中国、THAAD「撤収」言及

中国側が「言い切り」ました。中央日報の報道です。

<・・中国外務省の高官が14日、「10月31日に韓中外交部が発表したTHAAD合意文は、問題解決の最初の段階でしかなく、最終的な段階はTHAADの完全な撤収である」と明らかにした・・中国の「撤収」発言はこの日、中国国営新華通信が「両国が最近THAAD問題を『段階的に処理』するためのコンセンサス(共感)を達成した」と報道したことについて、中央日報の記者が質問する過程で、出てきた・・>

http://v.media.daum.net/v/20171115023050021?d=y

 

ここから「続きを読む」の後になります

中国側からの対応を見ると、いままでと何も変わってないし、変わる理由も無いようにみえます。

韓国側に「合意した内容と(韓国側が)発表した内容が違うじゃないか」と言ってるようにも見えます。

記事のコメント欄では、「中央日報は積弊」「朝中東(朝鮮・中央・東亜日報)は積弊」などがもっとも多くの支持を得ています。

 

 

 著書関連のお知らせ 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

“中国、THAAD「撤収」言及” への63件の返信

  1. トランプ大統領の訪中で、米中間に何らかの合意があったのかもしれませんね。
    以前「事実上の往復書簡(環球時報社説・WSJ寄稿)」で「中国はアメリカの報復に反撃しない・アメリカは北朝鮮に米軍を駐留させるつもりはない」と確認してるわけですから、その先…ポスト金正恩&韓国の扱いあたり…
    トランプ氏はインド太平洋戦略の推進に熱心なようですし、在韓米軍の撤収含みの東アジア戦略じゃないか?と考えてしまうのは心が曇ってるからでしょうか。

  2. 結局,THAAD問題とは何だったのだろう (多分再掲)

    個人的には,中国がインネンをつけているだけ という印象は変わらない.本当は有っても構わないが,文句をつけるのに都合の良いネタだった としか思えない.

    自分たちの立場は変えず,ひとつ(3つ?)既成事実を作り,今後のカードとすることが出来た.

    制裁を止めた理由は自国内の痛みもあったと思うが,対北朝鮮対応での米との取引のひとつ だと思っている.
    そういえば,今日トランプ大統領が何か発表すると言ってたな.

  3. >記事のコメント欄では、「中央日報は積弊」

    韓国民はお月様の紅衛兵になりつつあるのでしょうか。
    中国の紅衛兵は「破四旧」(旧い思想・文化・風俗・習慣の打破)を叫んで散々暴れましたが、韓国では「積弊」ですか・・・シンシアリー様が早目に見切りをつけて亡命(違)されたのは先見の明があったのかも。

  4. 対日運動を応用してみたらどうでしょう。アメリカにTHAAD報復に苦しむ韓国人像を建てる。学生たちが自転車で全米を横断する。本人の希望どおりイヨンスを習近平に抱き着かせる。ユネスコにTHAAD報復を登録する。The THAADの映画を作る。THAAD報復に苦しむ家族がローマ法王に会う。平昌でTHAADに苦しむ住民に聖火リレーさせる。THAADは悪魔の兵器と世界に認知させる。
    「THAADを置くとこんなに隣国から干渉を受け、虐められる」とTHAADを悪者にすればいいのです。いかがですか? 
    (案外本気にしそうですね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。