ビニール

近くの工事の時に、「ご了解願います」という告知が来て、それが大変嬉しかったとエントリーしたことがあります。

その後に、キッチンで使うタオル付きで「ご了解願います」メモが来たこともあり、いろいろ嬉しかったですが、今日もまた同じ内容です。

 

ここから「続きを読む」の後になります

いままでは何かを建てる工事がほとんどでしたが、先週、何かを埋める工事・・多分、自治体で行う街のインフラ整備だと思われますが、そんな工事が始まりました。これも前もって告知が来ていましたので大して気にしませんでした。

土曜に車を適当に拭いていたら、ちょうどその工事の関係者から、「14日の朝から夕方までは(工事のせいで)この駐車場から車が出入りするのが難しくなります」と説明を受けました。私は「14日は車を使いませんから、大丈夫です」と答えました。

いつでも「働きたくないでござる」モードになれるのが作家のいいところです(悪いところでもあります)。14日は遠くにいかなければそれでいいだけです。

今日14日、パッと見て、工事の現場が、思ったより駐車場に近すぎる気がしました。

これじゃ、車がずいぶん汚れるだろうな・・とちょっと心配で、外出のついでに駐車場に寄ってみました。

すると、なんと、車が大きなビニールでカバーされていました。

うれしいですね。

こういうのも、日本では普通なのでしょうか。

 

こういう文化に、もう少し能動的に参加できないだろうかと思う、今日のじゃぱんらいふです。

 

♨ 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“ビニール” への44件の返信

  1. うちの前の道路もアスファルトを掘り返してます。

    それは置いといてw
    光州事件関連の記事がハンギョレに出ています。
    http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28969.html

    この話が信用できるのなら、遺体の発掘にも進みそうですし
    遺体が見つかれば大騒ぎになりそうです。
    政府発表の犠牲者数が嘘(間違い)だった事になります。

    しかし、この政権のこの時期に・・・

  2. >ビニール

    こういう話題がイイですね。
    日本人には当りまえというか普通で、外国人には珍しい。
    これこそ少生の期待するブログのスタイルです。
    これだったら青筋立てての罵倒も侮辱も起こりません。
    マッ、小生が言えた立場ではありませんが。
    では、どうかお健やかに。

    1. 青筋立ってる訳ではありませんが、小生と言う言葉、上司とか何か成し遂げた人が、同輩とか目下にへりくだってい使う言葉と教わっております。
      この様な、目下とか同輩だけが読むのではない公開一般の所、新人さんは、
      つまり社会の人は全て自分より目下か同輩と考えておられる様な方なのでしょうか。
      (参考)
      https://dictionary.goo.ne.jp/jn/109086/meaning/m0u/

      1. >初心者A さん

         私は違和感ないですけどね。
         「男性が自分をへりくだっていう語」なんですから、謙譲語なんですよ。 ここのネットでは上下関係はないわけで、同等な相手に対して「へりくだって」いる言葉と私は解釈します。

        1. 有難うございます。
          でも、例えばご隠居が八さんクマさんに対して「小生」はご隠居が遜る謙譲語なんですね。
          八さんはご隠居に対して「小生は」と言いません。明確にご隠居は知識人、クマさんは教えを願うという暗黙の上下関係が在る訳です。
          語源の明治の書生の「小生」も昔の書生は大学に行ける当時まれなインテリで、身分か知識の上位者と認められて居たわけです。
          夏目漱石が「小生は」と言っても、本屋の店主も家主も米屋も編集者も漱石に「小生は」とは言わないのです。

          つまり使い方としては、知識とか社会的な上位関係が明白に相互に認められている上位の人間が、遜って使う言葉だと理解しています。
          ビジネス用語としてはこの意が受け継がれています。
          従って、見ず知らずの人間が、相手の素性も解らず「小生は」と名乗るのは、不遜か知識不足だと「私は」考えております。

        2. >上下関係はないわけで

          ビジネス的には上位者とか顧客に使うのは禁句ですし、自社の同輩、同期で使えば変人か古物かと言われます、昔の書生同志では虚勢を張ったのでしょうね。
          ネット界では上下関係は無いでしょうけど、酒の席で上司が此処は無礼講ですと言えても、部下が此処は無礼講ですと言えない様に、見ず知らずの場に、年齢とか経験とか知識量とか、上下関係のないネット界でも、上下は存在しますので、ここは皆同じだからねーと言って闖入するのは、とても遜った態度とは言えないような気がします。
          強面でも見ず知らずの人に、誰でもおー!と言って肩を叩けるような人は出来るかも知れませんが。性格かも知れませんね。

      2. 初心者Aさん>
        つい最近の記事のコメントで新人さんとやり取りした時に、70代とおっしゃってました。それこそ、全部目下だと考えていても良いんじゃないでしょうかww

        まぁ、そこそのものは重要じゃないと思うんです。新人さんのパーソナリティを考慮して発言しろということではないし、個々人を区別するべきではないと思います。
        ただ、色んな人が居ると思っていただきたいと感じました。
        驚いたんですが、ここにコメントされる方ってご年配が多いみたいなんです。しかもネットを日常的に使っていて、おそらくは長年日韓関係を注視してきた方々が。
        面白いと思いませんか? もちろん誰かを傷付けるような発言があれば咎めるのは、シンシアリーさんではなく読者側である方が角が立たないとは思いますが。それでも言葉狩りのようなことをしていくと色んな立場の人の忌憚ない意見が見られなくなって、とてもとても勿体ないと私は思うんです。
        あくまで個人的な意見ですし、“小生”が偉そうに見えるというのは分かる部分もある。でも、中身に対して論じていった方が、より面白い議論になると思いますよ? 言葉が違えばこそ。立場が違えばこそ。

      3. 「書生」は自身を「自立出来ない半人前(誰かの家に居候していた)」と自覚していたので、
        一人称に「小生」を半人前の意味で使ったのだろう。

        個人的には「朕」「余」「麻呂」「我輩」「儂」「あちき」「妾」「拙者」「身ども」「俺」
        「おいら」「自身の名」など、何を使われても気に成らない。(阿呆だと思う事は有るが)

        個人的には「小生」は使われてもまったく気に成らない。

  3. そういう気遣いのある社会はありがたいもんです。が、物事なんでもプラスマイナス陰陽があり、それによってどんどんクレームの閾値が上がっていく、異常に摩擦を怖れるようになる、事なかれ主義蔓延、自分で考える、工夫する能力を無くす、ということにつながるんじゃないかと危惧します。
    最近、「不便益」という概念を学ぶ機会があり、これからの日本に必要なものじゃないかなと思いました。

  4. 私の主人は建設関係の仕事をしていますが「ご近所対策」が一番大変だと昔から言ってますよ
    転ばぬ先の杖、備えあれば憂いなしです
    多分、大手なら対策マニュアルもあるんじゃないでしょうか

  5. 車は財産に当たるので、損害を充てると大きく請求される可能性がある。
    ならば、千円程度の保護材で未然に防げるのならば安いものw

    これが現代日本の防止策の一つですなww

  6. それは万一車に損害を与えたり(与えてなくても被害を受けたと偽りの訴えもありうる)した時の人件費を含めたコストとビニールシートをかけるコストを比較した結果だと思う。特に工事業界全体が被る信頼の損失はプライスレスかも。一方でそこまで気を使っているという信頼の醸成もコスト換算しづらいのかと。

  7. 「なぜ日本のご飯は美味しいのか」拝読しました。銭湯がお好きなようで、同好の士として嬉しく思います
    車のビニールは、気遣いというより事前にクレームの芽を摘むという作業でしょう。日本はパラダイスではありませんが、穏やかに実りある日々を過ごせますよう願っています

  8. 最近は車に保護カバー掛けるのがふつうですね。

    取材したらいいんですよ、あなたは著作家なんだから。取材の仕方などは編集者さんに相談したらいいのです。

    自分の足で知る事もあるのではないですか?

  9. 今日J-アラートの試験放送がありました。緊急時作動しないと問題ですしね
    今は事後対策ではなく予防に移行してます
    ハインリッヒの法則など有名ですが、とにかく事前に計画・対策するとの考えです
    日本では銀行システム統合などで色々聞きますが韓国は聞きませんね
    例外処理がないのかな

  10. この場合、3つのハードルがあるかな。
    1つは、事故の可能性に気付く事や経験を通じて衝突を予測する事。
    1つは、予測できた面倒事への対策を思いつく事。
    1つは、少々手間でも対策を実行する事。

    気付いても、実行までやらなければ、気付かないのと同じです。

    韓国でそれができないのは、どの段階ですか?
    2つ目は、他者がやっていれば思いつく必要はありませんので、大抵は省略できます。
    1つ目なら、知能の問題です。3つ目なら、責任感や誠実さの問題です。
    それともビニールを被せると、そのことに苦情が来て賠償金でも請求される社会ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。