ウリキリ者、ウラギリ者

そういえば、いつだったかサムスンの裏資金に関する情報を内部告発した弁護士もそうでしたが、韓国社会では問題を内部告発した人間は、韓国社会の不文律である「いいものがいい」を破ったものとして、社会から排斥されます。

「いいものがいい」とは、騒ぎを起こさないのが一番いいという意味です。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

某大学病院で上司の暴力に苦しんでいた専攻医(レジデント、研修医)がその実態をマスコミに知らせた後、全国のどこの病院からも仕事を得ることができず、今は「何があっても、内部告発など絶対にするな」と知り合いたちに話している・・という記事がありました。

http://v.media.daum.net/v/20171119191358543?rcmd=rn

 

こういう問題を一言で分析して「これこそが正解だ」と言い切る自信はありませんが、ただ一つだけ、言い切れることがあります。

韓国に存在する様々な集団において、「法」は「情(ジョン)」の反対概念である、ということです。

「いいものはいい」は、問題を見過ごそうという意味であり、それは韓国人にとって、ある種の情(ジョン)です。言い換えれば、その問題の客観的な解決を求めること・・例えば社会のもっと大きな規範である「法」に基いて「違法かどうかの判断を問う」などの選択をした者は、「情(ジョン)が無い人間」にすぎません。

情(ジョン)は、ウリ(集団)の違法性を隠し通すための道具でもあるのです。

だから、韓国人は「ウリ」のなかでは秘密があってはなりません。秘密があると、弱点もわからなくなりますから。構成員たちがお互いの弱点を知っていて、だからこそ裏切ることができない環境を作ることが、最強の「情(ジョン)」でもあります。

ウリキリ(私たちだけで)でなければなりません。その情(ジョン)で、違法さを隠すのです。その「良さ」を破るものは、ウラギリ者です。悪党です。

 

それに、いざ法の判断を問うても、これといった判決が下されることはそうありません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

 

“ウリキリ者、ウラギリ者” への52件の返信

  1. 『仲間を売る』という表現がありますね。
    当然、売るからには買う相手がいるわけで。大概は『“敵に”仲間を売る』となります。
    で、コレをウリに置き換えると、『ウリを売る』となって、既に若干語感が怪しくなってくるわけですが。敵の部分も置き換えると『法にウリを売る』ですか。
    まあ、韓国においては価値観の最上位にある“ウリ”を法如きが買いきれるわけもなく。

    『ウリキリ者なのに、ウリ切りも売り切りも出来ない』という不思議な話。

    ……オチありきでイマイチですか?

  2. 悪党の集団ですね。

    うそつき村の住人といってもいい。

    全員が悪人ばかりだから、正直者がひとりでもいると
    都合が悪いんですよ

  3. 知り合いの韓国人の大学教授が大学の経理不正をマスコミにリークした。外国暮らしが長くそちらの価値観になったのでしょう。しかし大学内で犯人探しが行われて教授仲間から非難を浴び、結局彼は辞めざるを得なかった。韓国の超有名大学でもそれだからね。韓国社会に自浄能力はない。

  4. 世界中どこにでも多少はあるでしょうが
    韓国にはいなくて他にはいるのが
    「その心意気はいい」と庇ってくれる存在が現れること

  5. そもそも、誰も守らない社会じゃ?
    だからこそ、
    「こんなんでましたけど?」
    て、事が起こる毎にでるでしょ?
    セウォル号事故然り、耐震構造のない建物然り(60年前の軍艦島の方が丈夫というネタの様なオチも)

  6. 日本のそれとはちょっと違うかと思います…
    この記事を読んで、韓国のウリは不正やウソという秘密を共有することが成り立ちの前提条件なのではないかと思いました…
    ウリでなかった者もその秘密を共有した時点でウリの仲間。秘密があるからこそナムに対して自己防衛するために強く守り合う。
    自己防衛というより甲でいるためにかな?ソウルに実際に行った人が村で嘘つき扱いされた以前の記事もその所以…
    情って日本のイメージだと、他人にかけるものだけど、韓国ではお互い、ひいては自分の保身のために相手に強要するイメージあります。
    それが法の反対側にあるというのは…社会が機能しないということなのでしょうね。

  7. 既にコメントがあるように、私も相撲協会を連想しちゃいましたよ。
    ビール瓶はともかく暴力はあったと皆が認めている。
    巡業部長として報告の義務を怠ったとしても、それは役員としての問題であって、暴力は別問題。
    スマホをいじったりと、横綱に対しての礼儀がなってなかったとしても、暴力は暴力として法に触れる。

    そう考えちゃうと、情もわからなくもないんだけど、法は法だとも思う。
    上下関係が行き過ぎな感じもするし、かといってそれが相撲の伝統だとも思う。
    要するにどっちもどっちとなってしまいわからなくなる。難しい。

    まぁ、基本は法だが例外があるって社会と、基本は情だが例外があるって社会なら、前者のほうがずっといいかな。

    1. 相撲の世界は別世界。極論すると戦場の行為を安全な日本から批判するようなもの。

      相撲の世界は世の中一般とは違います。
      ビールビンに驚いたが、(相撲取りの「手のひら」はビール瓶より凄い)….土俵の上は、平手打ちとか日常生活の中なら暴力であり暴行どころか口のなかは血だらけの傷害罪ですよ。
      ….ところがこうした暴力(平手打ちなど)が土俵の上では当たり前。

      土俵の上(含む相撲部屋)とはいへ暴力だらけの世界にいる10代20代のお兄ちゃん達が酒を飲み暴れてしまった。
      ….その結果が2週間の診断書。2週間の診断書は、それほど重い診断書じゃありませんよね。
      髄液漏洩の可能性などという表記に驚いたが、実は「可能性」とあるだけだった。
      ….これほど大騒ぎするようなことなんでしょうかね。

  8. 日本も以前はそうでした。
    そこで、米国式の法律を整備したんですけど、一部の社会通念が未だ残っている場合、内部告発者が不利益を被る場合が存在します。
    どうしても社会通念が完全に消えるまでには、時間が掛かります。

    1. 「ウリキリ者、ウラギリ者」
      シンさん、落語家を志してはいかが。イチョウと胃腸、ますます佳境。

      ところで日本でも雪印や船場吉兆のつかい回しはつい数年前のこと。
      やった連中は公益より会社(ウリ)の利益を優先した。しかし社会的な制裁を受けて破産または破産に近い状態になった。
      でも他の分野であとを絶たない。
      国の生死を分かつ岐路でも、陸軍と海軍、陸軍内の派閥抗争を繰り広げていたのだから、ことは簡単ではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。