浦項地震のヒビ割れマンション、建設3年目・耐震1等級だった

ちょうど、本ブログの過去エントリー「韓国のビルの耐震設計は?」で写真を紹介したあのマンション(アパート)のことです。

あのアパート、築3年目で、耐震1等級判定だったことがわかりました。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

全ての画像はSBSニュースのキャプチャーとなります

http://v.media.daum.net/v/20171117203002882?d=y

入居した者たちも耐震設計の話などは聞いていたようで、「うちのアパートがこんなことになるなんて」と涙を流している、とのことです。

これでは、基準をこれから強化するとしても、無駄としか言えません。

 

<国会国土交通委員会所属ユン・ヨンイル国民の党議員によると、今年7月基準全国耐震対象建築物273万8172棟の中で、耐震設計が行われたのは56万3316棟(20.6%)であった。現在、耐震設計基準を満たしていない建物が5つのうち4つという意味である>、とのことですが、その20.6%も安心できないという意味でありましょう。

http://v.media.daum.net/v/20171116175404884

 

「法はある。でも機能していない」。韓国社会の慢性的問題です。

人が法を守らないと、法も人を守ることができなくなります。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

“浦項地震のヒビ割れマンション、建設3年目・耐震1等級だった” への78件の返信

  1. ソウルで新築のワンルームを借りていた時、一部でまだ工事が行われていました。それを見てびっくり。鉄筋の数それに太さが日本のそれとはまったく違うのです。また流し込んだコンクリートもサクサク。同時期、延世大学の附属病院の建設工事が進んでいたのですが、日本と比べて鉄骨も細くて柱の数も少ない。怖くてこんなところに入院したくないなと思ったものです。今と違ってほとんど地震などなかったので、そういう建築基準だったのでしょうね。

  2. 倒壊しなかった本質は無視されて
    美観が損なわれたのが本質なのかな。

    あらかじめ震度×度までとかの基準もないから
    その隙を突いて 不幸の不満を演出できれば
    要求は天井知らずに出来る自由を謳歌出来るのが 韓国の作法。
    耐震にしろ人権(特に慰安婦の件)にしろ。

  3. なんだろうな、率直にだが、最初は震源の深さが凄く気になった。浅いところで地震が発生したのならば、どんな状態だったのだろうなどと考えていた。
    当然のことながら、韓国の地震に関する学問などはあてにも出来ないが、そのようなところに焦点をあてた議論の展開が成されていないことに驚いた。
    この報道は、韓国は手抜き工事が常識であることが分かっているから手抜きに焦点をあてた報道に過ぎない。
    韓国の常識は手抜き工事は必須であるということになる。中国も同様。
    中国、韓国の杜撰さは世界でも群を抜いている。
    国是であるから仕方があるまい。

  4. 韓国ニュース(映像情報のみ理解)をいくつか見たが,今回の被害がかなり偏っていると感じた.傾いたアパートや柱の損傷したピロティ構造建物の住人は避難をしているようだが,低層系の被害は比較的少ない.逆に中層系の水タンクや煙突が壊れており,典型的な横揺れ型だったと思う.

    避難所も公共体育館が健全な状態で問題なく使用できるようだ.なお,一部の学校施設(大学の外壁だけでなく小学校?も)は損傷が見られる.

    被災者への支援はスムースに行われているようだ.これは,被害が局所的だったことが僥倖と思われる.
    無料か有料かわからないが,避難所では移動販売車の屋台まで現われ,既に議員たちの視察団が多数来たようだ.

    正直に言えば,今回の震災は韓国の防災意識を低下させる面もある.現時点での話だが,建築物の耐震性ばかりが話題になっているようだからだ.

    韓国では観測史上2番目の大地震とされているが,歴史的にはM7を超える地震もあったと推定されている.
      1643年7月 M7.0-7.7  蔚山
      1681年6月 M7.0-7.5  襄陽-三陟
    地震の規模と被災の規模は異なるけれど,更に大きな地震は韓国でも起こりうる.

    日本人ならば想像できるが,大規模な震災では行政や救援がすぐに届かない状態になる.まずは救出と生活確保が優先され,被災直後の視察団など日本なら非難の対象となる.

    行政や他所からの支援が届かない間の自助,行政機能の復旧が震災時の大きな課題なのだが,最近韓国が経験した地震ではこれらの教訓を得られていないように思ふ.

     
    前のエントリーだが,鉄筋がない部分は構造的部材ではなくベランダ下の垂れ壁みたいな部分,配筋しなくちゃいけないけれど致命的ではない.あのアパートは,基礎と 恐らくコンクリート強度にも問題がありそう.

    件の建設3年目マンションも基礎,恐らく元地形に対する切盛処理に起因する不等沈下があったんじゃなかろか.当然,他にも問題はあるかも知れない.

  5. 以前未来世紀ジパングで韓国で日本家屋が売れている放送があった
    韓国でも地震があるからと認識し始めてきて耐震性が売りになるそうだ
    これからは耐震マンションも売れたりしてw

    1. 日本人が韓国で建てなきゃ意味ないでしょ、それも日本の耐震基準で…
      皮を買っても意味ないんだが…w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。