イ・ヨンス慰安婦「今度は習近平に会わせてほしい。ノーベル賞候補に私を推薦しなさい」

トランプ大統領をセクハラした韓国の安婦、イ・ヨンスが、今度は「習近平中国主席の訪韓のときにも私を呼んでくれ」と公開的に要請しました。また、自分をノーベル平和賞の候補に推薦してくれと強く要請しました。

また、自治体の市長がイヨンスを「イ・ヨンスお母さま」と呼んでいることもわかりました。

まさに、慰安婦無双です。

 

ここから「続きを読む」の後になります

以下、(多分、慰安婦施設のある自治体の)市長がSNSに公開した内容です。「イ・ヨンスお母様が強く要請なさった」とのことです。

・イ・ヨンス「習近平主席が(首脳会談で)韓国に来たら私を呼んで。一緒に日本の謝罪と賠償のために努力しようと言いたい」

・イ・ヨンス「私をノーベル平和賞候補に強く推薦して欲しい」

※本文のニュアンス的に、前から繰り返して言ってるらしいです。弁護士とも相談しているとか

・イ・ヨンス「独島エビおいしかった。なぜ日本が抗議するのかわからない」

・イ・ヨンス「(市長を)愛してる」/ヤン・ギデ市長「私も愛しています」

この市長、慰安婦たちの国連訪問を推進しているとのことです。

http://v.media.daum.net/v/20171111100210720

 

イ・ヨンスは市長を「市長息子」、ヤンギデ市長はイ・ヨンスを「イ・ヨンスお母様」と呼んでいるようです。

慰安婦=絶対善ですから、その味方をして善人を演出したいのでしょうか。それとも、たかが市長が、無敵聖女である慰安婦に頭を下げないと生き残れないと判断したのでしょうか。それとも、「『愛』国心」なのでしょうか。もう国そのものですもんね。慰安婦は。

どのみち、内容がキモすぎたことを深くお詫び致します。特に食事中の方々に。

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“イ・ヨンス慰安婦「今度は習近平に会わせてほしい。ノーベル賞候補に私を推薦しなさい」” への121件の返信

  1. この人の過去の証言から推測すると、米軍慰安婦だったようにしか思えないんですよね・・・。
    もう、ファンタジーを超えててなんて言って良いのやら汗
    もし、万が一にでも平和賞を受賞することがあるとしたら、ノーベル賞は過去にあった人種差別による日本人への化学賞の受賞をさせなかったアレに匹敵する過ちになりますね・・・。
    以外にありそうで怖い笑

  2. 日韓首脳会談は無かったんすかね?
    安倍首相もブン大統領も同じベトナム・フィリピンに滞在したはずですが、
    今のところは、首脳会談が無いみたいですよね。
    明日の朝にでもあるんかいな。

    もう一つ気になってるのは、
    最近の韓国メディアの微妙な報道です。
    21時時点で中央日報の日本語のサイトには
    >「明仁天皇、高句麗がいつ・なぜ滅びたかお尋ねに」
    >韓国外交部、日本政財界の要人と会って「関係改善に意志表明」

    「天皇」を使ってますw。
    朝鮮日報の日本語サイトにも
    >韓国次官が日本政府・財界関係者らに関係改善の意志表明
    の記事はあるんですが、

    中央日報も朝鮮日報も韓国語サイトには、
    関係改善の記事が出てこないのなw。

  3. >イ・ヨンス慰安婦「今度は習近平に会わせてほしい。ノーベル賞候補に私を推薦しなさい」

    平和に貢献するどころか、国家間の紛争を扇動するのに貢献している件。

  4. ( ゚Д゚)これ誰が吹き込んでるんです?
    そろそろ慰安婦と呼ぶのも厭わしくなってきました。理由はどうあれ当時の必要を満たしてくれた方と同じ職業に従事したからといって、この人と同一視されるかと思うと耐え難いものがありますね。

    市長は無双の恩恵を受けるべく全力で抱き付いているんでしょうかね。お母様の服の裾に縋り付く子供のように。

  5. 世界最高の軍事力と科学力をもつアメリカ様に日本を嫌ってもらうカードが従軍慰安婦外交カードであって、すでに反日している中国はそのカードを持っても意味がない。すでに韓国との外交上の合意を経ている今、中国が割って入る余地はない。
    この婆さんのノーベル平和賞狙いという虚栄心剥きだしの意向と韓国政府の意向はちょっと違ってきているね。

  6. たまたま今読んでるアドラー心理学に書いてある文章ですが、劣等感を先鋭化することで、特異な優越感に至るそうです。不幸であることで特別であろうとし、不幸である一点において、人の上に立とうとする。自らの不幸を武器に相手を支配しようとする。
    まさにそんな感じですよね。このおばあさんは、慰安婦である自分がなくなったらなにが残るのでしょう…。
    ただ韓国の場合はその不幸すら嘘や大げさに騒ぎ立てることが多いのが怖いと思います。武器を得るために嘘をつく。まがい物の武器で敵に挑むことになりますが、韓国ではその武器に利用価値があれば、ウリたちにとっては錆びた剣がロトの剣に見える。錆びてるよ〜って教えても受け入れないし、錆びて見える者が間違っていると決めつけ攻撃する。
    どうしたものやら。
    さて、本の続きをのんびり楽しみま〜す。

    1. >相容れないさん
      不幸自慢、ですね。
      私の不幸が世界最高の不幸である!
      高齢者によくある、苦労話の最上級?合いの手としては「スゴい!聞いたこともないくらい大変な事だ!あなたはエライ!」w

  7. 今年のノーベル平和賞の受賞が決まったICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)はノルウェーのオスロで12月に開かれる授賞式にカナダ在住の被爆者、サーロー節子さん(85)と広島と長崎の被爆者2人が出席する予定です。その際、この反日反米慰安婦は得意の抱きつき攻撃を3名に現地で行うそうです。「来年は私を推薦するよう授賞式で話して!」と耳元で呟くのです。今、ノルウェーTVを幻視しました。おお怖!

  8. 私は軍の慰安婦という職業は楽しく稼げるいい商売だったとは思いません
    親に売られて、男に騙されて泣く泣く身を売っていた女性には同じ女性として同情します
    ただ、日本の謝罪と賠償は必要ないですけどね
    しかしこのお婆さんだけには本当にひとかけらも同情心というものが湧きません
    こんな化け物みたいな人間を作り出してしまった韓国の歪みの結果はきちんと韓国人が引き受けて欲しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。