北朝鮮「核武力の完成」宣言

北朝鮮が発表した「重大発表」の中で、「核武力の完成」という内容があったので、詳しく何を意味することなのか気になります。

全開 前回よりは進んだイメージを出さないといけない」から適当に言ったのか、それとも彼らが考えていた核兵器の性能に本当に到達したのか、もし到達したならいつもの瀬戸際外交において次はどのような出方をするのか?気になるばかりです。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

北朝鮮側の声明の中には、『金正恩同志は、新しい型の大陸間弾道ロケット「火星-15」型の成功的発射を見守り、今日やっと国の核武力の完成という歴史的大業、ロケット大国の偉業が実現されたと誇り高く宣言された』とのことでして。

http://v.media.daum.net/v/20171129131227086?rcmd=rn

 

ただの形式的な発表ならどうでもいいです。でも、もし本当に「彼らの基準からしてもう完成した」なら・・・

北朝鮮が「核兵器の破棄(放棄)」するという選択は、もう無くなったと見るべきでしょう。強制力で破壊するか(開戦)、それとも北朝鮮を核保有国として認めて対話するか・・選択の幅が狭くなってしまいます。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“北朝鮮「核武力の完成」宣言” への51件の返信

  1. 北を潰すとして解決すべき問題

    1. 戦後の北の統治
     韓国は早期の統一は望まない。(南北)朝鮮人には統治能力はない。しかし、米中露のどの国も他国軍が駐屯して傀儡国家にするのは避けたい。
    2. ソウルの被害
     ソウルが甚大な被害を被った場合、同盟国の首都を守らないアメリカに他の同盟国が疑念を持つ。日本だって左右から反米の声が強まる。
    3. 中国(北京)の被害
     北のミサイルが北京に落ちた場合、それが核でなくても中共には政治的経済的に大きなデメリットが発生する。北をコントロールできずに首都を汚されたら習は失脚。
    4. ロシア
     ロシアは極東にアメリカのリソースが投入されている現状は歓迎なので北を援助している。手を引かすには何かの取引材料が必要。(私は北方領土だと読んでいる。)

  2. 最初から北朝鮮が核を放棄するという選択は無かったし、とっくに核保有国として認めて対話するという選択肢もなくなっています。
    アメリカが北朝鮮の核保有を認めることに今更なんのメリットがあるのでしょうか?

    無関係故に無関心だったヨーロッパは自らが射程距離に入ってから態度が変わりました。米中間では北朝鮮について既に話がついていると思います。あとはロシアの同意だけ。

    キ○ガイが凶悪な武器を持っている、使うつもりだと宣言している状態でその武器の保有を認めて対話しますか?

    韓国は中国に従う宣言を行いアメリカにはもはや守る義理はありません。米中露ともに朝鮮半島に提供した軍事機密を破壊するため、軍隊を投入すると思います。

  3. 『トランプならやる(開戦)。』トランプだからやりかねない。』『トランプだからやるだろう。』

    ではなく、

    『アメリカならやる。』『アメリカだからやりかねない。』『アメリカだからやるだろう。』

    と思っています。
    アメリカはこのまま手を拱いて傍観していたならば瀕死の大火傷をするであろうと予見したならば仮に火の粉を被り多少の火傷で済むのなら何ら躊躇せず火種を掴んででも強制的に消そうとするのがアメリカであり、その根幹を成している源こそがアメリカンスピリッツであると考えられるのがその理由です。

  4. >北朝鮮「核武力の完成」宣言
    >文大統領「北朝鮮を対話の場へ」

    「現実を直視できない民族」がどういう末路をたどるか、
    とくとご覧あれ。
    こう言われても、まだピンとこない人が多いようです。

  5.  アメリカ東海岸へ届くロケットは、出来たんでしょう。
     今回の実験で、核弾頭の重量分を積載していたかどうかが問題ですね。これまでの実験で大気圏再突入に成功しているかどうかも、問題になるでしょうか。

     北朝鮮が核放棄するとは考えにくい。
     米国が北朝鮮の核保有を容認するとも考えにくい。
     よって、武力衝突の可能性が高い。(※ 金正恩を排除できれば、話は別だが。)
     韓国が戦争はいやだと言ったからとて、米国が武力行使を止める可能性もかなり低い。
     今年春の段階と、基本的には何も変わっていない。

    1. いや、大きく変化していますよ。

      人民解放軍北部戦区と習近平党中央に対立は無くなりました。
      今アメリカに付くのが一番良いと。

      半島をロシアに取らさな。

      ロシアも北朝鮮北部にある港を押さえることができれば譲歩できると思います。

    2. うんうん。
      変わっていないのは、米朝の構図と争点ね。確かに、あの当時の我々の予測、そのまんまの事態になっている。
      こうなる事は分かっていた、、、。

      二国間の構図がそのままなので、周囲や緊迫状態は変化している(進んでいる)から、
      もうすぐ武力衝突になる、、、と言うのが妥当な見方で良いと思う。

      しいて言えば、春から北朝鮮はいくつも下手打ってる。
      北朝鮮がロシアを巻き込んでも、中国が静観(非協力)すれば、ロシアはババ(ジョーカー)を押し付けられないためにサボタージュするしかない。
      しかも、トランプと安倍とプーチンは、普通に話し合って交渉(取引)ができる人間関係。
      面会にも来ない金正恩をプーチンが損失出してまで守るわけがない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。