恨(ハン)が消えない限り、積弊も消えない

最近、韓国でもっともホットなキーワードは「チョクペ(積弊)」ではないでしょうか。積もった弊害・・ということで、様々な社会問題を意味するようになったらしいです。積弊を清算しよう!と毎日のように騒いでいます。

文化日報が「自分の意向と違うと積弊だというのか(以下略)」という題の記事を載せました。記事そのものは、判事が袋叩きにされている、というものです。コメント部隊関連者の一人とされていた李明博政権時代の国防部長官が、裁判結果、釈放されたからです。その裁判の判事が、いろいろ特定されて叩かれているそうです。その判事のような人間こそが、韓国の「積弊」だと言うのです。

内容は、韓国社会でよくあることですが、面白いのは、題です。

http://v.media.daum.net/v/20171124115512421?d=y

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

「自分の意向と違うのは積もった弊害だと言うのか?」という質問。記者さんは「まさかそうは思ってないだろう!」と思っているとうですが・・

・・範囲が韓国社会なら、残念ですが、どうみてもその質問の答えは「はい」です。「なにをいまさら」です。

私は、「積もった」という表現から、恨(ハン)を見出します。

恨(ハン)は消えません。死んでも消えません。「私は負けてなどいない。他人の不当な方法により私の正当な権利を奪われただけだ」。恨み続けることで「正しい」存在になれる。だからいつまでも相手を許しません。

これが、韓国の恨(ハン)が日本や中国の似たようなもの(一般的に言う恨みや怨みの類)と決定的に違うところです。消えません。いつまでも続きます。確か、1000年は続くと、お偉いさんが言ってました。弾劾されたけど。

言い換えれば、恨(ハン)は、「積」もります。

私の気に入らないものは、弊害だ・・・積もりに積もった弊害だ。なんとかしてくれ文大統領!

その現れが、最近の韓国社会の「積弊」清算ブームではないでしょうか。

でも、韓国社会から、積弊は消えません。自分と違う意見を、自分の気に入らないものを積弊だと言い続けるかぎり、消えません。

恨(ハン)が消えないのと同じです。

軽く1000年は続くかもしれません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・NEW 11月25日の産経新聞「産経書房」にて紹介されることとなりました

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

155+

“恨(ハン)が消えない限り、積弊も消えない” への95件の返信

  1. 月影さんのおっしゃる通りですね!
    やはり精神的なものの考え方が基本的に違う上に精神疾患が加わっていたのでは、変に関係を持つとこちらが危険な状態になる可能性がありますよね。
    やはりここは古田教授の実体験に基づく非韓三原則「教えない、助けない、関わらない」ですね。
    何しろ学術会議の席上で事実に基づいて学問的な話をしているにも拘らず、韓国側の学者が(何と学者がですよ!)唐突に火病を起こして「韓国に対して愛情は無いのか!」と叫ぶお国柄ですから。

  2. >恨(ハン)は消えません。死んでも消えません。

    それが事実に基づかない、自分たちが勝手に思い込んだ妄想に基づくものだけに、よけいに始末が悪いんですよねぇ。
    日本国内でも、「隣国だから仲良くしなきゃ!」「同じアジアの国だから分かり合えるはずだ」という妄想を抱く人が減ってきているのではないでしょうか。

  3. 「恨」と言うおかしな用語で民族性と言って誤魔化しているが、
    重度の精神疾患でしょ?

  4. 私は日常、元や高麗の虐殺を意識していませんが、韓国人はいまでも秀吉をうらんでいるのでしょう。壱岐という島では住民が全滅に近く、佐賀から人が移りすんだようです。対馬も壱岐も韓国や中国と文化交流しています。本当に日本人のふところは深い。

  5. 本当に凄い国ですね! そんな国とまともに付き合えるものなのですか⁉

  6. かつて私の住んだアパートの近くに小さな神社がありました。文永の役でなくなった人たちをまつっていました。naverでまとめてますが、高麗軍がたくさんの人を虐殺したようです。元こうはモンゴルがした事と言ってますが攻めたのは、高麗軍ですよ。まだ1000年以内です。

  7. 日本での恨み辛みと、韓国で言う「恨」は全く別物のようで、、
    きっと、私には永遠に理解できない感情です。

    簡単な事ではないかもいれませんが、そういった感情を手放すことで得られる幸せの方が、個々の人生にとっては大きいと思います。

    1. 想像ですが、
      恨み辛みは個人的なもので本人が気にするかしないかの問題だと思うんですよね。おそらく日韓でもそんなに差はないと思うんです。
      でも『恨』は韓国人にとってはとても具体的なものなのでしょう。例えるなら玄関の前の違法駐車みたいなもので、気にするしないではなく、どかされるまで決して解決されないものという認識なんでしょうね。
      ただ韓国人の場合は、その違法駐車で頭がいっぱいになって、亭主の給料が安いのも娘の帰りが遅いのも違法駐車が解決するまでほったらかしで、いつの間にやら違法駐車が解決すればそれらも解決すると思い込んでるような気がします。

  8. 1000年経って

    ヽ(・ω・)人(・∀・)人(′∀`)ノ
    恨グラッジュレーション♪

コメントは受け付けていません。