街を歩くこと

昨日から、次の本の原稿を書き始めました。発売時期も内容の方向性もまだテスト段階ではありますが、はじめて「日本で暮らすようになってから」を書いた本であるため、新しいスタートを切るつもりでいます。

明らかにネットのブログで始まった著述家暮らしではありますが、「ブログはブログ、本は本」。「ネットはネット、リアルはリアル」。「アニメはアニメ、映画は映画」。私はいつもそのスタンスです。原稿を構成するネタも、ネットとリアルの両方から得ることになります。

根拠や資料、ある種の総合的代弁(マスコミの記事など)を探すには言うまでもなくネットが向いていますが、結局、人々が「何か」の影響をやり取りするメインの場は、リアル、現実です。その「何か」を求めて、結局は街を歩きながらその「何か」からネタを感じ取ることになります。今回の本のような場合は、特にそうです。

 

ここから「続きを読む」の後になります

歯科医師を休み、日本に来てから、朝起きる時間をものすごく気にするようになったのも、そのためです。出退勤という名の「人生最大のライバル」が無くなったわけですから、すこし油断すると十時、十一時まで寝てしまいます。

朝ちゃんと起きて、しちじしちじし~ちじの(この歌、結構好きです)ニュースを適当に聞き流しながら、コーヒーでも一杯やって、一日をスタートして原稿を書くと、書いて休んで書いて休んでして、ちょっと出かけようかなと外に出て、そのまま何かいい店でもあったら入って食べて、そんなことができます。

十一時十二時に「おはよんにちは」と(お腹が空いて)起きて、わざわざ「◯時から◯時まで」と時間を作って原稿を書くと、出来上がった原稿の「字数」はそう変わらなくても、つまらないものになってしまいます。この方が効率良いという方もおられるようですが(笑

昨日も書きましたが最近のマイブームたる「コトワリ」をもっと知るためにも、もっといろんなところに行き、大勢の人たちと会わなければなりません。ちゃんと会話するのがベストでしょうけど、単に道を聞いてみるだけでも、単に挨拶を交わすだけでも、それが人と人であるかぎり、一回目と二回目がまったく同じことなどありえません。「その瞬間、その場所だけ」の何かを、感じ取ることができます。それができなくなると、人生はつまらなくなることでしょう。そう、街を歩くといっても、それはかなり受動的なものであり、個人的に、それは「滑空」にも似ていると思っています。

いままでの自分の人生は、「飛ぶ」ことを意識していました。でも、いまは風に身を任せて、浮いています。

体のほうではなく、それ以外の何かを押しつけていた恐ろしいまでのストレスが、消えました。「~であるべきだ(理想)」と「こんなもんだろう(諦念)」の脳内聖戦が、圧倒的に少なくなったから、でしょうか。だから、街に身を任せてもいいと、自分の頭のどこかからGOサインでも出たのでしょうか。

もちろん、私の人生最大のテーマである「向上心」を失くしたわけではありません。気持ちよく浮いているためには、もう少し高いところへ飛び上がる力も必要でしょう。それは忘れていません。

 

家の周辺には、さらに工事が増えました(アベノミクスの効果でしょうか?ファンドも予想していたよりかなり上の方に動いています)。最近は、邪魔にならないように道の向こう側からではありますが、その工事の現場をボーっと見ていたりします。なんか、韓国で見ていたものとは「速度」が明らかに違います。韓国での「工事」のイメージは、遅い、同じことを何度もやるというものでしたが、日本で見た工事は、そのようなことはありません。別に聞いてみたわけではありませんが、これも「納期」というラインを守るためでしょうか。

韓国の場合、工事が予定より遅く完了したほうが得になると聞いたことがあります。工期をわざと伸ばして、その分の金ももらう(それができそうにないと手抜きする)などの手口だとか。

 

洗車をした次の日に弱雨が降る(予報では曇り)法則は今日も変わらずでしたが、そんなこんなで今日も浮いている、シンシアリーのじゃぱんらいふ、2017年11月8日でした。

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

NEW・11/12(日)、読売新聞に新しい広告が決まりました(半5段、新書連合)

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“街を歩くこと” への52件の返信

  1. 日本には「ご意見箱」と呼ばれるお客様の意見を反映するシステムがありますよ。
    外国人目線で気づいた事は貴重な意見なので
    書いてみてはいかがでしょうか?

  2. 自分の言いたいことをはっきり言わなくても「察し合う」ことに慣れきっている
    日本人どうしではないので
    あえてはっきりきっぱり言いたいことを書くのも外国人への思いやりだと思います。
    少なくとも私自身はそう心掛けていますよ。
    悪しからず・・

  3. はじめまして、シンシアリーさん。コメ欄を読んでいて、ちょっと違和感があったので。。。

    親日家ではあるのだろうけど、現実的に韓国人であるシンシアリーさんのブログのコメ欄で「韓国人の情は思いやりではない」だとか、「日本人は情けをやさしさと思いやり」だとか、調子にのって偉そうにのたまわってるのを読むと、え?ほんとうにお前ら日本人か?と思います。「韓国人のシンシアリーさんに対する思いやりはどうした?笑」と。

    もちろんシンシアリーさんは「十分わかってるし、事実なんで気にならない」「自分は心は日本人のつもり」などと大きな心でおっしゃるかもしれません。でもそれは話がまったく別です。

    そんなことを書いてる日本人と思しき者が、「日本人はやさしさと思いやり」だとか、「お前らまったく自分が見えてないな」と思ってしまうからです。「やさしさと思いやり」があれば、そんな書き方はしないはず。まるっきりの自己矛盾笑

    いや自分もシンシアリーさんには申しわけないけどかなりの嫌韓ですよ。笑韓かな。でも、それで「日本人が優等」みたいなことは言わないですね。まぁ、心のなかでどう思ってるかは別として。

    己をひけらかさず、思い上がらず、常に控えめでいることこそ、日本人の理だと思います。武道を習うとそういう部分を大切にすることをまず教えられるので。

    こういうと、逆に「日本人の二重性による冷淡さ」のように感じてさびしく思われることもあるかもしれませんが、それは二重性などではなく、一個人として敬意を払っているがゆえの礼儀と受け取ってもらうといいかもしれませんね。

    もちろん、日本人も仲が深まれば、傷つけあうほど、悪口、本音で付き合うことも多いと思います。でもそうでなければ、相手を尊重して、波風を立てずにやり過ごすのが基本ではないでしょうか。

    1. そもそも話題が原義や抽象的な概念に傾いている以上、問題ないのでは。
      韓国の情が日本に少ないのも、日本の情が韓国に少ないのも当然の話です。
      別の国だし。漢字圏という共通項が相互の誤解を産んでいるわけですね。

      学術的な領域に踏み込む時、オブラートは余計なノイズとなります。
      性に合う合わないの話を優劣にすり替えてる人もあまりいないと思います。
      大切にしてるものが違うというだけです。

      日本もわりと理に沿ってない国であり、そこに問題があることだって
      日本人ならわかってることだし、ブログ主も理解しているでしょう。
      日韓の軋轢は日本の情によって問題が悪化した面も大きいわけで。

    2. どうも私のコメントに対しての反応が含まれているようなので、
      二点だけ書かせていただきます。

      まず一点。
      このブログは「シンシアリーさんのブログ」であるということ。
      つまり、管理しているのはシンシアリーさんご本人です。
      シンシアリーさんには、その管理者権限において、
      自身の好きなようにコメントを削除することができる。
      気に入らないコメントなら、いくらでも削除すれば良いわけです。
      でも、今のところ私のコメントはそのまま存在しています。
      存在している限りにおいて、それは許可されていると
      判断するべきでしょう。もし、この後、削除されたなら、
      そのときにまた考えますが、今現在においては変わりません。

      二点目。
      私は「名無しさん」ハンドルで書いてはいますが、
      そこそこ長くここで書いてきています。
      このコメント欄の雰囲気も知っているつもりですし、
      シンシアリーさんの記事もよく読んできました。
      そして、その私が考える、シンシアリーさんがこのブログに
      「求めているもの」というのは、「面白いコメント」です。
      自身の思考を刺激してくれるような面白いコメント、
      自身では思い付かないような奇抜なコメント、
      また、日本人から見た韓国に対する率直な意見、
      日本人から見た自国・日本の知識や情報、
      そういうものだと考えています。
      決して「癒しの言葉」や「馴れ合いの会話」などを
      シンシアリーさんがこのブログに求めているとは
      私は思っていません。

      結論として、少なくとも現時点においては、
      私がこのコメントスタイルを変える気は
      全く無いということです。

  4. 作業をしている方達は納期がおおよそ決まっているので大変でしょうね。先日建て替え中の新国立競技場を見てきました。すでに客席となるだろう部分が見えました。なんだか嬉しくなりました。
    現場は大変な忙しさだと思うので外から怪我のないよう頑張ってくださいと思いました。
    シンさんにお伺いしたいのですがコメントの下にあるウェブサイトを書くと公開されますか?

  5. 日本では納期を守れないと逆にお金を払わなければいけなくなる場合があったりします。
    最近の道路や建築工事は人も機械も寄せ集めでかなりきついですけどね。

  6. 歩いて気が付く事、人と交わる事で気が付く事、本を読む事。

    私はシンシアリー氏に時間があるならば「池波正太郎」氏の本を推します。日本人の善悪感が凝縮していているし、日本人の情が見事に表れているかな?と思うからです。

    日本人の「理」が何処にあるのか?の一助になるような気がします。

  7. 自分や自分の身内だけにやさしい人を、日本人は情のある人とはいいません。
    公共の場のトイレットペーパーを盗んだり、公共の場で騒がしくして、周囲に迷惑をかけても平気な人を
    日本では「心ない人」と呼びます。「他人に対して、やさしい心を持たない人」です。
    情という言葉でも、日本人と韓国人では、意味するところが違うので、日本人からみれば
    韓国は(日本語の意味の)情のない国なのです。感情的で「喜怒哀楽を表に出す人」を日本人は情があるとはいいません。
    「自制心のない人」と呼んで、その評価は低いです。
    私にいわせれば、日本は公私(社会的な面と個人的な面)の国、韓国はウリナム(身内と他人)の国です。
    日本人の和の心だけじゃなく、公私のけじめ、寛大、寛容の精神、
    「他人に迷惑をかけない精神が、モラルと秩序をもたらし、日本社会を形成している」などが
    理解できないと、日本人や日本社会の理解できないと思います。

    1. >日本は公私(社会的な面と個人的な面)の国、韓国はウリナム(身内と他人)の国です。

      同意します。
      シンシアリーさんも書かれてましたけど、
      韓国人の「情」は「ウリ」を縛るための鎖でもある、と。
      そういうことなんでしょうね。
      「思いやり」なんかでは断じて無い。
      ウリ内の濁った「共依存関係」を美化するための詭弁であり、
      対外的には、法を破り、他者を蔑ろにしてでも、
      自分と自分の身内を守ろうとする「利己的感情」を美化し、
      自己弁護するための名分として、
      「情」という言葉が便利に使われている。
      そういう感じがします。

  8. >>昨日も書きましたが最近のマイブームたる「コトワリ」をもっと知るためにも、もっといろんなところに行き、大勢の人たちと会わなければなりません。

    コトワリ の時にも思ったのですが、きちんと辞書を引いているのでしょうけど、
    根本的な部分で、日本語を間違って使っているのを感じます。
    同じ漢字でも、中国と日本では意味が異なるわけで、
    それは韓国と日本にも当てはまります。
    湯 を、辞書でひけば(温かい水)なのですが、中国人はSoupの意味で使い、
    日本人は、湯の看板を見れば、風呂があると思います。
    で、あくまでも日本人基準ですが、日本人から見れば、「日本は理性の国、韓国は情の国」
    ではなく、「日本が情の国で、韓国は情のない国」です。
    日本人は情を(なさけ、他人に対するやさしさ、思いやり)としているので、
    他人に対する配慮で溢れている日本がもっとも情のある国であり、
    それは公共の場を汚さない。例えばデパートのトイレでうんこをして、便器を汚してしまった時、
    そのままにせずに、トイレットペーパ等で、きれいに拭き取って、次の人に不快な思いをさせないように気を使う。
    町中では、出会い頭の事故を起こさないように停止線を守り、救急車がくれば、どの車もみんな道を空ける。
    ルールも基本はたった一戒で「他人に迷惑をかけない」であり、ルールだから守るのではなく、
    「他人に迷惑をかけないためのルール」だからこそ守るわけです。意味のないルールであれば、
    みんな守らないか、ルールを意味のあるものに変更します。

    1. いつもの「うんちく」結構だが、根拠なり、事実なりをチャント踏まえて、示して言わなければ、「うんちく屋」から、ただの「デタラメ屋」になると思うヨ。

      『コトワリ』記事 2017-11-08 01:55:49
      >「…まだまだまるで理解できていません。」
      >「ことわり(理)というのは、元は宋の時代の中国の哲学からきています。狭義には朱子学です。」

      ↑ この、ことわり(理)が宋学、朱子学からきているという根拠を再度求める。

  9. 日本人は、恥の文化とも言われてきました。
    どのような職業でも、契約したならば、たとえ口約束でも守る。守れなければ能力がないからであり、職人としてあるいは責任者として恥じることであり、納期は厳格に守られてきました。大企業から町工場まで同じです。
     公共工事は全ての建築業者が単独では、設計・工事技術も、資材調達・人材確保もできるものではなく、大手の複数業者が中心となりその土地の業者も含めた中で進められてきましたが、規制緩和が善であり、談合が悪とするなかで形態は若干変化してきました。
    その結果、人材確保には今までとは違い、確保幅を狭くし、経費を抑えることで資材も抑えられてきました、しかし、東北大震災に至っては、各自治体に資金があっても受ける建築業者が集まらない職人が確保できない、業者がないという状況に至っています。
    日本の特に水道・ガス・電気・橋など東京オリンピック当時の建造物には老朽化が進んで、交換・修繕の問題が蓄積しています。

  10. 大韓民国と比べて○○が凄いとかこ△△が違うと感じたその時にネットに書き込んでくれる。これはいい。
    自分の国の特異性(それも良いこと)を知らされ、世界の中の日本の立ち位置その特殊性を知ることができる。

    我が国の職人さんは優秀です。その中でも
    ・道路で工事するベテラン職人さんは、特に非常に優れた職人さん。
    ・道路で工事する会社は比較的たっぷり予算を使える会社。
    道路での工事はお金も技術も道具も消耗品も惜しみ無く使っている素晴らしい工事。そんな感じがした。

    半世紀前に聞いた話ですが、土建屋さんが受注して緊張するのは 橋の工事。←欠陥=亀裂・崩落するから
    ….橋の工事は見たことがない。目の前で見てみたいですね。さぞ感激することでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。