平昌「財閥さん助けて」財閥「次の政権でなんか言われたらどうしよう」

個人的には「ネタの祭典」になるのではと密かに期待している、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック関連です。

チケット販売率が低調で財閥側に助けを求めたものの、いざ財閥側は「政経癒着(経済界が政治界と利益を共有するための密接な関係をすること、と辞書にはなっています)」と言われるのを心配し、あまり動けないでいる、とのことです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

<・・平昌冬季オリンピック(2月9〜25日)が約80日しか残ってないが、チケット販売率が目標の40%にも満たないなどの大会の熱気がなかなか上がらない。

慌てた組織委員会が経済団体を通じて企業側の協力と支援を要請したが、企業の反応は冷たい。

主要な経済団体と大企業が「キム・ヨンラン法(請託禁止法)」と「チェスンシルゲート」の余波もあり、少しでも政経癒着の誤解をされたらどうしようと気にしているうえに、現政府の改革対象されていることも支援の意志を無くしている・・>

http://v.media.daum.net/v/20171123062407369?d=y

 

普通、財閥側の支援だけでも数百億ウォンは軽かった、とのことですが。去年末あたりから、支援がほぼ途切れているとか。

さすがに記事本文はいろいろ遠回しな書き方をしているものの、要はこれです。

「政権が変わったら、なぜ前政権を手伝ったのかと報復されるかもしれない」

 

最近、テレビで「巨影都市」というゲームを宣伝を見たことがあります。詳しいゲーム内容はわからないけど、パトレイバーやエヴァンゲリオン(多分)が大きな怪獣みたいなものと戦ったりしていて、人々が逃げ回る映像が印象的でした。どうやら戦う方ではなく、逃げまくる人が主人公らしいです。宣伝は巨影と怖いをかけて「キョエー!まじキョエー!」の連発で、つい笑ってしまいました。

財閥側も、そんな感覚なのでしょうか。逃げ回りながら、キョエー!と叫んでいるわけです。

 

 

 

♨ 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となるなぜ日本のご飯は美味しいのかが発売中です!

・NEW 11月25日の産経新聞「産経書房」にて紹介されることとなりました

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください

134+

“平昌「財閥さん助けて」財閥「次の政権でなんか言われたらどうしよう」” への23件の返信

  1. 今まで財閥を虐めておいて、苦しいから助けろとはさすがに韓国人の面目躍如といったところでしょうかね。
    韓国人の性格を熟知している同じ韓国人が助けることはないでしょ。

    今までは超お人好しの日本が助けてたんだろうけど、この現状ではそれも不可能。
    北の問題も緊迫度を増してきておりいつどうなるかわからない。

    日本から行くかもしれなかった【ユズリスト】の皆様方も、羽生選手の怪我で見通しは暗くなった。

    いいニュースがないですね、平昌五輪。。

  2. これは韓国社会の宿命だろうな。
    韓国社会の物の考え方と構造がそうなっているのだから当たり前だ。誰かの真似は出来ても、いまだ途上にある韓国。しかも教育は北朝鮮のレベルと何ら変わりはない。教育は洗脳が目的であって学問を修めるこtではない。傾いても不思議ではなかろう。
    現に傾きっぱなしだ。これ以上の証明はない。
    自分達の足で歩くことを知らないし、学ぶことも決してなかったからだ。寄生と集りにのみ執着した結果だが、これは要求されるがままに金の無心に応じてきた日本政府にも問題がある。しかも大問題であることは間違いない。到底価値の共有などできない相手に甘い顔をし続けた結果がこれだ。そして今でも朝鮮勢力に毒されたマスコミをはじめ、日本政府内部の人間、政治屋が闊歩している。パチンコ業界から献金を受けている政治屋などはその典型であるし、マスコミもそうだ。うようよいるぞ。
    日本政府内部と、日本国民の税金を湯水のごとく使う朝鮮勢力の政治屋が幅を利かせている馬鹿者共が居る限りにおいては韓国は盤石だ。金の流れが途切れることはないからだ。

  3. 巨影都市はパッチ当てないとカクつくわ周回プレイに意味はないわで巨影どころじゃありませんぜ。

コメントは受け付けていません。