「セウォル号とは違う」というけれど

釣りのために出向した釣り船が給油船と衝突、13人が死亡、2人が行方不明になりました(URLだけ載せます)。

http://v.media.daum.net/v/20171203160819893

悲しい事故ですが、本エントリーは自己自体ではなく、各マスコミの報道に共通する「あるコンプレックス」について書いてみたいと思います。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

もうお気づきでしょうけど「せ、セウォル号とは違うからね。本当だからね」という書き方です。

もっとも露骨なのがイーデイリーのこの記事で、文大統領がちゃんと指揮体制を取っていたことを取り上げて「セウォル号の時とは違った」と大々的に報道しています。こちらもURLだけ載せておきます。

http://v.media.daum.net/v/20171203103735000?d=y

 

それもそのはず、セウォル号も「積弊」ですから。朴槿恵氏を魔女狩りした新しい世界を切り開いた今において、セウォル号と同じことが起きては「いけない」のです。その心理はわかります。

でも、本当にセウォル号の時と違うのでしょうか。

今回の事件は、向こうから来る給油船を、釣り船が橋脚のせいで避けられなくなって発生したものです。ここは水の流れが強く、給油船など多くの船が行き来し、しかも橋脚がある場所。釣り船は今日沈没した船だけではありません。多くの釣り船がここを運航しています。

そういうのを放っておいて、大統領が陣頭指揮したから「セウォル号とは違う」と言われても・・・

余談ですし場所も違いますが、2015年、悪天候であるにも無理をして出向して船が故障、そのまま波に打たれて沈没した釣り船「イルカ号」というのがあります。15人死亡、3人行方不明。

変わるものがあるとするなら、犠牲者の累計だけかもしれません。

 

 

 著書関連のお知らせ ♨

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

 

“「セウォル号とは違う」というけれど” への34件の返信

  1. 自分を大切にするなら、危ない所には近づかない。
    危ない国に迄ノコノコ行かない。
    ましな国は他にも有る。
    そこに行けば良いさね。

    益々安全なところになる事はないし。

  2. 亡くなられた方々に、ご冥福申し上げます。
    この様な事故 防げる事なんですよ。 商売と、命の危険 優先させるのは、どっちだ。

  3. 日本から独立した新しい世界を切り開いた今において、日本はいい国であっては「いけない」のです。その心理はわかります。

  4. 「既に体育館をは被害者家族100名が集結していたが、大統領に先を越された。」
    なんてレースみたいなことをしてるのかなと思いました。

  5. 何方の記事のコメントもセウォル号に言及、比較があるんですね。なるほど「違うんだからね」が必要なのは理解できます。
    その上でやっぱり、皆さんと同様に大統領が陣頭指揮するもんじゃないだろうと思います。

    冬場の海ですからより被害が甚大になった可能性も大きいとは言え、人災という点では変わりがないように見えますね。

  6. 釣り船客20名中、13名死亡2名行方不明(恐らく生存の可能性は絶望的…)と半数以上の大半の人が犠牲になった事態の深刻さを鑑みれば政権は変わったものの、
    文在寅首領同志様自らが現地指導のパフォーマンスを繰り広げ
    『ウリは一生懸命に必死で万全を尽くしていまスミダ♪。
    ウリは無能な朴槿恵とは違いまスミダ!。』とアリバイ作りしていますけれども…、
    やはり本質は以前と何ら変わっていなかったとしか思えません。

    旅客船ではなくレジャー船舶(釣り船)であったにせよ、
    法令で乗客に救命胴衣着用義務を課していなかったのか、
    法令で救命胴衣着用義務を船主に課していても船員が乗客に規定を示したり指示したりと適切な措置を講じず職務を怠っていたのか、
    それとも乗客が船員の指示に従っていなかったのかは判別不可能ですけれども、船上での安全対策が徹底されていなかった可能性が高くなければこれ程の犠牲を生み出さなかったでしょうね。

  7. シンシアリー氏が言及した「イルカ号」もそうですが、セウォル号事故の後も、暫くはあちこちで船が故障したのなんのと、韓国の報道が相次いでいましたね。
    今は、見事に忘れ去られていますが。
    セウォル号事故までは、あの「西海フェリー事故」もきれいさっぱりと忘却の彼方に。

    こういっては何ですが、責任転嫁は韓国人の特性なんでしょうかね。
    無関係な人たちにとっては、何か同情的な事を言いつつも、あくまで「他人事」ですから、一過性の話題に。
    当事者は、やることはやった・問題が有れば命令した上が悪い、よって私(当事者)に責任はない・・・それよりも問題を起した奴が悪い、と擦り付けているようにも。

    こんなメンタルを持つ人が、日本の政界にも見受けられるのが、興味深い所です。

  8. 北の誰かさんと同じような雰囲気が?豚の育て方からミサイル発射まですべて偉大な首領様の完璧なご指導の元、成し遂げられますからねー。

  9. 船舶免許は、国際法に準じてますので、国の違いはありません。
    此の事故の場合は、釣り船側(9.77t)に回避義務が有り、事故回避の為の運転をしなければ為りません。
    グーグルマップ見ると、現場は海上送電線が張られてるんですね、チョットビックリ!。
    橋脚と言うより、送電線鉄塔基部が釣り船の航行を塞いだんでしょうかね?。
    それでも、スクリューの反転全速(急ブレーキ)してでも、回避しなければならないのが釣り船側です。
    現場は、たぶん浅瀬なので、船を乗り上げてでも回避すべきでした。
    海流が速いと言うより(グーグルアースで見ると)航路だけが深いので、結果的海流が速い・・・。
    事故発生が6時9分で埠頭から1海里。
    永興交番6時26分出港、現場到着6時42分到着で救助活動開始。
    転覆船舶の写真では、2海里と為ってます。
    海流が速いとは言えないけど・・・。
    で、此の事故は、大統領の手柄てか・・・。
    何でも、手柄にしないとダメなのか?。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。