いつのまにか「強制労働」になっている「Forced to work」

更新が遅れました。申し訳ございません。

´・ ω・`)つ真正性

「ややこしい言い方をしてしまったこと自体が問題だった」を前提にすべきことですが、一昨年の夏、Forced to workというフレーズを説明したことがあります。

やはり、敵に食らいつく余地を与えてしまったのか・・それが、また問題になっているようです。まず、初耳だという方々のために、経緯を簡単に説明します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2015年、軍艦島を含めた産業施設の世界遺産登載に関し、韓国側では当時の日本の外務相が「強制労働を認めた」として大きく報道されました。日本では戦時徴用、韓国では強制労働としているため、もし日本の外務相が強制労働を認めたなら、これは大きな事件です。

 

以下、<~>の部分、2015年7月6日のエントリー(旧ブログ)から引用します。

<日本語にすると徴用工も強制労働も同じニュアンスに聞こえますが、違います。韓国が主張するのは、ILO (国際労働機関) の 「Forced Labour Convention (強制労働に関する条約)」でいう「強制労働(forcedまたはenforced labor)」です。

言い換えると、日本が主張する徴用工と韓国が主張する強制労働では、国際法的に意味が全然違います。例の条約ができたのは1930年で、日本が批准したのは1932年。韓国が問題視しているのは1940年を前後してのことです。

ずばり、もし日本が「Forced Labor」をやったなら、国際法違反です。

だから、韓国は徹底的に「日本が国際条約を破って韓国人に強制労働をさせた。日本の国際犯罪で韓国人が被害者になった」と演出したかったわけですね。

しかし、日本が主張する通りに「徴用工」なら、国際法違反ではありません。例の条約によると、兵役、裁判結果による労務、戦時または災害時の場合は、forced labor(強制労働)の範囲に含まれません。

日本の主張通り「徴用工」であるなら、韓国はそういう駄々こねができなくなります。戦時徴用でも「自分の意志に反する労役」(forced to work)だった可能性はいくらでもあります。

だから今でも韓国はこう主張しています。「forced to workと言ったではないか、それは forced laborと同じだ(日本が国際法違反したと認めた)」

日本外務省はこう主張しています。「自分の意志に反してforced to workされた人たちはいたけど、 forced laborじゃない(国際法違反ではない)」

ややこしい問題ではありますが、いずれ、こういう問題では「違法なのかどうか」がとても大きな力を発揮することになります。>

 

本ブログの読者さんならもうご存知でしょうけど、韓国は併合時代そのものを「違法」としています。だから臨時政府こそが合法政府であり、その正統性を受け継いだ韓国こそが朝鮮半島の主だとしています。いつだったか、私はこれを「韓国は日本を否定することで生まれた国」と書いたことがあります。

だから、戦時徴用などあってはならないのです。違法的な強制労働だけがあるべきなのです。それが韓国の「正しい歴史」の姿です。

韓国人の言う「正しい」ほど恐ろしいものもありません・・・

 

最近また、その件で「日本が強制労働を認めたのに、いまになって否定している」とする記事が乱舞しています。

軍艦島関連のインフォメーションセンターとかなんとかの内容ですが、日本側は「戦時徴用として説明する」とし、韓国側は「前に外務相が強制労働と言ったじゃないか。約束通り強制労役を認めろ」としています。韓国政府は正式に遺憾声明を出しました。

http://v.media.daum.net/v/20171205102607988

 

繰り返しになりますが、forced to workなどややこしい言い方をしてしまった時点で、こうなるのはわかっていたはずです。世界遺産ももちろん大事ではありますが、最初から単語を戦時徴用に統一していたらよかった・・と、いまさらですが、残念でなりません。

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“いつのまにか「強制労働」になっている「Forced to work」” への77件の返信

  1. 徴用は、太平洋戦争末期に労働力が不足したため、日本政府が、当時、日本国民であった朝鮮人に労働力提供の義務を課したということですよね。国民の義務なのだから強制なのは当たり前。韓国人は”強制”と付ければなんでも不法にできると思い込んでいるようですが、あれが強制労働なら、いま韓国がやっている兵役、徴税も、強制殺人訓練、強制財産収奪ということになりますよね。

    軍艦島にも、淡々と、日本国民であった朝鮮人が国民の義務として動員されて働かされたこともあったくらいに書いておけば、外国人も分かると思いますけどね。もちろん、そういう人はむしろ少数派であったことも含め。

    別に兵役を課して、朝鮮人の部隊だけを危険な戦地に投入したり、人の盾に使ったわけでもない。世界中で、数百万人、数千万人の単位で殺し合いが行われていた時に、炭鉱の労働くらいで済めば御の字だと思うべきでしょう。

    むしろ、日本人の兵士が太平洋や中国大陸で命を懸けて戦ってくれていたおかげで、朝鮮半島はほとんど戦火を受けず、人的な被害も少なかったはず。それが、日本の支配を離れたとたんに仲間割れをおこし、同族同士で戦争を始め、国土を荒廃させ、100万人単位で殺しあうという、それこそ世界に類を見ない残虐行為を働く。もし、関東大震災を関東大虐殺と呼ぶべきだと言うなら、朝鮮戦争は朝鮮大虐殺と呼ぶべきでしょう。

    韓国人の好きな”歴史を忘れた民族に未来はない”というのはいい言葉だと思いますけどね。ただし、それは韓国人の言うヨクサというものではなく、レキシ、またはヒストリーと言うものですが。

  2.  ほとんどが「出稼ぎ」だったはずです。軍艦島で「徴用」があったのかどうか、私自身はまだ確認できていないのですが、もしあったとしても少数だったはずです。
     徴用令の中味には3段階(募集・斡旋・徴用)あって、朝鮮での徴用は1944年からですので、その前は「募集」か「斡旋」です。徴用令に基づく「募集」「斡旋」は、厳密には「徴用」ではないので、出稼ぎです。

  3. 日本の財政問題などの話題が出ているようなので、記事内容違いではありますがご容赦頂き、「日本に財政問題はない」ということで、ひとくさり。

    ○日本に財政上で「問題」などはなく、「国の借金1000兆円だ、一人当たり800万円だ。」などは財務省のプロパガンダなのです。なぜ問題がないか。

    ①1000兆は国の「借金」ではなく、政府の「負債」だということ。一般の会社その他の組織においても必ずBS(貸借対照表)を作成するが、政府財政もそれで考えないといけないこと。
    ②上記BSで2016年、1193兆の負債はあるが、資産も672兆ある。差し引き負債は521兆。うち約500兆が現在では日銀引き受け分。日銀は政府の子会社と見なせるので連結すればこの500兆は消える。(日銀:上場している、55%株を政府が保持)
    ③政府国債が100%日本円なので、日銀が国債を買い取れば、政府負債は消滅する。
    ④日本政府は日銀という、通貨発行所(日銀券)を持っているので、お金が足らなくなればドンドン刷ればいいだけ。(外国から金借りている場合=国は辛いが)
    ⑤↑で、ハイパーインフレになるなどの論もあるが、ハイパーインフレなどは戦争などで完全に国が潰れたときぐらい(WW1のドイツやWW2の日本など)。デフレを解消、経済発展、税収増になれば当然日銀引き受けを少なくしていけばいい。

    ↑ 要は、国(日本政府)は通貨発行権があるので、問題ないのです。政府と個人の家計(節約、ムダ省く)などで考えてはいけない。また地方自治体なども通貨発行権があるわけではないので、基本「身を切る改革」が必要と思う。ただその方向は単純な節約とか外注(民営化)ではなく、本質の迫った改革の方向に動いてもらいたいと思う。何を言っているかというと、「自治労」という非常に強力な既得権益集団が巣くっているということ。

    <参考>
    『財務省が日本を滅ぼす(三橋貴明)』
    『国の借金1000兆円超」に騙されてはいけない 純債務残高は米英より健全(高橋洋一)』
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160518/dms1605180830003-n1.htm

  4. 単純にユネスコに派遣された役人がバカなだけ。
    徴用にはrequisitionという単語があるのに、訳が分からない言葉を加えて使う。
    単語で表記すればよいのに、朝鮮語の様に不要な説明を加えた時点で諍いを招いた。
    ユネスコに派遣されていた人員が単なるバカなのか、意図してこの言葉を選んだかのどちらかでしかない。
    韓国に配慮した結果なのかは不明だが、事実を捻じ曲げる様な誤解を与えた事は事実。

    1.  韓国側が「forced labor」とするよう要求し、日本側(日本の佐藤地ユネスコ大使)が「forced to work」で妥協したはずです。
       http://hosyusokuhou.jp/archives/44667695.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。