コトワリ

この前、「日本は、理性の国」というエントリーを書いてから、理(ことわり)について少し考えてみました。

韓国側にも「ドリ(道理)」「ソプリ(摂理)」など、日本語の「コトワリ」に対応できそうな言葉はありますが、

どれも漢字でできており、「コトワリ」に直接対応できる純粋な韓国語(朝鮮半島に昔からあった言葉)を見つけることはできませんでした。

「理由」を意味するカダク(까닭)という言葉がそれっぽいとも思いましたが、ニュアンスが「根拠」のほうに近く、コトワリとは違うようです。

 

ここから「続きを読む」の後になります

さて、この前のエントリーでは「車線」を取り上げましたが、旧ブログの時に書いた「停止線」のほうがもっと喩えとして合ってる気がします。

日本では、停止線をちゃんと守ります。それを超えてはならないから、守ることを選びます。

韓国では、停止線より前に出る(停止線を超える)のが普通です。もちろん、前に出すぎると他の車とぶつかってしまうから、「ある程度」ではありますが、それでも停止線をちゃんと守る車はほとんどありません。超えてはならないから、どこまで超えても問題にならないかを試すわけです。スペースがあれば、とにかく前へ出ます。出ないと、後ろの車から容赦なくクラクション攻撃が来ます。

日本語のコトワリは、「理」にもあてられていますが、「断る」も、またコトワるになります。

本ブログでは今まで、韓国人の言う「情(ジョン)」というものは、仲間同士で必要以上に許し合うこと、すなわち社会の規則より自分たちの規則を大事にすることを強要するための「縛り」にすぎないと主張してきました。

言い換えれば、情が通じ合ってる仲、すなわち「ウリ」同士では、「断る」ことがあってはならない、という意味でもあります。

それすなわち、世の中にどのような「理(コトワリ)」があろうと、それを超越した仲になる(社会の規則より自分たちの情が大事)結果になってしまいます。

日本語でいう「理」と「断」がどちらも「ことわる」なのは、場合によっては断ることもまた世の理であるという意味合いがあるのでしょうか。それを「日本人は情が無い」と言ってしまうのが、韓国人の情の概念でありましょう。

 

正解はわからないから気が楽なのか、正解がわからないから不安なのか、いつものこと、うまくいえませんが、

日本で言う「理(前のエントリーでは『理性』としたあの概念)」が、韓国で言う「情」の反対側に存在するものである、と。それだけはある程度わかった気がします。

恨(許してはならない)と和(尊しを示す)、

情(大きな規則より優先される個人的な関係)と理(もっと大きな規則を気にかける考え方)、

本当に同じ価値観の上では成り立たないものであろうと、いまさら強く感じるシンシアリーであります。

 

同じく、もう少し考えて、書く私にも読む方にも楽しくありえる「文」にできれば、と思います。

 

 

 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

NEW・11/12(日)、読売新聞に新しい広告が決まりました(半5段、新書連合)

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“コトワリ” への64件の返信

  1. 停止線を守らないと、日本ですと例えば交差する道から、
    大型車が左折してきた場合、停止線を越えた車両が邪魔になり、
    大型車が左折できません。
    そういった状況に陥った時に、停止線を守らなかった運転手は、
    大きく恥じ入り、以降は停止線を守るよう気をつけます。
    韓国では車線が日本と逆なので、停止線越えの自動車は、
    右折してくる大型車を阻害することになるのでしょうけど、
    その際の停止線越え自動車の運転手の心境は、
    どのようなものなのでしょう。
    必要は発明の母と申しますが、
    理はその必要を感じさせる情況や環境を示す気配を感じます。

  2. 勉強不足なもので、「事(言)割り」が「理」の漢字にあてはめられ、さらにそこから「断り」が派生したというのは、自分で調べてみて初めて知りました。
    シンシアリーさんもそこまで調べておっしゃっているのでしょうから釈迦に説法ですが。普段、何気なく使っている言葉の意味って面白いですね。
    書籍にも書かれているように、「日本と韓国を知っているから気づくこと」ってあると思います。

    蛇足ですが、子供のころ「高い、竹、岳、猛、沢山、健(タケル)、滝、丈などなどが、やまと言葉では「TAK」から始まり、「大きい(上下に長い)、あるいは強い」という共通点を持つことに不思議さを感じたものです。(今は中国語の大(ダー)が、もしかして関係あるかもなんて思っています)。
    もし、今から新しい単語を作ったとして、「TA」から始まる適当な単語を作れば、恐らく「大きい」イメージの言葉になり、「S」から始まる単語は「小さい」イメージがわくのではないかと、勝手に思っています。

    そういう共通点が日本人の無意識の「語感」に影響を与えているとすれば、「ことわり」もまたシンシアリーさんのいう通り、語源を知らなくても、なにかしらの影響を与えているかもしれません。

  3. 既に指摘されていますが、韓国の情(ジョン)がシンシアリーさんの定義するものならば、日本の情とは違うものです。
    漢字が同じなので誤解を招いているのです。
    試しに日本人に韓国式の情を要求してみるといい。きっと「そんなものは情ではない」と言われるはず。

    停止線についても決まっているから守っているとかではありません。停止線が適切な位置に引かれているから止まるのです。もしもでたらめな位置に引かれている停止線があったら、そこで止まる人はいないでしょう。

    総じて法は多くの人が住む社会でなるべく円滑に物事が進むように作られるものですが、韓国では為政者に恣意的な運用をされているので法を守ることの意味がわからないのではないでしょうか。

  4. と、ここのコメント欄を眺めるだけでも事程左様に人は考えや認識に差があるんですね。

    これは決して統一されることはありません。特に言葉や概念、主観による感覚と言った物事に対して、何を取捨、捨象するかが一致することは稀です。むしろ一致したと思っても、たぶん気のせいです。

    で、それを認めたうえでなるべく諍いや衝突を避けようという知恵や工夫、またそのための努力をすることを「和」と称したり、良しとするわけです。十七条憲法の昔から努力していますが、まだまだですね。こう言い切りましたが、なんか違うと言いたい人もいらっしゃるだろうし、それも多くは言葉選びや表現の違いが多いハズで、決して間違いじゃなかったりします。

    この決して間違いじゃない部分をぼんやりと共通認識として、言葉を通して意思の疎通をするわけですよ。一般的には「だいたいあってる」で良しとする感じです。

    一方韓国ちゃんはこの「だいたいあってる」を「完璧に一致」でなければ良しとしないところがあると思うんですよ。言葉でも地位でも何でも。自認の有無に寄らず「完璧に一致するものがある/している」という基本認識があるというか。

    だから、常に因果を外に求めたり「違う」だけのことから優越と劣等を見出す傾向が強いのかなと。

    でもって「なぜ停止線で」
    本邦では停止線を守らない事に心情的にも論理的にも益がまずない(理由や理屈なんかは人それぞれ)ですが、韓国においては守らない事(人と違う事をする)に優越を見出し得る点にあるかなと愚考した次第。
    「守らない」と「優越」が繋がったのは、伝統でしょうかね。

    そういえば「十人十色」「蓼食う虫も好き好き」といった成句なんかは韓国にあるんだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。