ウリキリ者、ウラギリ者

そういえば、いつだったかサムスンの裏資金に関する情報を内部告発した弁護士もそうでしたが、韓国社会では問題を内部告発した人間は、韓国社会の不文律である「いいものがいい」を破ったものとして、社会から排斥されます。

「いいものがいい」とは、騒ぎを起こさないのが一番いいという意味です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

某大学病院で上司の暴力に苦しんでいた専攻医(レジデント、研修医)がその実態をマスコミに知らせた後、全国のどこの病院からも仕事を得ることができず、今は「何があっても、内部告発など絶対にするな」と知り合いたちに話している・・という記事がありました。

http://v.media.daum.net/v/20171119191358543?rcmd=rn

 

こういう問題を一言で分析して「これこそが正解だ」と言い切る自信はありませんが、ただ一つだけ、言い切れることがあります。

韓国に存在する様々な集団において、「法」は「情(ジョン)」の反対概念である、ということです。

「いいものはいい」は、問題を見過ごそうという意味であり、それは韓国人にとって、ある種の情(ジョン)です。言い換えれば、その問題の客観的な解決を求めること・・例えば社会のもっと大きな規範である「法」に基いて「違法かどうかの判断を問う」などの選択をした者は、「情(ジョン)が無い人間」にすぎません。

情(ジョン)は、ウリ(集団)の違法性を隠し通すための道具でもあるのです。

だから、韓国人は「ウリ」のなかでは秘密があってはなりません。秘密があると、弱点もわからなくなりますから。構成員たちがお互いの弱点を知っていて、だからこそ裏切ることができない環境を作ることが、最強の「情(ジョン)」でもあります。

ウリキリ(私たちだけで)でなければなりません。その情(ジョン)で、違法さを隠すのです。その「良さ」を破るものは、ウラギリ者です。悪党です。

 

それに、いざ法の判断を問うても、これといった判決が下されることはそうありません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

“ウリキリ者、ウラギリ者” への52件の返信

  1. 似たような事例は程度の差こそあれ韓国以外でもあると思うけど
    韓国がより際立つのは告発者に同情する人間が少ないことかも。

    告発は正当な権利ではないという社会常識。
    奴隷制が社会のあるべき自然の姿という通念。
    その秩序を乱すような人間は非道徳な存在。

    韓国の反日問題が未来永劫終わらないことにも関係してますね。
    もし自国の歴史認識に疑念をもった場合はそれを表には出さず
    事実がどうであろうとゴリ押しに加担しないといけない。

    韓国社会ではそういう行動が美徳とされてるんじゃないかな。
    社会的制裁が怖くて立場的にそうせざるをえないっていう
    消極的理由だけでは説明できない部分はある気がする。

  2. 相撲協会をめぐるニュースでTVコメンテーターは”透明性”という言葉を連呼するが、最近この言葉に疲れた日本人も結構いるんじゃないかな?結局己の敵を倒すための常套句に過ぎないと思っている人もいるんじゃないかな?
    性格がひねくれているので、ついそういう見方をしてしまうのですが、洋の東西を問わず、不正の多くは内部告発で発覚しています。
    ”隠蔽された不正”を告発することで社会全体に利益をもたらすならば、その告発者は保護されるべきです。
    江戸時代直訴は死罪という話を聞いたことがありますが、組織を告発する場合、死にはしないがそれ相応の危険を伴うのは現代も変わりないですね。

  3. >情(ジョン)は、ウリ(集団)の違法性を隠し通すための道具でもあるのです。
    >だから、韓国人は「ウリ」のなかでは秘密があってはなりません。秘密があると、弱点もわからなくなりますから。構成員たちがお互いの弱点を知っていて、だからこそ裏切ることができない環境を作ることが、最強の「情(ジョン)」でもあります。

    朴ウネと崔順実の関係はジョンとウリの関係なのですね。
    是が国家とか社会、公衆とか正義の優先順序が全くover writeされてしまうのが特徴なんですね。
    ウリを突っ突けば全ての不正も秘密も不条理も露呈できるのだ。

    勿論、誰でも自分の家族が一番でしょうけど、北朝鮮では自分の親の不正を国家に密告した話を聞いたことがりますが、国民には強いているのですね。
    戦後の日本で闇市場の犯罪を裁く裁判官が闇物資を一切買わないで餓死した話を聞いたことが在ります。
    強いられたのと自己の矜持との差は大きいですね。

    1. 序に気が着いたのですが、ジョンが無くても、共通の敵が在れば、一時的ウリに成れるのですね、つまり「リンキングピン」が在れば一時的ウリ=ロウソク集会が可能になる。

      この国民のリンキングピンが「慰安婦であり反日」なんですね。
      だから、慰安婦と反日は韓国人、朝鮮人のリンキングピンとなって居て、無くてはならない物=朝鮮人のアイデンティになって居るのが理解できた。
      1000年も万年も亡くならないと言う朴ウネは判っているのですね。

  4. 「韓国人は「ウリ」のなかでは秘密があってはなりません。」

    納得!だから、ちょっと知り合いになると、留守中に無断で上がりこんで冷蔵庫のものを勝手に飲み食いしたり、客間の備品を持ち去ったり、男女問わず肩を組んで往来を歩きたがる。(呉善花さんの講演)

  5. ウリキリ者集団とウリキリ者集団とが衝突すれば、暴力沙汰や蝋燭デモになる。
    おそらく中国でも同様だろう。共産党の強力な抑圧で表面化しないだけで。

  6. もう一つ。
    法は根源的に“暴力の否定”から始まっているんじゃないかと思うんです。
    法の手前にはルールであったり暗黙の了解であったりがあるけれど、それらが法に成った理由として、暴力による奪い合いの限界があったんじゃないかと。殴り合うところから、殺し合う、更には集団で殺し合うに至り、切りが無いと。生存本能的にも、種の保存にも、効率的にも悪いと、ルールが法に進化したんだと思う。
    そう考えると、韓国の“情”は“暴力の肯定”が根底にあるのではという気がしてくる。ただ単に物理的な意味合いではなく、強引に言うことをきかせることや物を奪うことなどを許容するために“情”があるのではないかと。“情”があるからそうなったのでなく、そうであるために“情”がある、と。
    そうしたのは誰なのか。
    邪推になりますが、上の人間は勝ち続ける為に、そして下の人間はどうにかして(楽して)勝ち馬に乗るために、多くの人々が望んで作り上げた“法以上の法”なんでしょうね。政治に文句を言ってもウリ社会を疑わない。周りが救おうにも救えない。悲しい話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。