比較が結果

韓国日報が、「トランプ大統領の訪日と訪韓を比較してみると」という記事を載せました。

一応、必要な部分を引用すると、こうなっています。

<・・日本政府は2泊3日の間にゴルフ会合など私的親しみを図るために集中したのに対し、韓国政府は期間は短いが国賓訪問という最も高い格式の儀典で実利と品格を強調したと評価される・・>

http://v.media.daum.net/v/20171107171005378?d=y

 

ここから「続きを読む」の後になります

韓国日報だけでなく、「見ろ、日本が米国に頭を下げている。韓国はあんなことしなくても実利が得られる」というのが、韓国側のマスコミの共通した視点でした。

 

さて、ここからが本題ですが・・この記事でもっとも注目すべきは、記事が書かれた時間が7日の夕方である点です。国会演説(8日)はおろか、トランプ大統領の夕食会も終わってない時間です。

言い換えれば、国会演説でトランプ氏が何をどう言おうと、そんなことは二の次です。韓国日報の結論は最初から「日本は感情的、韓国は実利」と決まっていたわけです。結果を比較するのではなく、比較そのものが結論となる、わけわからない視点です。

ちなみに、この結論が「日本は実利を得たが、韓国は情(ジョン)で私的親しみを強調した」でも、韓国側としては何も困りません。日本と比較し、日本より上に立つように書く。ただそれだけでよかったはずですから。それこそが、韓国的には正しい「比較」でありましょう。

慰安婦もエビも、1泊か2泊かと騒いでいたことも、結局は同じ考え方から来たものではないでしょうか。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

NEW・11/12(日)、読売新聞に新しい広告が決まりました(半5段、新書連合)

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“比較が結果” への48件の返信

  1. 車を洗ったら雨が降る、というのは仕方ないのかな、と思う一読者です。

    私の亡父は、車をあらうと必ず雨に当たるという方でした。
    すごい晴天なのに、少しドライブしたらそのまわり10km位超豪雨になったりとか、関東全域晴れなのにどこぞの学校の隣を通ったら消防団の訓練で水が降ってきたりとか。
    私が覚えてる30年くらいの間でも、謎の洗車後降水確率が99%超えてた父の事を懐かしく思ったり。

    降られなければもちろん良いですし、降られても日本の気候は結構不安定ですのでお気になさらず。

    まー、たのしんでってね!

  2. 韓国では、韓国国民がそんなに盛り上がったのかしら?
    日本でも盛り上がったのは、マスコミくらいな
    感じしかないような。。。
    少なくても、わたしのまわりでは。。。。
    笑ったのは、武器商としてきているのが、
    やっぱり!っていう感が当ったわあー!くらいかな。
    きっと、トランプ氏、北の黒電話君のことであおったのかな?っていう感じ

  3. 自分の気持のいい結論を論拠無しで記載するだけで良いんだから韓国の新聞記者は楽な商売ですね

  4. まあ、その、核心には一切触れず。
    あいまいな感じで終わったのがムンたん的に「大成功」だったんだろうな(白目)

  5. 結論ありきで、嘘を吐いて、勝った勝ったと国民へ喧伝。
    太平洋戦争末期の日本の大本営発表を彷彿とさせます。

    今の韓国のマスメディアのあり方はひょっとしたら、彼らの大嫌いな「日帝残滓」なのではありませんか?

    1. 戦争中に国民に情報を正しく公開しろなんていうための「大本営発表」という用語はサヨクのプロパガンダですよ。
      戦争では局所的には負けることもありますし勝ったとしても戦死者は出るわけで、それをそのまま伝えたりしたら厭戦気分が蔓延して終戦交渉に不利になるだけです。(アメリカだって風船爆弾は隠しましたよ。)

      間接民主制の国民の権利は信頼できる政府を選ぶことであって判断することではありません。機密情報を持たない国民には正しい判断なんかできないのです。戦争が始まったら政府の判断に従うしかありません。(それが嫌なら一兵士として命を預けるに足る政府を選ぶしかない。)

      軍部が政府(天皇)に正しく情報を渡していなかったのは問題ですが、それは戦争中なのにトップに権力を集中できていなかったという問題です。(アメリカもイギリスも戦争中はトップに権力を集中しています。独中ソは言わずもがな。)

      まあ今の韓国は日本との戦争ごっこに興じているのかもしれませんけどね。

  6. なんとでも評価は出来ますからねー。

    韓国有力紙がそう見るなら、それが韓国の価値観による評価なんでしょう(棒)

    日本人の私から見ると、ゴルフや食事を通じて行動を共にし、9時間もの私的な会話の機会を得た安倍総理と、ただでさえ短い滞在時間を空虚な儀典に浪費したムンジェイン大統領とでは比較にさえなりませんけどね。こと実利という面で。

    にもかかわらず、日本よりも大きな実利を得たのであるからには、ぜひその成果を全世界に知らしめて欲しいもんです(笑)

    しかし、これだけの差を勝利だと言いくるめるマスコミは深刻ですね。
    外勢押し寄せる李氏朝鮮末期の両班たちも、こんな風にひたすら精神勝利に時を費やしてたんじゃないかと想像しちまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。