「白」から「浄」や「潔」の概念を見出すこと

歯科医師という職業柄もあって、仕事での衛生にはかなり気を使いましたが、率直に言って、暮らしも綺麗好きだったのか?といわれると、返事に困ります。

日本で暮らすようになってからは、前より、ずっと綺麗好きになりました。

特に、トイレで座って用(小)を足すようになったのは、自分でも不思議です。日本はトイレと浴室が別々になっているので、韓国みたいにシャワーホースで直接便器を洗う、いわゆる「洗車スタイル」が容易ではないのも理由ではあります。でも、それだけではありません。確実に、汚れを気にするようになりました。

 

ここから「続きを読む」の後になります

特に、便器って白いじゃないですか。先の街のゴミの話と同じで、別に汚れが多くて目立つわけではありません。白いのは、すぐ汚れが目立ちます。

これはトイレだけじゃなく、日本の家の内装(インテリア)全般に言えることですが、さすがに真っ白ではありませんが、基本的には「白い」が強調されています。光を反射しない白、オフホワイトまたは明るめのベージュ色と言いましょうか、そんな色が多いです。どうしてでしょうか。木調デザインなどが人気なのは日本も韓国も同じですが、韓国では白い色の内装はあまり流行っていません。

白い色は、埃がついてもすぐには目立ちません。しかし、その埃を片付けないで放置して、埃が髪の毛などと絡んで大きくなると、白い色の内装でもっとも目立ちます。さらに放置すると白い色は染み付き、暗くなり、本来の良さを失い、どの色よりも汚れが目立つことになります。

韓国人は、自民族を「白衣民族」と呼びます。古くから民が白い服を着ていたことから、韓民族(朝鮮民族)は白い色を「浄」や「潔」とし、白い色の服を崇めていた、というの内容です。韓国学中央研究院が出版した「韓国民族文化大百科事典」によると、朝鮮半島の人たちが白い服の崇高な意味を日本に教え、日本の神社で神官などが白い服を着るようになった、と書いてあります。もちろん、これは嘘です。身分制度が強すぎたせいで、「下」の人たちは色付き生地を買うお金も、自ら色を染める技術もありませんでした。それだけです。

日本こそが、「白を浄や潔とする」考えが昔から伝わっている・・というか身についている国ではないでしょうか。この場合、服ではなく家の内装の話ではありますが、日本に来て「キレイ」を意識するようになってから、特にそう思っています。

ゴミエントリーつながりで、ちょこっとそう考えてみました。そんなこんなで、次のじゃぱんらいふ本(日本滞在記のようななにか)の原稿頑張っている、今日のシンシアリーです。

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“「白」から「浄」や「潔」の概念を見出すこと” への72件の返信

  1. 白木のカウンター寿司屋さんなんかにも行って見たらいかがですか?
    昔はヒノキが主流でしたが、最近では白色系のヒノキ以外の広葉樹も
    使われているそうですが。
    こうした白木のカウンターへのこだわりは清潔感を尊ぶことにありま
    すが、伊勢神宮の社殿も総ヒノキなわけで、宗教的な清浄感が求めら
    れた名残だとする見方もあるようです。

    1. 前にも書きましたが、冷蔵庫もない時代に、鮮度にこだわり新鮮な魚介類の提供しつづけた寿司職人の心意気にはつくづく感心します。

  2. ……実は内緒の奥方に調教されてたりしませんかね?>小用
    朝鮮の白衣は灰汁で煮て叩いて(×いっぱい)艶をだしと、それはそれで手間が凄かったようですね。

    新しい、まっさらな物も美しいですが、それが時を経て黒ずんだり傷によって風合いが変わりゆくのもまた本邦(だけじゃないけど)では「味が出る」などと申して愛好します。

    それはそれとして、比較的にきれい好きなのは夏場の湿度が高めなので、ちゃんとしないと公衆衛生面でえらい事になってしまうせいもあるかも。あとやっぱ、それぞれいろんな人みんなの努力の成果ですね。

  3. 人形劇三国志で人形作家が諸葛孔明に白の衣装を着せかったけれど、白はお葬式の衣装なので却下されたとか・・・(・´ω`・) 

    清らかさ、高潔さを表したかったとか。昔のNHKは時代考証してたのに・・・今じゃ(・´ω`・) 

    日本でも男子に着席してトイレするように育っているらしいです。

    和式トイレ、あれは足腰鍛えられます。

  4. 白い服の崇高な意味を日本に教えただと。
    韓国の人は賎民の最下層の白丁という言葉を知らないのかな?
    併合時代に身分制度が廃止されたことなんて勿論知らないんだろうな。

  5. 白は日本では魔除けの色です
    穢れをよせつけないための色です
    ですからお産の時は産婦や産褥の調度類なんかも白に統一しました
    お葬式でも昔の喪服は白でした
    神官の衣服も白です
    今の住居の壁が白っぽいのは家具や家電なんかがどんな色でも合わせやすいし部屋も明るいくなるからでしょうけどね
    昔の日本家屋の壁は土壁でしたから、屋内の壁の色は大体は黄土色と言われる色でした

  6. >「韓国民族文化大百科事典」によると、朝鮮半島の人たちが白い服の崇高な意味を日本に教え、

    韓国人って、コレ好きですよね!「日本に教えてやったニダ!」

    だいたい、白服って、朝鮮時代には儒教思想から白衣禁止令が出されたり、喪服の意味もあったり、どこに崇高な意味があるんだよ~。
    シンさんが言うように、統治者が白衣禁止令を出しても、民衆は白服を脱ぎたくても適切に着替える色服がなかったので、いつも白
    衣禁止令にそっぽを向いてきたんですね!

    都合のいいこと言ってんじゃねーよ! (`o´)/

    いつもながら、韓国人には日本にあるモノをコピーしてから、それをオリジナルと言い張るクセがありますね!

    1. いやいや、日本の気象庁震度で「震度4」相当らしいですよ!

      でも、あのオカラ建築の被害っぷりは「震度6」ぐらいに見えますよね! (^_^;)ゝ

  7. 白い服で思い出しました。
    日本の有職故実に衣装の重ね方があったと思います。
    いくつか服を重ねて着る場合、下に赤い衣装を着て、その上に白い薄手の衣装を重ね、下の赤をピンクに見えるように透けさせる着方を「桜重ね」と言ったと思います。

  8. 韓国で地震がありましたが、シンシアリーさんのお身内は大丈夫ですか?

    地震の規模からすると、画像で見た被害が大き過ぎなことに驚いています。

  9. 韓国みたいにバスとトイレが一緒だったらトイレットペーパーが湿気でふやけてしまわないかなとふと思いました。

    あまり考えたことが無かったですが、確かに白い壁紙が多いですね。部屋を広く見せて明るい雰囲気になりますし、部屋のコーデも楽なので多いのかしらとか思ってましたが……。
    濃い色や特定の色にするとカーテンや家具の色も限られてしまうし、部屋のイメチェンがしづらいということもありますし、明るい色だと気分も明るくなりますし。家を建てる時にはやはり明るい色合い、淡い色、白を基調とした壁紙が多かったですね。
    家具も白木やアンバーが多いです。

    お掃除グッズや洗剤、芳香剤等、もしかしたら日本は多いのではと思います。
    汚れが目立つ白でもお掃除グッズが充実しているのでそんなに汚れないし、毎日チョコチョコお掃除してれば汚れも気にならないし困りません。
    何よりも衛生的に快適に暮らせますし。

    韓国人が白衣民族だったのは、染色技術が無かったからだと思ってました。(;・∀・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。