで、中国や韓国がよくわかったってのが「貢献」かな?

    「上に下がー!」ってのは韓国だろ。いつもの「鏡、鏡!」。
    ロウソク持って「民主主義がー!」ってどこのカルト宗教だよ。あんたら韓国人のように独裁を実際に許したことのない日本によくそんなこと言えるわなぁ。ついこのまで軍事独裁で、あんたらが見下すアジア諸国とどこが違ってましたか?ってえの。うぬぼれが過ぎるわ。

  7. 日本にはまともな左翼政党、まともなリベラル政党がいない。そう悩んだ時期がありました。
    春闘のたびに賃上げを要請する政党がある。
    英名がリベラル・デモクラティック・パーティーの政党がある。

    そう。自由民主党が「まともなリベラル左翼政党」だったのでした。
    では、民主党・民進党・立憲民主党・共産党は?
    あんなのは左翼の片隅にも置けない、ただの反日政党なのでした。

    そうして気付く、もう一つの事実。日本には右翼政党がほぼ存在しない。こんなアンバランスな国会でいいのだろうか。
    強いて挙げるなら、日本の心を大切にする党と、日本維新の会あたりだろうか。

    まあ、私は異端ながら左翼ですので、支持政党は決まっているんですけどね。

  8. シンシアリーさん池田信夫氏の記事読んだことありますかね?
    山本七平なんかの本(空気の研究)とかでもいいですけど、ノビーのブログでそこら辺割といい感じで分析してますね(どっちかと言えば自分は経済関連はノビーと真逆の立場ですけどw)
    江戸時代からの「押しこめ」にみられる様に、「組織」の為なら部下(家老)の「合議制」によって主君を交替させるよう幕府に直訴することができた
    同じ様にノビーは旧軍部の独断専行(中堅将校)を同じように捉えてますね ここら辺の旧軍の情緒的な組織体系に関しては、「失敗の本質」あたりが米軍の組織的合理性との比較で割とわかり易く分析してました
    まあ、私個人の見解だと独断専行というかあの戦争の大元の発端は満州事変で石原莞爾が大戦犯だと思ってるんですけど(おんなじように、対米開戦に関しては南部仏印進駐で、これを主導したって言われてる海軍第一委員会って思ってるのですが)
    どちらも、中堅将校で上層部は追認してしまった(そういう空気があった) 根回し文化の空気の支配が最悪の方向で現れた例なんじゃないかなぁって思ってマス 脱線しちゃったのでここら辺で

    1.  満州事変までなら、満州は支那本来の地ではないと、まだ国際社会に主張できた。 私は、支那事変がまずかったと思う。

       西安事件でスターリンと蒋介石が提携。米国は蒋介石を支援している(宋美麗がパイプ役)。日本の孤立が確認できたから、蒋介石は支那事変を仕掛けた。
       第二次上海事変後に、日本軍は引くべきだったと思う。不拡大派は少数だったのだが、そのなかに石原完爾がいる。

      (資料)
      ・三田村 武夫 著『大東亜戦争とスターリンの謀略 』自由選書、1987年
      ・ユン・チアン、ジョン・ハリデイ共著『マオ 誰も知らなかった毛沢東 上・下』土屋京子訳、講談社、2005年
      ・角田順 編『石原莞爾資料 国防論策篇《明治百年史叢書》』原書房、1967年

  9. ロウソク革命というイメージにまだ酔いしれてるのがわかりますねぇ……
    文政権かなり崖っぷちまで来てるように見えるんですが。
    いやあ……
    物事の本質よりイメージを選んでいくコリアスタイルは、末期まで続いていくんでしょう。疲弊しますな。

  10. 「上手くいかない政治は現政権の責任」と決めつけて
    毎回左右入れ替えるだけで、自分の責任とは思わない
    からそういう事を繰り返すのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語を含まない投稿、外国IPからの投稿はできません。Sorry, but Do not comment from oversea IP-address please. Too many SPAM now...