いつのまにか「強制労働」になっている「Forced to work」

更新が遅れました。申し訳ございません。

´・ ω・`)つ真正性

「ややこしい言い方をしてしまったこと自体が問題だった」を前提にすべきことですが、一昨年の夏、Forced to workというフレーズを説明したことがあります。

やはり、敵に食らいつく余地を与えてしまったのか・・それが、また問題になっているようです。まず、初耳だという方々のために、経緯を簡単に説明します。

 

(ここから「続きを読む」の後になります)

2015年、軍艦島を含めた産業施設の世界遺産登載に関し、韓国側では当時の日本の外務相が「強制労働を認めた」として大きく報道されました。日本では戦時徴用、韓国では強制労働としているため、もし日本の外務相が強制労働を認めたなら、これは大きな事件です。

 

以下、<~>の部分、2015年7月6日のエントリー(旧ブログ)から引用します。

<日本語にすると徴用工も強制労働も同じニュアンスに聞こえますが、違います。韓国が主張するのは、ILO (国際労働機関) の 「Forced Labour Convention (強制労働に関する条約)」でいう「強制労働(forcedまたはenforced labor)」です。

言い換えると、日本が主張する徴用工と韓国が主張する強制労働では、国際法的に意味が全然違います。例の条約ができたのは1930年で、日本が批准したのは1932年。韓国が問題視しているのは1940年を前後してのことです。

ずばり、もし日本が「Forced Labor」をやったなら、国際法違反です。

だから、韓国は徹底的に「日本が国際条約を破って韓国人に強制労働をさせた。日本の国際犯罪で韓国人が被害者になった」と演出したかったわけですね。

しかし、日本が主張する通りに「徴用工」なら、国際法違反ではありません。例の条約によると、兵役、裁判結果による労務、戦時または災害時の場合は、forced labor(強制労働)の範囲に含まれません。

日本の主張通り「徴用工」であるなら、韓国はそういう駄々こねができなくなります。戦時徴用でも「自分の意志に反する労役」(forced to work)だった可能性はいくらでもあります。

だから今でも韓国はこう主張しています。「forced to workと言ったではないか、それは forced laborと同じだ(日本が国際法違反したと認めた)」

日本外務省はこう主張しています。「自分の意志に反してforced to workされた人たちはいたけど、 forced laborじゃない(国際法違反ではない)」

ややこしい問題ではありますが、いずれ、こういう問題では「違法なのかどうか」がとても大きな力を発揮することになります。>

 

本ブログの読者さんならもうご存知でしょうけど、韓国は併合時代そのものを「違法」としています。だから臨時政府こそが合法政府であり、その正統性を受け継いだ韓国こそが朝鮮半島の主だとしています。いつだったか、私はこれを「韓国は日本を否定することで生まれた国」と書いたことがあります。

だから、戦時徴用などあってはならないのです。違法的な強制労働だけがあるべきなのです。それが韓国の「正しい歴史」の姿です。

韓国人の言う「正しい」ほど恐ろしいものもありません・・・

 

最近また、その件で「日本が強制労働を認めたのに、いまになって否定している」とする記事が乱舞しています。

軍艦島関連のインフォメーションセンターとかなんとかの内容ですが、日本側は「戦時徴用として説明する」とし、韓国側は「前に外務相が強制労働と言ったじゃないか。約束通り強制労役を認めろ」としています。韓国政府は正式に遺憾声明を出しました。

http://v.media.daum.net/v/20171205102607988

 

繰り返しになりますが、forced to workなどややこしい言い方をしてしまった時点で、こうなるのはわかっていたはずです。世界遺産ももちろん大事ではありますが、最初から単語を戦時徴用に統一していたらよかった・・と、いまさらですが、残念でなりません。

 

 

 著書関連のお知らせ 

 

・シンシアリー+扶桑社の10冊目となる「なぜ日本のご飯は美味しいのか」が発売中です!

・9冊目、「韓国人による末韓論(扶桑社新書)」も発売中です!

・他にも韓国の反日思想に対する考察をまとめたシリーズがございます。それぞれ、重点を置いた部分が違います。今までのシンシアリーの拙著については、書籍紹介ページをご覧ください。

 

“いつのまにか「強制労働」になっている「Forced to work」” への77件の返信

  1. よほどのバカでもなければ、戦時徴用に同情するような国なんて皆無だと知っているはず。
    先進国は泥沼の総力戦を経験しているし、発展途上国は本当の植民地経験をしてますから。

    韓国左派の狙いは、実のところ「韓国軍」の解体じゃないでしょうか。
    反日を口実に「徴用工=強制労働=違法ニダ!」で国論を統一した後で、「じゃあ、徴兵も違法じゃないニカ?」と持って行きたいのでは?
    日本軍慰安婦の件から米軍慰安婦に繋いで、最終的に米軍撤退に繋げようというのと同じ構図です。

  2. 「forced to work」のどこが強制ではないのかな?
    ただの外務省の大失敗でしょうに。
    慣用的に使われる語句と違うからと言っても、forced laborとの違いが見えない。
    「recruited」(徴用される)で押し切らなかった外務省が愚かなのです。外交官であった佐藤地と岸田外務大臣の失敗であり、罪です。責任の重さから考えれば、切腹モノですけどねぇ。

    内政と違って、外交というのは、日本国民の努力や我慢では挽回できないんですわ!
    岸田など、頭悪いから、その自覚も無い。

  3. 予想されたとおり。
    そこまでして世界遺産登録が欲しかったのか!
    長崎県知事に聞きたい物だわ。

  4. 次から次とたかりネタを出してくるもんだ、
    いい加減まっとうに働いて稼ごうとは思わないものですかねェ

  5. 根本的な問題は、日本側の外交関係者には韓国は歴史の
    真実を明らかにしたいのではなく、日本に悪意を持っていて
    日本を貶める事を目論んでいる、歴史問題はその為の手段で
    しかないという認識が無い事でしょうね。

  6. 元々、日本の外務省は、チャイナスクール出身者とか左巻きが多く、外務大臣が頑張らないと、いけないのだが当時の岸田外務大臣は、ソフトな語り口だけの木偶の坊で役人の使い走りであった。
    従って、韓国に好いようにあしらわれた記憶がある。

  7. 本当にシンシアリーさんの仰る通りだと思います
    日本には「魚心あれば水心」という言葉があります
    相手に配慮をすればそれなりの配慮が相手からも帰ってくるということわざです
    外務省はプロなんですから、それは韓国には通用しないこと、恩を仇で返すのをなんとも思わない国であることを肝に銘じていて欲しかったです

    1. そこは日本も中国様を見習わなければいりませんね
      Г朝鮮人の言う事に耳を貸すな、犬だと思って言うことをきくまで棒で殴って教えてやアルヨ!」
      扱い方の教訓を残してくれてたのに

  8. 当時交渉に当たった日本政府の役人のお目出度さを立証した事件。いくら受験につよくても、所詮、科挙の延長のような東大入試。河野太郎のような「大国の振舞い方を身に着けていただきたい」のような大局的政治的発想が出来ない。国内の利害調整は得てているが。

  9. そろそろ日本政府は舐め腐ってる韓国に対して実力行使に出る時期だと思います
    まあ、北問題がひと段落するまではかなり難しいとは思いますが
    既に準備していることを期待したいところです

    今までは話し合いや交渉を打ち切る程度の対応しかしてきませんでした
    今度は既に締結されているものを破棄するべきですね
    あまり韓国人を刺激せずに効果が出る手段がそれなりにあると思います

    もう韓国を変えるのは不可能です
    日本は反論を欠かさずやりつつ、実力行使を行うべきです
    それこそ中国のように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。