韓国紙、見苦しいだけの必死さ・・「安倍はお坊ちゃま出身で右翼モンスターだ!日本人がそう言った!」

アオキオサム氏の「安倍三代・お坊ちゃまはどうやって右派のアイコンになったのか」が韓国で出版されました。

安倍総理のお祖父様(安倍寬氏)などを「平和主義者」「在日同胞とも仲が良かった」などと紹介しながら、「そんな平和主義者の末裔である安倍総理がなぜ右翼なんかになってしまったのか」という展開・・のようです。

書籍そのものを読んでないので(いまのところ読む予定もありません)本そのものではなく、このエントリーは韓国側の紹介記事を扱った内容になります。

 

ここから「続きを読む」の後になります

「良い子アベはなぜ右派の象徴になったのか」(ソウル経済)

<・・これといった政治信念や哲学がなかった安倍晋三は、政治世襲構造の中に政界に入門して完全に変わったというのが著者の評価である。安倍総理の昔の職場の上司がインタビューで伝えたという言葉が印象的だ。「子犬がオオカミの子の群れに入った後、オオカミのようになってしまった」>

http://v.media.daum.net/v/20171111033623025

 

「平和主義者の末裔アベはなぜ右翼モンスターになったのか」(東亜日報)

<・・安倍総理が極右派のアイコンとして浮上した理由は何だろうか。著者は、「世襲政治」の産物だと分析する。日本で国会議員、親、祖父母の選挙区で当選した政治家を「世襲議員」と呼ぶ。先月第48代衆議院選挙当選者の23.4%が世襲議員であった。安倍総理は祖父岸を尊敬していた平凡な青年だった。そうしているうちに、父の選挙区を受け継いで、国会に入城した後、「右翼モンスター」になった。安倍一族の一代記は、日本現代史を圧縮して示している>。

http://v.media.daum.net/v/20171111030114682

 

真っ先に思ったのが、「何様だ、こいつら?」です。思想とかの問題ではなく、態度が見苦しいですね。

まるで、戦う気はもう無く、「相手は俗物だから」と見下して、「見下しているから俺の勝ちだ」と満足しているような雰囲気です。本当は「臓が捻られて」いるでしょうに。シンシアリーのブログまとめページですかここは。

 

反安倍勢力(それが韓国の勢力だろうと日本の勢力だろうと)が安倍総理を見下そうといくら頑張っても、いまのような状態で、安倍総理が彼らに構う理由があるのでしょうか。選挙はいつも安倍総理の勝利です。国民はいつも安倍総理を選びます。そんな状態で、反安倍勢力がいくら安倍総理を見下そうと必死になっても、それは虚しいだけです。

そう感じた月曜の夜でした。

そろそろ紅葉・・・いやちょっと早いかな・・・

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“韓国紙、見苦しいだけの必死さ・・「安倍はお坊ちゃま出身で右翼モンスターだ!日本人がそう言った!」” への80件の返信

  1. そもそも「アオキオサム=こいつ誰?」なんですが(笑)
    要するに、ただのルサンチマンってやつですか。
    一顧する価値もないですよね。

  2. 日本でも欧米でも左翼の主流はリベラリズムでもなければ共産主義でもないと思いますよ。

    ボーダレスとか多文化主義とか反レイシズムと称するマジョリティ差別とか、国家や民族を壊したい人々=アナーキストだと思います。

    この人たちは自分が正義なので、目的のためには嘘も歪曲も扇動も正当化されると考えているし、ポリコレによって他者の言論の自由を制限することを厭わない。したがって、彼らは自由主義者(リベラル)ではないです。

    また、経済政策的なことにはあまり関心がないので一貫性がないように感じます。それよりも彼らの関心は憲法9条とか天皇制とか靖国参拝とか在日とか国家や民族に関わることなので共産主義者でもないと思います。

    1. >クエ さん

       そういった「ボーダレス」の思考の歴史的経緯に、注目するべきだと思いますよ。
       源流はおそらく「ユダヤ」でしょう。国家を持たず、他国の内で生きながら、その国の文化と解け合わず、他国のユダヤ人と連携する人達。国際金融資本の半分くらいはユダヤ系から出ていると思われるし、国境のない自由なグローバル経済が国際金融資本には都合が良い。
       さらに、ユダヤ系のマルクスは、国家を越えた全人類的な真理として唯物史観とプロレタリアート革命を掲げた。ソ連も国境を越えて革命誘発の工作に向けて動いた。社会主義・共産主義の理想が敗れた現在、マルクス思想信者の夢破れた残滓が左翼なんだと思います。
       左翼に反対するのが、国家や民族を大事にする思想で、それを右翼とするなら、その意見には賛成です。

  3. 安倍首相は11世紀の武将、安部貞任の末裔だそうです。
    東北の蝦夷の安倍氏が、九州で処刑され流れて山口へ。
    祖父は大津聖人といわれた安倍寛。
    母方の祖父は岸信介、大叔父は佐藤栄作。
    みな、国のために働いた立派な人達じゃあありませんか。
    親族が収賄容疑をおこしたり、汚らしい犯罪に手を染めた一族ではないことは確か。

  4. 私は「阿部三代」を読みましたので、感想を述べさせて頂きます。
     読後の感想は、一言でいえば「悪意を隠した、ひっかけルポルタージュ」でした。
     書籍の内容を要約すると「祖父、父は反戦平和、庶民思いの「良い」政治家だった。三代目の安倍信三首相は、凡庸で能力に掛けても、七光りで総理になれた。けれど 母方の祖父の影響をうけてしまって平和を乱す「悪い」政治家になってしまっています。皆さん気をつけましょう。」になります。
     なぜ、これが、「悪意を隠した、ひっかけルポルタージュ」かと言えば、まず、この書物は、ルポルタージュの形式をとっていますが、まず最初に著者の主張があって、その主張にそう証言だけを採用していること。また、安倍総理夫人昭江夫人まで登場させています。彼女は、「安倍総理は映画監督になりたかった人なのです。」と持ち出して「阿部総理=レーガン大統領」のように、自分の主張を人々に分かってもらうことに長けていると、主張しているのですが、著者は「阿部総理=中身のないそう総理演技者」に曲解して説明しています。
     例えば、安倍家の菩提寺の住職の言葉として「このあたりの者で、寛さんや晋太郎さんをわるくいうのは一人もおらんでしょう。…でも、それに比べると晋三さんは…。」というのが、紹介されています。
     これは印象操作です。その理由は「…」にあります。もし著者の望むとおりに、住職が「それに比べると晋三さんは」(悪くいわれる。)とか、(信頼されていない)というような言葉を発していたならば、「…」ではなく、実際の言葉が紹介されているはずです。「…」にせざるを得なかったということは、逆の意味の言葉であった可能性が極めて高いと思います。
     また、おそらく安倍晋三総理は、この寺の総代クラスの大檀家だと思います。外の人に、檀家の悪口を言う住職は、まずいません。ですから、この記述は印象操作を狙ったものであるといえます。
     そして、このルポルタージュに登場する、安倍首相の地元の有権者や恩師・友人・元上司・同僚国会議員の全員が、ほぼ安倍晋三総理に批判的な意見のようなことを言っていたことになっています。 つまり、この本を読んでいると支持者のいない安倍晋三氏が、「なぜ、総理大臣になっているのか。」、いやそれよりも、「なぜ、選挙で当選できるのか。」不思議になってきます。
     圧倒的多数投票数で当選を重ねているのだから、絶対に支持者はいるはずなのに、この本の中には、なぜか支持する意見を言う人はいません。つまり、ルポルタージュと言うよりは、プロパガンダです。
     なぜ、そう判断したかと言えば、P89に安倍総理の「戦争法案などといったレッテル貼りはまったくのあやまりだ。」「戦争を未然にふせぐためのものだ」等という発言に対して、著者は「そんなことはあるまいと、私は思った。」と記されています。
     つまり、彼は安倍総理が何を言っても「信じない」と言っているのです。
     良い事を言っても、それは嘘のはずである。なぜなら彼は「悪い」政治家だから。と著者は自分自身を洗脳しているようでした。そのために、彼が 安倍総理に騙されていると認識している「現実」の支持者の声は、彼には聞こえません。反対者だけの声だけが聞こえるのだと思います。
     こういう思考方法なので、「安保法案」の時には、法案に書かれていない、「戦争をやります。徴兵します。という幻の文字」に反対運動をしていたのでしょうか。
     日本の著名といわれる言論人が、青木氏だけでなく、‘現実にはいない自分の妄想で造ったヒットラー=安倍総理‘という蜃気楼に向かって、ヒーロー気取りで攻撃している姿を、私は「悲しめばいいのか。笑えばいいのか。」判断に苦しんでいます。

    1. 同意します。

      ”戦争法案”に関しては、その根拠となる条文を示せない時点で、マスコミやジャーナリストの知的な意味での敗北です。印象操作でしかないですね。
      「だから、どこの条文が危険なのか、具体的かつ論理的に説明せよ!」と思ってニュースの特集をテレビで見ても、毎度その答えを出さない連中。

      しかし、青木理氏の凄いところは、こんなレベルでジャーナリストと名乗っちゃう肝っ玉の強さでしょうかね。
      その本によると、安倍晋三は凡庸らしいですが、確かに、青木理氏は、法律の条文を説明せずに、その法律案の影響を論じる予知能力を持っているようなので、さぞかし安倍晋三が凡庸に見えるのでしょうね(呆。
      きっと、青木氏は超能力者なんですよwwww

      1. 伊藤詩織さんも前職はアルバイトかキャバクラ嬢で今は国際ジャーナリストですから、英語力もすごいらしいし。
        I fucked without contraceptives ! などと事後に大声で叫んだそうです。
        contraceptivesって、複数形ですって? 辞書で引きました。
        青木理さんなんかは堂々と名乗れるでしょう。

        1. 伊藤詩織さんは、枕〇業失敗に逆切れして、〇姦被害者ぶっているという深刻な疑惑がネットでは提起されていますが、
          あの方は、未来のオモニ、未来のハルモニですから、いずれ反日の象徴となることを、かのノストラダムスが予言したとかしなかったとか。
          そのうち、米国大統領とハグしたり、ノーベル平和賞に推薦しろ、、とか言い出す未来が見え隠れwwww
          クワバラクワバラ、、、。

    2. 檀家を評するお寺は、クズですね。まあ、若い坊主か、さもなくばいつまでたってもコンプレックスだらけの糞坊主でしょう。これこそ、根拠のない上から目線です。

  5. 青木理とは・・・
    韓国から日本の良心勢力に認定される日本の左派ジャーナリスト。
    テレビに出ている理屈っぽい陰湿なメガネ野郎。(要ソース
    本質的な議論を避け、必ず小さな問題点を糸口にして自分の持論を展開する傾向を持つ。
    彼に本を書かせるとこで、悪党の思考が分かると言っても過言ではないほど、日本国民に大事な示唆を与える貴重な存在。(要ソース
    彼を売国奴という論調もあるが、国籍が未確認であるため、実は韓国や朝鮮に対する愛国者である可能性も捨てきれない反政府思考の持ち主。

  6. 政局闘争しか出来ない無能な野党のおかげで、選挙の争点が「安倍か、それとも安倍以外か」になって久しいですが、その意味では安倍氏の存在は極右かもしれませんねw

    昭和的な伝統右翼とは全く思いませんが。

  7. 戦う気がないくせに戦ってるフリをしてるのは日本の野党も一緒です。
    安部自民と正面からガチでやり合うだけの、将来に対する展望も戦略も理論もなにも無いから、つまらないモリカケだのスキャンダルだのにひたすら拘るしか道が無い。
    本当にダメダメ。
    フリだけしてればどこかからかお金がもらえるから、ただそれだけのために議員やってんだろうなーと国民にはもう見透かされてるんだけど……

  8.  青木理の著書に『安倍三代』というのがあるようですから、これの翻訳でしょうか。
     左巻きの本は韓国で翻訳されるが、右派の真っ当な本は翻訳されず、韓国マスコミで袋だたきですからね。日本以上に「閉ざされた言語空間」ですね。

  9. アオキオサムって青木理でしょう?
    そんな人の本(たぶん「安倍三代」)を参考にしてるのねえ・・・
    しかも朝日出版社が出してる本(笑)

  10. 政治的立ち位置は、ポリティカルコンパスの2軸=政治的自由(思想・言論の自由)、経済的自由で理解するべきです。
    左右の1軸で分けるというのは、サヨクのプロパガンダというのを自覚して欲しい。アイツ等は経済的左派だけど政治的左派(リベラル)じゃない。思想をも統制したがる全体主義者。

    ところで、昨日(11/13)の『かんべえの不規則発言』 http://tameike.net/comments.htm#new に安倍首相や岸首相のインドとの関わりの話が載っていました。
    私は、麻生さんが唱え安倍内閣の基本戦略になっている『自由と繁栄の弧』をずっと支持しています。そのために日本は積極的にインド太平洋地域へアメリカをコミットさせようと動いている。インドもアメリカも油断ならない相手だけれど利害を一致させれば共に繁栄できる。これが外交というもの。

    1.  「左派」をどう定義するかはいろいろあると思うんだけど、私の場合は「左派=リベラル(自由主義)」じゃない。「マルクス思想への親和性の度合い」を物差しにしている。いまだに共産主義や社会主義を目指している人は少ないだろうが、唯物史観的に思考している人やその影響を受けている人、あるいは、目指すべき社会を「理想の人権社会」に置き換えている人なんかは、かなりいると思う。どちらもマルクス思想の影響を受けている。
       私が「左巻き」という場合は、こんな人達をイメージしてます。

      1. 私が考える「サヨク」もほぼ同じです。

        ポリティカルコンパスの2軸とは別に保守主義(バークの近代保守主義、漸進主義、現実主義)と革新主義(理想主義)の対立軸もあって、マルクス思想は完全に後者。
        革新するには大きな政府と思想の啓蒙(統制)が必要なんて考えると全体主義に一直線。これが「サヨク」だと思います。

        しかし、自称保守派でも懐古主義や復古主義になると理想主義になります。これがいわゆる「ウヨク」。
        また、リベラルでも天賦人権説だと理想主義になってます。保守主義的には人権は社会との契約で勝ち取った権利なので。
        リベラルな保守主義って理想を語らない(理想を押し付けない)から弱いんですよね。サイレント・マジョリティですが。

        もっとも安倍首相も理想主義者なんですよ。周囲の取り巻きの自称保守の政治家も。だから「ウヨク」というのは間違っていない。でも麻生さんやブレーン達は現実主義者です。

        1. >motton さん

           motton さんの物差しは何本あるのかな? 2本ですか、3本ですか? 右と左に分けるなら、もの差しは1本しか使えないのでは? 

          1.  おそらく、motton さんの物差しは3本。
            1 政治的自由(政治的リベラル)=思想・言論の自由
            2 経済的自由(経済的リベラル)=市場・貿易の自由
            3 保守主義(漸進主義、現実主義)vs 革新主義(理想主義)
             
             いまの日本では、1と2の物差しでは、右とか左とかはもう呼べない。保守だとしている自民党が、真の意味でのリベラルだからね。日本のマスコミでは、立憲民主党がリベラルとか言ってるが、何言ってるんだかという感じだ。
             なので、基本は3の物差しなんだが、日本の左翼は「革新主義」くずれのマルクス思想シンパの残滓で、もう革新的ではない。その実態は、戦後レジーム派で、親レッドチーム派で、なんでも政府反対派で、理想の人権主義を夢みる人達。グローバリズム経済にも親和的。
             そうすると、その反対の保守主義(漸進主義)は、日本の国家を大事にして、日本の歴史・文化、伝統を尊重し、戦後レジーム脱却を目指し、ブルーチーム堅持で、漸進改革を着実に進める人達。
             こんな まとめで、どうでしょう。

      2. まったくの間違いで、マルクス思想というのは、右でも左でもなく資本主義に対する共産主義思想、独裁思想なんですよ。

        彼はそんなこと主張していないというかもしれないが、彼の後継者が結局体現したとおりに。

        1. つまるところ保守主義に対する理想主義が左翼であるわけで。
          自由民主党(リベラル・デモクラティック・パーティ)は革新政党であり、保守じゃないわけです。

          かえって護憲・安保反対・何も変えるなという足を引っ張るだけの野党・共産党のほうが日本では保守になっている。

          自由民主党は、愛国で革新といういいとこどりの政党なので、結局のところ広範な支持を集めることができる。

          1. あのさあ。整理しようとしているのに、またごちゃまぜにするなよ。

            ポリティカル・コンパスの2次元の軸は目標(理想、最適な位置)がどこにあるかの軸。
            保守主義と革新主義はその目標にどうやって到達するかの軸。急進的に変えるのが革新主義。保守主義(バークの近代保守主義)は漸進主義。

            だから、護憲のような「何も変えるな」は保守主義じゃなくて革新主義。自分にとっての理想だから(現実への適応なんか無視して)変えたくないだけ。
            日本人は(日本人が支持してきた政府は)ずっと保守主義。憲法の解釈だって少しずつ変えてきた。憲法学者が違憲と言おうが現実への適応を優先して自衛隊を保持してきた。

            もっとも、「まったくの間違い」なんてすぐ使ってしまう七誌さんは保守主義を理解できないだろう。保守主義の背景にあるのは、自分の知識知能に対する謙虚さだからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。