韓国最大手新聞「映画以上のどんな証拠が必要だというのだ」

イバンカがー日本がー安倍がートランプがーそんな記事ばかりですが、中央日報が「弱者の味方だったユネスコ、お金の前にひざまずく」という記事を載せました。

「いや、反応するの遅くね?」と思って読んでみましたが・・弱者の味方で平和の架け橋だったユネスコがどうしてこうなってしまったのだ。日本のせいだ日本のせいだ日本のせいだ日本のせいだ(^q^)・・そんな内容でした。ある意味、予想通りでとても安心できます。

ただ、記事の中で、記者が「これ以上の証拠が必要なのか」としながら、ある証拠を提示します。その部分だけ、引用してみます。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・オクブンの議会演説を徹底的に妨害する日本側関係者たちが登場します。その時、オクブンが見せたのは、日本軍が彼女の体に刻んだ刀の傷跡と落書きです。これ以上にどんな言葉は、どのような証拠が必要なのでしょうか・・>

http://v.media.daum.net/v/20171104090052897?d=y

 

オクブンというのは、映画の主人公です。アイキャンスピークという映画で、元慰安婦がおばあさんになってから、米議会で日本軍の残酷さを証言するために英語を学び、演説をするという内容です。

本ブログでは、「韓国人は映画を『文化的証拠』としながら、つい信じてしまう」という内容を何度もお伝えしました。

韓国最大手新聞である中央日報が、必死に「正義」を主張しながら持ち出した根拠は、映画のシーンです。

言い換えれば、「証拠は無い」と自白しているようなものでしょう。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“韓国最大手新聞「映画以上のどんな証拠が必要だというのだ」” への58件の返信

  1. 韓国人の新聞記者って

    朝日新聞や東京新聞や琉球新報レベルだったんだw

    (・∀・)そりぁ、馬鹿にされても仕方ないね

  2. 軍艦島や鬼郷は、当時生きていた人にはこのくらい荒唐無稽だろう、と思って考えた205X年3月1日公開の韓流映画のあらすじ。「この映画のヒロインである朴槿恵は、2013年に初の女性大統領に就任した。その頃、日本では安倍極右政権が着々と軍国主義化の道を歩み、半島侵奪の機会を伺っていた。日本の危険性を訴えるべく、得意の語学力を活かして各国を奔走する朴槿恵。一方、この映画の一人の主人公である金正男は祖国を追われ、放浪中の身だった。当時の韓半島北部は日本の傀儡政権である金王朝に支配されていた。周知のように、日本は親日団体である朝鮮総連を通じ、半ば公然と韓半島の分断化を画策していたのである。圧政に苦しむ国民を救うために諸国を旅する正男。運命の糸が束の間交錯し、二人の間にはいつしか淡い恋が芽生えていた。が、それも長くは続かない。槿恵は親日派の罠にかかり、無実の罪で弾劾されてしまう。獄中で正男の無事を祈る朴槿恵。しかしその願いも虚しく、ある正男はある日マレーシアで親日派工作員の凶弾に倒れてしまう。薄れ行く意識の中で最後の力を振り絞って槿恵に当てた手紙を投函する正男。血に染まったその手紙は『祖国が統一されたらまた会おう。愛をこめて。』と結ばれていた。。。」なおこの映画には、コードネーム:紳士蟻と呼ばれる工作員が登場し、親日行為の限りを尽くしますw

    1. 動乱と呼ばれるものが起これば、パククネさん(保守派)復活の芽もあると思います。
      左派はほぼすべてのものを失うのでしょうが、ここに来て中国の動きが出てきています。
      北のミサイルも9/15以降飛んでないので、ある程度コントロールできているのか、それともあきらめて韓国への働きかけを強化しはじめたのか。両方か。

      いずれにせよ、北からソウルに砲弾一発でも飛んで来れば、社会の根底からひっくり返るので、将軍様マンセーするのもわからなくはないのですが…。
      首都移転とか、それが困難ならより簡単な一貫した外交政策とか(事大ではなく)ちゃんとすればいいのに…とも思うのです。

  3. シンシアリーさんに質問です。
    韓国人はウリのためなら平気で嘘つくため偽証罪や誣告罪は日本よりも何倍も高いと聞きます。

    強制連行や性奴隷と言い張る慰安婦証言に、親類縁者や知人友人の目撃証言があれば客観性が高まると思いますが、今だに慰安婦証言を補完する第3者が名乗り出ないのは何故なんでしょうか?

    身内ためなら嘘をつくのが平気なら、何人も出てきてもおかしくないのに。

    確か中央日報で目撃者を紙面で募ってる記事を見たことがあります。記事では今まで名乗り出る人いないのは、当時助けられなかった自戒の念で出てこれないんだ、とか言ってましたが。

    情に厚い韓国人なら本当に可哀想だと思ったら嘘でも、偽証しないのですか?

  4. 韓国にはちゃんとしたドキュメンタリーは無いのかな。
    真実に基づいた「証言」ってのは↓こういうものだよね。
    あらゆる方面から事実を探ってます。

    「告白〜満蒙開拓団の女たち〜」
    http://www.dailymotion.com/video/x5w39f4

    「父を捜して〜日系オランダ人 終わらない戦争〜」part1
    http://www.dailymotion.com/video/x63rp2m

    「父を捜して〜日系オランダ人 終わらない戦争〜」part2
    http://www.dailymotion.com/video/x63rp5g

    70年以上口を閉ざしてきたこの人達の気持ち、実際起きたことの衝撃に胸が詰まります。

    1. リンクを使うコメントは、承認待ちになることがあります。殆どの場合は承認しますが、「承認待ち」状態になったまま私がそれに気づかないこともありえますので、気をつけてください。連投されていたものは消しました。

        1. いえいえいえ。該当内容は「皆様へ」の「お知らせ」でも流されているので、追記しておきます。

    2.  歴史認識のバランスを取るために、次の本も紹介しておきます。

      ・ルディ・カウスブルック著『西欧の植民地喪失と日本 オランダ領東インドの消滅と日本軍抑留所』近藤紀子訳、草思社、1998年
      ・会田雄次 著『アーロン収容所 』中公文庫、1973年
      ・長勢了治 著『シベリア抑留全史』原書房、2013年

      1. そうだね、 簡単に情報 知識を ネットだけに 頼るのでなく、 本を読見ましょう 食わず嫌いなく 知的好奇心を持って 人から啓蒙されるのもいいけど、 まづは 自分自身が 気づかないと。

  5. 歴史的事実を基にしたのなら、
    ベル薔薇だって、ラ・セーヌの星だって、
    事実でしょうが!

    って話だけど…。

  6. なんか、びっくりです…。
    思うに、証拠よりも感性に訴える事の方が強い文化だから…。
    根拠は〝作る〟のが当たり前だという考えだから…。
    自分の言ってる事がおかしいとか、日本側の主張を却って勢い付ける事になってしまうかもしれないとか、考えもしないんでしょうね…。
    自信満々で、キラキラした瞳で言ってるんでしょうね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。