俗物根性

日本にも「俗物」「俗物根性」という言葉が普通に使われているのでしょうか。最近はあまり聞きませんが、韓国では人を叱る時に「この俗物め」と言ったりしました。

ファン・サンミン著「韓国人の心理コード」という本を見ると、韓国人のよくある心理の一つとして、「俗物根性」が指摘されています。

本にて著者は、スイスの小説家アレン・ド・ボットン(Alain de Botton)氏の言葉を引用し、こう書いています。

「俗物根性とは、ある人を評価するにおいて、その人の関心や特性ではなく、彼の財産とか、社会的地位とか、そんなものだけで評価を下すことだ」、「それは、私たちが絶えず自分と他人を比べるからだ」

 

ここから「続きを読む」の後になります

それはそうかもしれません。

自分と他人を比べるためには、どうしても共通的な基準が必要になります。でも、人と人を比べるにおいて、そのような共通基準など、滅多にありません。人は皆それぞれ違いますから。

だから、持っている車や家の価値とか、着ている服の値段とか、大学(点数)や何かの専門資格証とか、さらには「背の高さ」にいたるまで、とにかく『数値化』できる何かで、自分と他人の価値を比べるわけです。こういうものを、韓国では「スペック」と言います。

 

この前、韓国人のウッチュル心理を紹介しましたが、ウッチュル・・すなわち偉そうにすることが「情緒」とまで言われ、偉そうにしないと行きていけなくなった社会。それは、スペックで人を評価する人が多すぎで、彼らの基準に合わせるしかなく、結局は偉そうな態度を取るしかなくなるという見方もできるでしょう。そしてその人のせいでまた誰かが偉そうにするしかなくなり・・いやな悪循環です。

そうやって「基準」そのものが俗物っぽくなってしまうから、韓国人が「外国人を出身国で評価する」「本も読まずにノーベル文学賞を欲しがる」「他人と自分を比べすぎる」「数値一つで一喜一憂する」、それら全てが、結局は俗物根性だと言う人もいます。

こうして書いていると、韓国人を現す言葉として、俗物根性はとても効率の良い言葉のようです。

しかし、「俗物」という呼び方には、別の使い道もあります。

社会の中に、人を評価するための基準が「無くなる」ことは絶対ありません。競争社会を生きているかぎり、やはり競争や結果、場合によっては順位という言葉から完全に自由になることはできないでしょう。

そんな社会の競争で負けた人が、勝った方を「俗物どもめ」と決めつけることが、また韓国人には無茶苦茶多いです。負けてから、自分は俗なものでないから負けただけだと、自分は高尚で純潔だから勝つことができなかったと主張するわけです。

70~80年代には、そこそこいました。特にスポーツなど体を動かす試合で負けて、「ウリジップ(うちの家)はこんなものに向いてなくてさ」と言い訳する人。何のことかというと、「うちは両班家系だから、体を動かすものは不向きなんだよ」という意味です。

なんというか、いろいろ俗物ですね。

 

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

NEW11/12(日)、読売新聞に新しい広告が決まりました(半5段、新書連合)

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“俗物根性” への154件の返信

  1. 此処ではテクストとネストの関係が視ずらいですね。
    中国では喧嘩の仲裁に入った人が、その二人からぼこぼこにされる事が多いとききます。
    夫婦喧嘩の場合もその様な事が在るから、日本では犬も食わないと言われたりします。その当事者の喧嘩の二人の双方の立場に立って考えられない事は当然な事で、立場と利害関係、育ちが違うものが一致する訳ではないので、双方に納得するのが凡人の謂れですので、妥協とか痛み分け言う一致点が有る筈ですけど、北朝鮮みたいに出来ない、必要を感じない人も居ます。
    夫婦喧嘩で仲直りをするのは手を握る事で出来るますけど、相手を徹底的に謝らせて良い関係を続けることは性格に拠っては難しいとも思います。
    其々の金持ちの系譜の夫婦が利害関係だけで続けることも、一致点だけで付き合うこともあり得る事だと思いますし、喧嘩ばかりして互いに謝らせて、それで夫婦関係を続ける人も、人それぞれの趣向が在るのだと思います。そんなことも衆人には見えます。

    ただ、他人の夫婦喧嘩を観ていて大変勉強に成ります、他人の喧嘩は自分の栄養に成ります、時折、野次、燃料?を飛ばして更に燃え上がらせる人も居るでしょうしね、火事場泥棒め!。

    観衆が興味のある所に火を付けたり、どこぞの国の喧嘩は当事者はそっちのけで、周囲の人を味方につけようと騒ぎまわる喧嘩の仕方もあるそうです。でも、喧嘩の詳細について立ち入ったり裁定はしない方が殴られたりしたらいけませんから、巻き添え事故に成らない様。
    すみません歯の治療後の独り言です、他人を責めたり意図は全くありません、ご承知おき願います、念の為。

    1. ノ***さん今回のテクストの深い因果関係と経緯を全て熟考しないで、独り言でも呟いたことはお詫びします。ノ*さんの理路整然としたお話は素晴らしいし納得できますし、勉強に成ります。
      部分的に通りがかりに垣間見えた部分だけでは、ノ**さんの怒りだけが際立って見えたのでその印象で呟いた人も居るのではないでしょうか。
      夫婦喧嘩については他人に内容は解らない例えにしましたが、ノさんにはアホかといわれ殴られることは間違いないですね。
      でも通行人の印象では夫婦喧嘩の一方的に怒る夫の様に見えてしまいますから、難しいですね。
      決してノ**さんに悪意を持って居る訳でも、喧嘩を売ってる訳でもありません、「じゃ!すっこんでろ!」と言われない事を願って。

    2. あの返答は「何言ってんの?」という表現を除けば、
      謝罪を要求するのが悪いというのはケースバイケースという意味でしかなかったでしょ。
      ま、私の本音は「その喧嘩!買ったるわ!ボッコボコにしたる」でしかないかもしれないけどね。
      そこに、喧嘩は良くないという意見は意味を為さない(笑。

      朝鮮人が謝罪を要求するからと言って、謝罪を要求する行為が全部悪いわけではない、、と私は考えている。
      許せない部分を謝罪という行為で何とか心を抑えてチャラにしてやる、、、という事は日本国内での現実でも多々ある。

      それなのに、嫌韓が集まると、謝罪を要求する行為が全部悪になってしまうから摩訶不思議。
      かの国の民族は、謝罪を起点に過剰な追加要求をしようと企んでるから、その起点としての謝罪が犯罪的行為の端緒になるため、契約違反や報復的な意味では悪なのである。

      私は何も思ってませんよ。味方してくれている意見も同時にバッサリやっちゃうような大雑把な人間なので。

      1. >私は何も思ってませんよ。味方してくれている意見も同時にバッサリやっちゃうような大雑把な人間なので。

        少しのコメントからも読み取れます。

        >お前が、気に食わないと挑んできた方がスッキリする。
        >ま、私の本音は「その喧嘩!買ったるわ!ボッコボコにしたる」でしかないかもしれないけどね。
        そこに、喧嘩は良くないという意見は意味を為さない(笑。

        是も良く解ります。でもそんな抜き身を下げている相手には、
        落ち着いて!落ち着いて!母さんが心配してるよ!
        とか、なにか気に入らない事が在ったんだね、何か欲しいものは?と刑事みたいに世間話から話しかけるしかないじゃないですか。ボケーすっこんでろ!と言われても。

  2. 盛んに行われている議論に付いて

    そもそもの発端は某氏の「特定個人(名は伏せているが)の人格」への評価をいきなり投稿された事ですよね。
    (以前から対立が有ったのかも知れませんが)
    人格の評価が正しいのか否かは別問題で、行為の是非を問う可きでしょう。

    某氏の唐突な「特定個人(名は伏せているが)の人格」を評価する行為は紳士的では無いと思います。

  3. 最近の若者は、自分の意見を言わない、そして本音を悟られない様にしている子が増えたなと思う今日この頃です。

    コミュ能力の並列化が問題だと思います。

    1. かもしれんね。
      お前が、気に食わないと挑んできた方がスッキリする。
      ネチネチと理屈にならん理屈を取り繕って攻めてくるので、アホ扱いしたくなってしまう。

      大義名分を掲げた時点で、思考の勝負から逃げていると、、
      そういう自分の無意識の姿勢に気付けば、自分に恥じるモノを。

      自分に恥じれば、自分を高めるきっかけになる。
      自分に恥じないなら、いつまで経っても、自分を高めるキッカケは掴めないだろう。

      だから、結局は、恥じない分だけ知力が伸びないから、ちょいと賢い奴に簡単に捻られて、イライラしたり、悔しい思いをするのだ。
      理屈や大義名分など掲げずに、自分の思考(責任)で挑んでいけば、負ければ自分が変わるしかないから、成長していくのに。

  4. 車対車の事故って、100:0の裁定って殆ど無いじゃないですか。
    真実も解らないし、そこに存在した事態で責任0%は無いと言えない事もない。世の中の殆どの事は100:0で決着つく事の方が少ない。

    頭の中で自分は絶対間違って居ない、自分は落ち度が絶対ないと記憶とか考えを構築していってしまう事もあるだろう。そう思いながらも90:10で収まる事が多い。

    そんな人間の場で、俺は絶対悪くない100:0だ!と喚いて、謝れ!謝れ!許さない!と叫んでいる人は痛いと言う現代の俗物とも言えますよね。社会に適合性が無いともコミュ能力が無いともいえる、コミュ能力とは脳に10%の遊びが許容できるかだとも思う。

    1. 中傷に類する難癖は謝罪すべきでしょう?
      何言ってんの?
      あと、「お前はバカだ!間違っている。」という口調で間違った事(見当違いのロジック)を言い出す〇誌さんみたいな人は、謝罪すべきでしょう?
      ホント、君、何言ってんの?

      1. 私個人としては中傷されたと分かった場合は、相手が解るまで反論したり、睨んで笑ってシカトします。
        誤れ!とかごめんなさい!と留めを刺すような事まで致しません、喧嘩は嫌いですから。
        これでは東京裁判と戦後教育を思い起こさせますよね。
        私は、幼稚園で頭を叩いたから頭を下げさせごめんなさい躾と違って、良い大人なんだからそれなりの事情とか経緯が在ったりしたのでしょうから、そのくすぶった火を消すことは出来ないでしょう。そのくすぶった火が燃え上がって刺されたりする修羅場は嫌ですから。

        1. 私は、いじめられっ子を守るために、いじめっ子と戦ってきた人間なので、あなたのようなイジメを見ても、または自分がいじめられても、傍観的な姿勢をとる人間とは感性と精神構造が根本的に違います。

          そこには、良いも悪いも早計には判断できない違いが存在するのです。
          洪水に対して、逃げて別の土地に住む事、洪水を防ぐ工事を行う事、どちらが良いのか判断はできません。しかし、その生き方は根本的に違います。

          強大な敵を前にして、闘って死ぬか、奴隷としても生きるか、そこもどちらが正しいかは結果論でさえもなかなか判断できないのと同じです。

          でも、ちょっとここではそれとは意味合いが違います。
          謙虚さや事大主義を話題に上げながら、個人的に私を攻撃するなら、そりゃフルボッコにしますよ。
          徹底的に。
          当然じゃないですか。あなたの事じゃないですよ、このコメ欄では上〇寺さんの事です。

        1. 大差あります。

          「何言ってんの?」
          これは、決めつけ方の罵倒表現ではないのですよ。
          「バカ者め!」という意味だけではなく、
          「反論できるもんなら、よくよく考えてから、反論してみろ!」
          という意味を含んだ挑発なのです。私は挑発の意味で使っています。もちろん、底意地悪い罠でもあります。反論したら、その反論部分を吟味して、叩き潰すための罠ですから。

          理路整然と自分の意見を、一点の曇りもなく言える人なら、
          「何言ってるの?」という威圧に対して臆する事なく、反論してくるでしょう。
          「わからんのか!こういう事だ!」ってね。
          私はそうしますよ。現にそうしていますし。

          よくよく考えたら自分の意見が、自分の都合だけを並べ立てた(もしくはダブルスタンダードなだけ)と気付けば、押し黙るでしょう。
          賢い人間は、自分の悪意や間違い(愚かさ)に気付けば謝罪しますよ。マジな話。

          1. 私の表現が悪かったようだ。
            多分、コメの応酬に関して、初心者Aさんには全般的に意味が通じてないよね。要するに何が繰り広げられているか文脈と全体像が分かっていない。

            皆もそうだけど、
            謙虚じゃないとなぜ悪いのか、学歴を開示する事がなぜ悪いか、結局、何も説得力ある主張で論じてないんだよね。
            学歴による序列社会だってなぜ悪いのか論じないと。
            朝鮮人的だから悪いなんてことはそもそもあり得ない。

            学歴に関しても、
            人間性や可能性を数値化や可視化できないから、偏差値で人材の能力に対する保険にしているだけでしょ?
            そのこと自体はとても合理的なのに、批判する議論は見当違いなモノばかり。じゃあ、何を基準に企業は判断するの?人間性やセンスはなかなか客観的な基準で判断できないでしょ?
            じゃあ、学歴で評価するのはベストではなくても妥当であるのだから仕方ないやん。

            あと、議論の中身(論理展開)を放棄して、イメージ的な”朝鮮人らしさ”や、”日本人らしさ”で主張の核心を誤魔化している。
            そこを読み取れていますか?
            コリアン(朝鮮人)という部分を消していけば、中身スッカスカで相手(私)への批判が成立しない文章なら、もう批判としての実態はゼロなんですよ。
            コリアンと論じなくても文章として説得力が無いと読む価値もありません。
            私自身が口の悪い事は認めますが、中身の無い議論に、「バカだろ、お前、鏡見ろ」と言うのは何も間違いではないと思うよ。

  5. 「なんだ!その言い方!気に食わん!そんな奴の意見なんぞ聴く耳も受け入れる気もない!」ってほぼ門前払いじゃあ、なんも生まれないかも。
    研究者とそうでない人では、大切にしている事が違うんじゃないのかな?同じ土俵に来いと言っても意味はないと思います。

    独り言であります。

    1. 悪意がある奴は、殴られて当然ですよ?
      私は自慢しているのでも、議論を封殺しているのでもない。殴っているのです。

      私の口調が悪かろうが、中身にただ悪意あるスッカラカンな事を書いているのは、あちらさん。
      あなた方は、自分がもしハーバード大学卒なら、早稲田卒と話題にしている人間に、自慢だと感じると思うか?感じそうもないだろ?
      結局、そこに謙虚さが足りないとか、自慢しているとか、感じたら、どう言おうが学歴コンプなんだよ。

      謙虚さとは、所詮は比較であり、100の誇らしさがある人間が10を表現しても、それは十分に謙虚なの。
      しかし、その謙虚な人に対して、1の誇らしさしか持たない人間から見れば、10の誇らしさでさえも自慢に感じるワケ。

      結局、人間とは、相当客観視を訓練していないと、差や比較で物事を認識するものなの。
      自分のレベルまで相手を引き下げないと気が済まないような自分の無意識に気付くべきだね。

      1. ノブスケさんが言論封殺しているとは思っていません(^ ^)

        何故ノブスケさんが「学歴が〜・知力が〜」と書く相手は特定のHNの人達に対してだけなわけで、仮に経緯が分からなくてもそれらの人と何かあったのかな?位は想像できると思うわけです。

        大学卒業している人なら、なおのこと、教授や准教授に行き詰まった時にヒントが欲しくて「研究室(私が卒業した学校は教授も准教授も研究室に居ました。他の学校の事は分かりません)」に行った経験もあると思うのです。そんな時は教授・准教授がどんな感じだったか思い出せば、つっけんどんな物言いでも、実は嬉しそうにヒントや頓珍漢すぎた場合(ちっと呆れながら)軌道修正してくれる教授・准教授って居なかった?と思ったのです。
        私は大学教授や准教授や専門分野の研究者の人には、ドップリ浸かって下さいと思うタイプです。

        もうね、卒業したのが随分前なので、用語等が間違っている可能性大です。そこは甘く見て下さい(予防線張ります。)

        1. そういう学生は教員に悪意を向けない。
          悪意を向けたら、叩かれて当然。

          そもそも、よく考えてみるべきだよ。
          学歴開示への批判もまた朝鮮人的なのだと気付かないかね。今、現にムンジェイン政権が学歴無効化政策をやっとるがな。
          ムン自身がまったく同じ発想でw

          ここでのコメントで謙虚さを求める意見の多くは、単に自分のチンケなプライドを守るように、他者に気を遣ってくれとワガママ言ってるだけである。
          謙虚さは他者ではなく本人のために持つべきであって、本人が謙虚さを要らない状況だと判断したら、その場でサクっと放棄しても良いと思うけど?

          それと、
          他者を俗物だと批判する人間の方が遥かに相手より精神的な次元では俗物であることも、頭の良い人なら気付いたはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。